«  2015年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年10月31日

10月に入り、暖かい日と急に冷え込む日があり、

一日の中でも日内変動が激しく、風邪を引いたり体調を悪くされる方が、

増えてきたように感じます。

外出時の服の選択にも迷います。

季節の変わり目は体調に特に注意しましょう。


さて、10月の診療報告ですが、

今月もむし歯で歯を削る事は、ほとんどありませんでした。

もちろん、歯の神経をとる歯は一本もないので、麻酔をかけて神経をとる

抜髄はありませんでした。

歯周病や根の病気や虫歯で歯を抜く人は、一人もいませんでした。

子供達も予防や矯正や定期検診でくるだけで、歯を削る事はありませんでした。

最近は、歯科では治療よりも予防を重視する患者さんが増えています。

むし歯や根の病気、歯周病の治療は減りましたが、お口の健康が

全身の健康や病気に密接に関係しているという事が

世の中に徐々に浸透して、その観点から当院を訪れる患者さんが

増えています。

また、口呼吸や腸内環境に関心を持つ人が増えていて、

矯正治療や咬合治療のニーズも高まっています。

身体の不調や病気が、歯科治療で治る事があることを日々の診療の中で

実感している毎日です。

2015年9月30日

9月もあっという間に過ぎました。

今月もむし歯で新たに歯を削る事はほとんどありませんでした。

子供のむし歯は、一人だけ治療しました。

ただ、矯正治療の患者さんだったので治療費は矯正費用に含まれるために

無料ですので、保険の請求はしていません。

歯を削るのは、最小限にしているので、麻酔の注射は今月は一回も

使っていません。

私が全身的に診ているガンの患者さんの再発や転移はありませんでした。

保健所の1歳半児健診で、むし歯の子供はいませんでした。

むし歯の患者さんは、ほとんど撲滅状態ですが、

過去に他院で治療した歯の再治療や他院から当院に転院されてくる

患者さんの治療のやり直しは増えています。

新規の患者さんは、歯の治療だけが目的の人はほとんどいなくなりました。

矯正の患者さんも含めて、歯科の問題が患者さんの心身に影響している事に

気付き始めている患者さんが少しづつ増えています。

地元で、むし歯をなくした現在、口から健康に、口から病気の治療を

望む患者さんが確実に増えています。

現在の身体も心の病気の大半が口の退化から来ている事を

実感している人はまだまだいないと思います。

また、最近話題の腸内最近や腸内フローラが、口腔内細菌と連携している事を

知っている人はほとんどいないと思います。

歯科医が、腸内細菌や食事や整体について考えている事に不思議に

思う方もいるとは思いますが、医学は知らない内に進歩しています。

公に話せない事も多いので、ここでは書けない事も多いのですが、

私の患者さんには、できるだけお話ししています。

10月もよろしくお願いします。

2015年8月31日

今年は、5月ごろから猛暑日が続いて患者さんの中にも

身体の調子が少し悪い人が増えています。

特に、私の街にはコンクリートの高層ビルとアスファルトの道路と

各所につけられているエアコンの室外機が発する熱風のせいで、

窓を開けても締めても熱が街中に籠ってしまって、

逃げ場がありません。

私は、個人的には寒いのが嫌いなので、こんな感じでも夏が続いて

欲しいと思うのですが、そろそろ朝晩冷え込む日も出てきて

秋の訪れを感じさせるようになりました。


8月の診療報告ですが、相変わらず子供のむし歯はほとんどいません。

皆無と言っていいと思います。

大人も新規のむし歯は、ほとんどなくて以前の治療した歯の2次カリエスや

Tooth Wearによる歯と歯の間や歯の側面のむし歯が、

極たまにある位で、むし歯で歯を削る事はほとんどなくなりました。

歯の神経を取ったり、歯を抜いたりしないので、麻酔の注射も今月も

一回もしていないと思います。

一般的な歯科治療は、大幅に減ってしまいました。

その代り、ガンの患者さんをはじめ、糖尿病や膠原病・アレルギー疾患

などの患者さんが増えています。

だんだん普通の歯科医院の域を超えてきているのかもしれないと思います。

因みに直接治療するのはあくまでもお口の中だけなのですが、

それでみんなガンの再発や転移がないので、患者さんは喜んでいます。

矯正の患者さんも少しづつ増えていて、治療が始まると長年悩まされてきた

肩こりや頭痛や腰痛他なんでもいいのですが、どこに行っても治らなかった

いろんな心身の悩みがなくなっていくので、こちらの患者さん達も

喜んでいます。

「今までのあの症状が一体なんだったのか?」と聞かれる毎日です。

来月も患者さんとともに歩んでいきますのでよろしくお願いします。

2015年8月 7日

肩や首が凝って仕方がない。

頭痛に長い事悩ませるといる。

腰痛がある。

冷え性がある

根気や集中力が続かない

・・・・・・・

こんな悩みをお持ちの方は、とても多いのではないかと思います。


これらの原因の一つには、顎のずれ があります。

上の顎と下の顎がずれていると、その結果、あごの関節や筋肉だけでなく

神経や血管に影響を及ぼして身体全体の様々な部分の不調が

引き起こされてくることがあります。

あごの位置がずれると、口を開け閉めする度にゆがんだ力が頭や首や肩の

筋肉や神経に伝わり、それが背骨の中をとおっている神経群(脊髄神経)にも

作用にて身体の思いもよらない所に症状が出てくることがあります。

当院でも矯正治療やかみ合わせの治療によって、長年悩んでいた

身体や心の不調が治ったり、大きく改善する人はたくさんいます。

気になる方は、治療を無理に奨める事はしませんので、

ご相談ください。


2015年7月16日

私の歯科医院がある街では、事実上むし歯の子供は

ほとんどいなくなりました。

川崎市全体でも3歳児までのむし歯の有病者率は政令指定都市の中で

日本一少ない都市になっています。


3歳時 虫歯.jpg


かつては、大人も子供も虫歯のない人がいない時期がありました。

むし歯や歯周病で40代でも歯を失う人が、たくさんいました。

60代で総入れ歯の人もめずらしい事ではありませんでした。

今では、親知らず以外で歯を抜く人は、数か月に1人いるかどうか、

歯周病で歯を抜く人もまったくいません。

これが、予防歯科の実力です。

それでは、歯科医はいらないではないかという声が聞こえてきそうです。

本当にその通りですが、実はもっと大きな問題が歯科にはたくさんあります。

・口呼吸

・睡眠時無呼吸症候群

・狭い顎

・動かない顎

・かみ合わせのズレから身体全体のゆがみ

・歯周病から全身疾患や身体の不調

・口腔内細菌と腸内細菌の連動性(口腔内環境と腸内環境)

・唾液のちからの低下

・舌の弱体化で味覚の変化

・病巣感染(病巣疾患)

・歯科用金属のアレルギーと微弱電流の全身への影響

まだまだ、たくさんありますが、現代医学では原因不明や

治療方法のない病気や身体や心の不調が実は口の中や

そのまわりにあったという報告は、世界中で次々と報告されて

います。

歯科医師が、むし歯や歯周病をこれだけ減らせたのですから

医学の進歩が著しい世の中で、ガンやその他の慢性病が

減らない理由はありません。

あなたの病気や身体の不調は、口と足と便をみればわかります!?

そんな時代がもうすぐそこまできています。


2015年7月14日

近年、チーム医療という言葉を耳にする事が多くなっています。

個人の医師が一人でできることにも限界があり、専門性も

細分化された現代医療の中では、複数の医師や看護師・薬剤師・

保健師・栄養士・理学療法士・工学士他の医療専門職や病院スタッフが

みんなで患者さんを診ていくという医療スタイルです。

医科では、大学病院や総合病院などの大きな所では、今や

常識になっています。

ところが、普通の開業医では、複数の専門の医師をやとったり、大勢の

医療スタッフを雇うには限界があります。

まして、歯科医院となるとせいぜい代診の若い先生を雇って、

院長の負担を軽減する位しかできないのが現状だと思います。


そこで、当院でのチーム医療をお伝えしたいと思います。

当院は、マンツーマン治療が基本です。

副院長(私)が、ブラッシング指導から歯の治療から歯の型をとるのもすべて

患者さんにかかりっきりで行います。

その上、私は、歯科医師で鍼灸師であん摩マッサージ指圧師で整体師で

食事指導家なので、一人で複数の医療スタッフの代わりをしています。

歯科医院なので、治療の対象は直接的にはお口の中ですが、

間接的には心も含めた全身です。

また当院のスタッフは、日本エスティシャン協会認定エスティシャンで、

日本成人矯正学会認定歯並びコーディネーターなので、

歯だけでなく顔も全身の美容についてもご相談いただけます。

また、足のトラブルの専門家もいますので、外反拇指や扁平足

O脚や足の痛みなどのご相談もお受けします。

副院長含めてスタッフが複数の資格や専門性を持っていますので

健康と美容に対して幅広く対応しています。

そして、さらには、患者さんや外部の様々な専門家との交流です。

実は、患者さんの中には医療の専門家もいらっしゃいますし、素人の

方でも自分の病気を通していろいろな体験をしたり、自分自身が治療家に

なった方もいらっしゃいます。そういった方たちや地域のお店や会社で

健康や美容に関係した人たちとみんなでコラボして、

当院の患者さんにフィードバックしています。

当院のモットーは、歯と歯並び・かみ合わせを良くして全身の心と体の

サポートをして、美容と健康を育てる事です。

これらが当院のチーム医療です。

2015年7月 9日

30代のAさん、小さい時から歯が悪くて何度も何度もいろんな

歯科医院で歯の治療をしてきたそうです。

歯並びも咬み合わせも悪いとは思っていましたが、ほとんどの歯を

被せているのと骨格的な問題があるとの事で、それだけ多くの

歯科医院に行ったのに、矯正治療は断られ続けたという事でした。

当院には、1本の歯を残せるかどうかという事で来院されましたが、

通院されているうちに、身体の様々な不調を持っている事がわかり、

このまま、このかみ合わせでいけば、いろいろな症状が出てくるのでは

ないか?と内心思っていました。

ただ、この状態で多くの歯科医院が、矯正治療を無理だと言っていたので

私にとっても患者さんにとってもリスクが大き過ぎました。

身体をとるか?歯をとるか?うまくいかなければ歯がガタガタになるかも

しれません。

結果は、患者さんの決断でした。

「このままでいても、これからも歯が何度も悪くなる可能性はかわらない。

身体の調子は年々悪くなっているので、歯がだめになってもいいから

かみ合わせを治してほしい。」

そう言われたら私も後には引けません。

このケースは、ワイヤー矯正もインビザラインもできないので、

SH療法で治療する事にしました。

結果、2か月でかみ合わせが少し変化して

「鼻声がなくなった」

「口角が引き上げられるようになった」

「上の前歯が前に出てきた」

「口のまわりの筋肉が動くようになったので、顔の輪郭が変わってきた」

「頭痛がほとんどなくなった」

「嘔吐反射がなくなった」

まだ、かみ合わせがが目に見えて治ってくるのは、数か月かかると

思いますが、身体の不調が歯並びやかみ合わせがよりも

先行して治ったり改善してくる、SH療法の不思議なところです。

もちろん、理由はちゃんとあるのですが・・・・・・・。

長い間、いろんな歯科医院から断られた矯正治療、これからも

患者さんと2人3脚で治していきます。

2015年7月 5日

小児の矯正治療の講習会に参加してきました。

当院では、主に取り外し式の矯正装置を使って、お子さんから

大人の方まで矯正治療をしています。

今日は、その中でも3歳頃から12歳頃まで使える

一般的にはトレーナーシステムと呼ばれる小児矯正装置の中でも

一歩進んだシステムを学んできました。

EPSON7463.jpg


今までの小児矯正では、主に歯並びや咬みあわせを診てきました。

このシステムでは、お口の中だけでなく姿勢や身体のバランス、情緒面等

子供の心身の変化を診ていきます。

装置を入れて、口呼吸を鼻呼吸に改善して嚥下運動を正常化させるように

毎回練習してもらうと、情緒面で落ち着いてきて、姿勢も正しい方向に変化

していきます。従来の矯正装置のように長く入れる装置ではないので、

(起きている間1時間と寝ている間8時だけです)歯の動き自体はゆっくりで

個人差はありますが、その他の面が1か月位でもみるみる変わってきます。

SH療法もトレーナーシステムも人の性格までかえてしまう可能性を

秘めた不思議な装置です。もっとも性格が変わるのではなくて

かみ合わせが良くなって、身体が変わる事で心身ともに

楽になったからだと思います。

矯正の無料相談は、平日 夜 7時まで

日曜・祝日も不定期ですが、完全予約制で行っています。

長野歯科医院

044-722-6430

2015年7月 4日

当院に通院される患者さんの目的は様々です。

私が、歯科医師で鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師の4つの免許

持っていて、食事療法や(整体の理論を取り入れた)運動療法など

生活習慣改善の保健指導を行っているので、単に歯の治療だけでなく

身体や心の不調についても相談される患者さんが大勢います。

そんな毎日で私が患者さんに対していつも心がけている事は

未病を治す」(東洋医学ではいまだやまざるをちすと読みます)

という中国の古典「古い書物」に出てくる言葉です。

未病とは、健康と病気の間で、完全な健康ではないが、

病気として病名がつかない状態です。

つまり、身体や心の不調があって、病院に行っても異常がないと

云われたり、病院に行くほどではないけれど何となくおかしいという

軽い症状がある場合です。

病気は、なってから治療するよりも未病の段階で見つけて、

治せばひどい事にならなくてすむという意味でつかわれた言葉です。

私が、歯科医師で鍼灸その他の補完・代替医療と取り入れている事や

歯科医師としても矯正治療やかみ合わせの治療・根管治療や歯周病の

治療に特に力を入れているのは、

正にこの「未病を治す」という言葉を実践するためです。


未病の意味をわかってくれる人が少ないのが、難点ですが、

これから高齢化が進んで来れば、東洋医学(漢方医学)や他の

代替療法が見直され、未病という言葉が

普通に使われる時代が来るかもしれません。

2015年6月30日

6月は、記録的な暑さが続いた5月に続いて梅雨に入り

毎日暑いのか?寒いのか?湿気もあってすっきりしない日々が続いています。

そんな中、当院は相変わらず新規のむし歯でほとんど歯を削る事のない日が

続いています。

むし歯で、麻酔をして神経をとる患者さんも一人もいません。

もちろん、当院で過去に神経を取った人の再治療もありません。

むし歯も抜髄も自院の再根管治療がないので、医療費抑制に

今月も協力しました。

神奈川県は、43年前全国に先駆けて

「育てよう、離乳から3歳まで砂糖なしの間食で」を

キャッチフレーズに「乳幼児間食無糖運動」を展開しました。

その時の神奈川県の歯科医師会のこの運動の中心にいたのが

当院の院長です。

その当時の日本は子供のむし歯が3歳児で80%近くで5歳頃には

90%を軽く超える位むし歯のない子を探すことが難しい時代でした。

それから40年以上たって、私が保健所に健診に行くと

50人以上みても一人もいない日はざらにあります。

当時に比べて歯科医師数は3倍位になっているので、

担当する病気の撲滅が医師の使命だとしたら歯科医の優秀さは

抜きんでています。

私は、その最前線を子供の頃から見ているわけですから常日頃

歯科医師に任せてくれれば、ほとんどの病気を撲滅する事が

出来るのではないかと思っています。

愚痴はこのへんにして、

報告を続けます。

健康サポート外来のガンの患者さんは誰一人も再発や転移になった人は

いません。

矯正の患者さんも歯だけでなく身体のいろいろな不定愁訴がなくなって

驚いている人がたくさんいます。

患者さんみんなが健康になって、スリムになって、心が穏やかに

楽に生きられるようになる歯科治療はホントに素敵な事だと思います。


長野歯科医院
長野俊彦


SH療法
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ