«  2015年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月 9日

今日は、昼間の診療を少しお休みして、地元の保健所で

3歳児の歯科健診をしてきました。

fghj.jpg

開始早々、大泣きして健診を嫌がる子供が連続しましたが、

その後は比較的穏やかに健診はすすみました。

今日の受診児は、72名。(年々増えています)

私と地元の先生が2人で行いました。

むし歯の子がまったくいない訳ではありませんが、

ほぼ、むし歯の子供はいなくなりました。

むし歯がある子にも原因が特定できるので、治療と予防の道が

開かれれば、ほぼ虫歯にかんしては、わが街はほぼなくなった状態です。

子供のむし歯は、ここ30年でほぼ、壊滅状態になりました。

ただ、歯並びや咬み合わせの問題が深刻です。

健診では、さまざまな理由から顎の発達が悪い子供たちが年々増加しています。

その影響は口の中だけでなく

鼻づまりをおこしたり、口呼吸になって、その結果

脳の発達や全身状態、心の面にまで影響をあたえてきています

今や個人の自覚によって、むし歯は、99%。

ガンは90%は予防が可能な時代です。

あとは、個人や各家庭の対応次第です。

多くの子供や大人もむし歯にもガンにもならないように

こうれからも社会に貢献したいと思っています

2015年7月 2日

今日は、年に一度の保育園の歯科健診に行ってきました。


fghj.jpg


0歳児から6歳児まで、90人位の子供たちのお口の中を診てきました。

子供というのは、本当にかわいい!

無条件にかわいい!と健診に行くたびにいつも思います。 


歯科健診は3歳児位までは、頭を私の方に向けて

足を先生方にまたがらせた状態であおむけに寝かせて行います。

0歳児から3歳児位は、おとなしくしている子もいれば、大泣きする子や

暴れて口を絶対に開けないようにする子など、子供が好きでないと

大変かもしれません。


それが4歳以上になると、子供が一人で立って先生が頭を後ろで支えて

健診をするのですが、泣く子もぐずる子も一人もいないばかりか、

健診前は自分の自分の名前を名乗り、こちらが云わなくても

口を大きく開けて、健診が終わった後はきちんと

ありがとうございました。」というのです。

これは毎年の光景かもしれませんし、全国の他の園でも

同じかもしれませんが、年齢によってまるで人が違った様な

態度もみせてくれました。

子供とは、面白いもので2歳くらいまでは、一人が泣くと他の子も

泣きだしてその場が大変な事になるのですが、3歳児は

一人一人徐々に個別の反応をみせて、4歳児で

皆と同じ態度を示し、暗黙の規律が生まれてきます。

根底にあるのは、この年齢と成長にともなった躾や教育だと思いますが、

もう一つ大きな要因として、むし歯がないので、歯医者で嫌な思いや

怖い思いをしていない事があげられると思います。

少し前まで、大人にも子供にも医者の中でもっとも嫌われていた

診療科が歯科だと思うのですが、随分時代が変わったものだと

思います。


この保育園の歯科園医になったのは、今から25年以上前

私が生まれた時からお世話になっていた今は亡き小児科の先生の

依頼でした。私の子供時代のかかりつけの地元の先生です。

歯科医になってその先生と子供たちを診るなんて小さい時は夢にも

思いませんでした。

子供の時は、その先生はいつも行くと注射をされるイメージしかなくて

本当に怖かったのです。

その怖かった先生から今の保育園でむし歯の子供がすごく多くて困っているから

小児科の健診と一緒に歯科の健診をやってくれと云われて

当時の私にとって不思議な思いで引き受けました。

今は、医師会と歯科医師会は別々に保育園と契約しているので、

小児科の先生とお会いする事もありませんが、その当時は

その先生の運転する車に乗せてもらって、小児科と歯科で

一緒に健診していました。

あれから4半世紀、その小児科の先生は亡くなられてしまいましたが、

今こうしてあんなに多かったむし歯を地域からほぼ撲滅した

状況を見ていたらきっと天国で喜んでくれていると思います。

先生ににご恩返しができたような気がします。


これからも歯とお口を通して子供たちの健康を守っていきたいと

思っています。


2015年6月18日

今日は、朝から地元の私立中学校の集団歯科健診に行ってきました。


fghj.jpg

生徒数が600名近くいるので、使うミラーは1000本以上です。


当院の院長が、校医を始めたのがいつの日か定かでは

ありませんが、中学校の創立とほぼ同じ年に当院は開院したので、

初代の校医は院長がなり、その後私が引き継いだので、

40年から50年位、当院で歯科校医をしています。

その内、27年位は私も院長と一緒に歯科健診をしていたので、

今となっては、この中学校の教職員で一番古い存在になっています。

(校医は教職員という事になっています)


校医といっても歯科健診だけをしているわけではなく、

学校保健の委員会に出席して、健診結果やその対策、過去の推移を

分析したり、ミニセミナーを行なったり、学園祭の歯科に関係した生徒の

発表を手伝ったり、学校の学外教育アドバイザーとして授業参観を

して、学校の先生やPTA・街の有識者らと学校教育の現状について

討論したり、他にも歯科医師会主催の学校歯科医向けのセミナーに

参加して川崎市全体の校医や養護教諭といっしょに学校保健について

勉強したり、結構やる事が多くてやればやるほど大変な仕事です。

私は、そうして27年間、日本全国の子供たちをとりまく状況や

実際に自分の担当する中学校や保育園を目のあたりにして、

世の中の変化をみてきました。


特にここ数年の変化は、ゆとり教育がなくなって学校現場は

それこそゆとりを失い、それに合わせて歯の方も

せっかく親子2代に渡って、むし歯をほぼなくしたと思っていたら

現在の3年生から2年生、1年生にかけて過去のむし歯が多い状況に

逆戻りになってしまいました。

昔は、校長先生や教頭先生と養護の先生が、健診日には

校門の所まで出迎えて、健診の前後には校長先生と養護の先生とで

子供たちの様子や健診結果を話したりして、最後は校門まで

見送りに来てくれましたが、

今では、自分たちで保健室に直接行って、健診をして、良くて終わるころに

教頭先生が保健室に来る位で、校長先生は姿をみせず、

校長室に招かれることもありません。

その上、これだけ虫歯が昔のように増えだしているのに、生徒向けに

講演会をしたり提案はしているのですが、先生方の反応はまったくありません。

それも昼ごはんの時間が15分しかないような、カリキュラムの中

保護者の多様な価値観と子供たちの矢面に立たされている先生方と

しては、現代において歯の事にかまっていられないのかなと思います。

事実、私以外の校医で保護者からの様々なクレームによって、

校医をやめていく医科の先生をたくさん見てきました。

世の中、医学の進歩で、むし歯もガンもいろんな慢性疾患を

ほぼ予防する事が可能になりましたが、個人の権利意識の増大が

皮肉にも医学の進歩の反映を拒んでいるのかもしれません。

大人には、いろんな立場や考えがあり、個人の権利を守られる

世の中になりましたが、子供たちの状況や権利は親次第に

なってきました。

私たちが、できる事は年々減っていますが、何とかして

子供の歯と健康を守っていきたいと思っています。

といっても当院に子供が来院する事は、めったになくなったので、

どうしたものかと頭を悩ませています。

2015年6月 4日

今日、6月4日は以前は、むし歯予防デーと云われていて

現在は、今日から6月10日までを

歯と口の健康週間」となっていて、日本の各地で

むし歯だけでなく、歯と口の健康にかかわる各種行事が

日本全国で行われています。

私も今日は、毎年恒例の地元の中学校の「歯の健診」をしてきました。

川崎市は、3歳までは全国の政令指定都市で、むし歯のない市トップです。

その川崎市の中でも私の地元はトップクラスだと思うのですが、

(つまり日本一級の子供のむし歯のない地区なのですが、)

最近、他の地域から人口の流入が続いていて、中学生位になると

残念ながらはっきりした個人差が出てしまいます。

当院では、10年位前から子供のむし歯は減少の一途をたどり、

現在では、予防歯科と矯正歯科でひと月に数人の子供を診る位で

むし歯で子供の歯を削る事すら月に1人もいません。

大人の新規のむし歯の患者さんも当院ではほとんどいないのが

現実です。

地域格差、医院格差は広がる一方です。

むし歯にかかわらず、病気になってから医者に行くか?(疾病医療・西洋医学)

病気にならないように医者に行くか?(予防医療・東洋医学)

どちらも自由に選べる時代です。


2015年4月10日

昨日は、地元の保健所で1歳6か月児の歯科健診を行ってきました。

相変わらず、子供たちは元気でかわいかったです。

今でこそ、この地区では3歳以下のむし歯の子供はほとんどいませんが、

ここまで来るのには、親子2代60年近くがかかりました。

それでも半世紀以上経ってむし歯になるのが、当たり前だった世の中を

子供の時からむし歯ができないようにしていく事は並大抵の事では

ありませんでした。

ここまで来れたのは、もちろん、当院だけでなく、

地元の歯科医師会の先生方や2代目、3代目で代々続く歯科医院の

縦と横のつながり、

1歳6か月児、3歳児健診を受け持つ保健所の先生方やスタッフの方々、

地元の保育園や幼稚園のスタッフと園医、

小学校・中学校・高校の先生方や校医が、

皆で協力して成果です。

当地区では、今後も限りなくくむし歯ゼロの状態を維持していきたいと

思いますので、ご協力の程よろしくお願いします。

2015年3月13日

今日は、診療を午後から少しお休みして地元の保健所に

3歳児歯科健診に行ってきました。

健診児は最初予定では、66人(二人の歯科医師で)と言われていたのですが、

結局ふたを開ければ72人でした。

数年前まで、20年近く50人前後だったので、ここへきて急に

70人~90人に増えているそうです。

わが街は、子供の人数は増えてのですが、むし歯になる子は

ほとんどいません。

本当に、むし歯の子供がこの街から消えてしまいました。

病気を根絶しているのは、歯科医師だけかもしれません。

同じ日本で、まだむし歯で歯医者さんが嫌いな子供が

いる事や子供のむし歯を削っている事が信じられません。

わが街では、アメリカ並みにむし歯もガンも減少傾向にあります。

2015年2月21日

最近は、いわゆる甘いものが原因の普通のむし歯の患者さんは、

当院にはほとんど、というか、皆無になりました。

特に子供の患者さんは、矯正の患者さん以外はひと月に2家族(兄弟で来院)位です。

他の地域では考えられないかも知れませんが、私の街には小学生以下の

むし歯の数は、全国平均よりもはるかに少なくなっています。

それに加え、歯科医院の数は過密地域なので、予防が進んだ歯科医院では

子供の患者はいなくなるのです。


普通のむし歯は、なくなったのですが、歯が痛い、歯がしみるといった患者さんは

毎日みえます。

いわゆる大人のむし歯と言われるもので、主に歯と歯茎の境目や歯と歯の間、

詰め物の隙間にでき、痛みがでるのに時間がかかるので、

気が付いた時には、神経をとるようになる事も少なくない悪性度の高い

むし歯が増えています。

この虫歯は初期には、歯の表面が欠けて少し冷たいものにしみるだけなのですが、

ほっておくと神経を抜くようになったり、歯を抜かなければならない事に

なったりします。

原因の根底にあるのは、歯並びや咬みわせが悪い事なのです。

以前は、それで、歯を削ったり神経をとったりしていましたが、今では

歯並びの矯正治療をして治しています。

当院では、矯正期間中は虫歯や歯周病の予防や治療を無料にしているので、

矯正をして、むし歯の治療がほぼなくなりました。

最近 、普通の虫歯治療がなつかしくなります。


2014年8月 8日

今日は、診療を一部お休みして、地元の保健所で

「3歳児歯科健康診査」 通称 「3歳児健診」に行ってきました。

保健所では、1歳半と3歳児の健診を定期的におこなっています。


子供が対象年齢になると、区から連絡があり、希望日に保健所に

行って無料健診を受けられる行政サービスです。


今日も元気な3歳児のお口の中を私ともう一人の先生で診ました。

多い時には、80名を超える時がありますが、今回は63名と

比較的時間に余裕があったので、お母さんやお父さんの

御相談にのっていたら予定時間を過ぎてしましました。


ここ数年、わが街は日本でも有数のむし歯のない地区になっているので、

歯を削る必要があるような虫歯の子供はほとんどいません。

昔は、健診の後には当院に見える方もいましたが、今は皆無です。

健診と早期発見・早期予防によって、子供のむし歯をほぼ撲滅することに

成功しています。

ただ、これは当院や保健所で私が見ている範囲の話しであって、

私の知らないところや他の地域から引っ越して来られる方が多くなっている昨今、

まだ油断はできません。

ともあれ、むし歯をゼロにはできませんが、これだけ虫歯を激減させられた

わけですから後は各家庭でかかりつけの歯科医をもって、

子供の頃から適切な予防処置をかかりつけ医と相談しながら実行すれば、

それが子供たちの一生の財産になると思っています。

毎年新しい歯科医院が新規に開業しているわが街にお住まいの方には、

それが十分可能だと思います。

2014年7月28日

当院の1日は、一般の人が考える歯科医院の治療風景はほとんどありません。

あの嫌な「キーンッ」という歯を削る音は、ほとんど聞こえませんし、

(歯を削ったり、神経をとったり、歯を抜く事はほとんどありません)

歯の型をとって、インレーやクラウン、ブリッジや入れ歯をつくることも

めったにしません。

そんな事では、一般的には歯科医院の経営は成り立ちませんが、

1日1食にして、食費を切り詰めたりして何とかやっています。


ところで、今日の全身疾患の一人目ですが、リウマチの患者さんの根管治療です。

1,2回の根管治療で全身の関節の痛みが大幅に消失して、手のこわばりや

腫れが引いてきました。最初はいつものように信じてくれなかったのですが、

飲んでたリウマチの薬と痛み止めが薬疹で飲めなくなったのと、今の

治療は、根管治療とお口の中の清掃治療のみなので、

毎度のように「信じられないけど、本当にこんなことってあるのですね」と

不思議がっていました。(うちではよくある事ですけど、、、)


その次は、他院での根管治療のやり直しの患者さん。本当にひどい状態で

来られたので治せてよかった、今日は最終日、土台をいれて歯をつけて

終わりました。神経とった後の根管治療の大切さがわかってもらえたでしょうか?


その次は、糖尿病の患者さん、当院で診るようになって、体重はなかなか減りませんが

食事の量と質を管理されているようで、何とかお薬を飲むところまではいきません。

口の中をてPOIC WATERで洗浄して、オーラループでPMTC、口腔内の

細菌叢をコントロールするだけで、糖尿病の状態は良くなってくれます。

糖尿病は、国も医師会も歯科医師会も学会も

内科と歯科の両方で治療すべき疾患としていますが、

その事を知っている人はすくないし、糖尿病は年々増加しています。


あとは、SH療法の患者さん、インビザラインの患者さんと

矯正の患者さんが続きます。当院の矯正治療は、見た目もそうですが、

全身のパフォーマンスを上げて、その人が生きやすくすることを

目標にしていますので、あまり、ワイヤー矯正はしていません。


そして、ガンの患者さん、しばらく身体の具合が悪いとキャンセルが続いたので

ガンの再発かと心配していましたが、何のことはなく

患者さんは、先生の歯科治療と保健指導に出会ってから抗がん剤の治療で、

いつも元気がなくて、憂鬱な日々をすごしていたのが、嘘のように元気になって

明るい気持ちで生活できるようになり、体重は自然と5キロ減り、周りからは

ガンで具合が悪いのかと思われているが、自分自身は以前よりはるかに

元気で、指導した運動療法でウェストも細くなりスタイルも良くなって、

腰痛もなくなり、食事がこんなに人の身体も心もかけてしまうなんて

今まで想像もできなかったといていました。

また、あれだけ好きだった肉や脂っこいものは、あまり食べたくなくなり

野菜をたくさん食べるようになったとの事で、元気になり過ぎてオーバーワークが

気になるもののガンの闘病中ですら人を良くかえてしまう食事や生活習慣の

力に改めて驚かされます。


最後は、潰瘍性大腸炎の患者さん、おそらく原因と思われる歯を根の治療を

すると腸の状態が良くなったり悪くなったりを繰り返していましたが、

徐々に歯の状態が根管治療だけでは、もたせられないと判断し、

久しぶりの下血があったので、苦渋の決断でしたが、前回、抜歯しました。

それ以来、長年、患者さんを苦しめて難病指定で、投薬や内視鏡検査をしていた

潰瘍性大腸炎の症状はまったくおきなくなったそうです。

こんなことは、当院ではよくある事ですが、世間では不思議な事の様です。

これらは、病巣感染(病巣疾患)とよばれていて、100年も前にわかっていた事です。

そこに、現代の最先端の高度の技術と安保徹先生の自律神経免疫理論を

組み合わせれば、さして特別な事ではありません。

みんなが知らないだけ、信じないだけ、難病だと思っているだけです。

2014年6月20日

私は、保育園から保健所、中学校と年間に様々な場所で、

毎年数百人の子供たちのお口の中を25年以上、この地で診てきました。

25年間、同じ土地で同じ年齢(0歳から15歳)・同じ施設で診つづけてきて

思う事は、当地では虫歯はほぼ撲滅寸前だという事です。


25年前や私が歯科医の仕事を始めた30年近く前は、子供も含めて

大人もむし歯が国民病ともいえるほど多く、治しても治しても患者さんは

増える一方で、連日、朝から夜は9時を過ぎるまで仕事をする事も

しばしばでした。

今だったら、そんな歯科医院はたくさんあると思われるかも知れませんが、

その当時は、歯科医師会の規制があって診療時間は7時までと

決まっていました。

つまり、表示は7時だけれど、終わらないので9時を過ぎたという状態でした。


当時、私は今のように虫歯がなくなる日がくるなんて想像もしていませんでした。

ただ、がむしゃらに来る日も来る日も

むし歯を削り、歯の神経をとり、歯を抜いて、差し歯や入れ歯を入れて

インプラントをやり始めていました。

と、同時に大学に残り、むし歯予防の研究生活を送っていました。


その予防歯科の成果は徐々に現れて、まず虫歯が減り始め、

歯周病も手術や抜歯までいかない予防治療が確立し、

それにともなって差し歯もブリッジも入れ歯もインプラントも

なくなっていきました。


気が付けば、街も変貌をとげ、気が付けば平凡な住宅街だった

わが街が40から50階建ての超高層ビルが立ち並び、

街中の民家や空き地が8から10階のマンションに変わっていきました。


DSCN1095.JPG


おそらく日本有数の変化を遂げた街だと思います。

そして、その変化に呼応するかのように

私の仕事も大変化を遂げました。

むし歯や歯周病やインレーやクラウン・ブリッジ・入れ歯・インプラントが

主な仕事だったむかしの仕事は今はほとんどありません。

周辺の土地に、民家がなくなったように普通の歯科の仕事は

なくなりました。


(他院での根管治療の再治療を除いては・・・・・)


歯科健診
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ