«  2015年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年7月27日

最近、歯科の病気(虫歯や歯周病や咬み合わせ異常など)と

全身の病気や不調とのの関係が明らかになってきて、

歯の治療に関心を持つ人が徐々に増えています。

とはいえ、現実には歯科医院に訪れる患者さんの多くは、痛みや症状が

出てから来院するという方が多いのが実情です。

歯科医院では、その患者さんの歯を治療するオーラルキュアが

主流です。

以前は、それは歯科医師と患者さんのごく当たり前の関係でした。

それが、今では冒頭に書いたように、歯科の病気と全身の病気が

密接にかかわっている事が次々と明るみに出てきて、

単にむし歯を治療(キュア)しているだけでは、病気の人が

増える一方で、逆に歯の治療(キュア)と同時かまたは先行して

オーラルケア(予防・メインテナンス)を行うと全身の不調や病気の

予防や治療の助けになる事がわかってきました。

当院は、当地で60年近く歯科の診療をしています。

40年から50年以上通院されている患者さんも多くいます。

その方たちを診ていると、こちらの指示通りに通院されて

オーラルケアに自ら積極的に取り組まれている方は、

70代80代になっても皆、病気一つせずにお元気で

ガンや痴呆症などとも全く無縁な生活を送られています。

一方、悪くならないと来院されない方や通院はされていても

心の中で歯科に対して消極的な人や歯が元々悪い人は

何らかの全身の病気や不調を機に通院をしなくなります。

私は、「先生、私は〇〇の病気になったので、しばらくそちらの病気の

治療に専念したいと思うので、そちらに通院できません」

という言葉を何度患者さんから聞いたでしょうか?

「〇〇さん、その病気と口の中は関係があるのですよ。

口の中を治さなければ病気も悪化しますよ」と何度心の中で

つぶやいたかわかりません。

オーラルキュア(治療)も大事ですが、オーラルケアがもっとも

大事です。

歯科の病気が、歯だけの問題だという認識を改めて、欧米並みに

歯や歯並び・かみ合わせが健康のために大事だという事に

多くの人に気が付いてほしいと願っています。

歯科医院で、頭痛や首のこり、肩こり、腰痛、便秘が改善したり、

ガンや様々な慢性疾患の患者さんの治療のサポートをする時代です。

オーラルケアを見直してみませんか?

2015年7月25日

当院は、60年近くこの地で、歯科医療を行ってきました。

60年という歳月は、歯科医療のみならず、人々の日々の生活も

まったく違うものに変えてしまいました。

たとえば、60年前、テレビは白黒テレビで高価だったので、

どこの家庭にもあるわけではなくて、テレビを持っている事が

一種のスターテスシンボルになっていました。

それが、今では小学生でも携帯電話を持ち歩き、携帯でテレビ番組を

国民一人一人が見れるのですから世の中の進歩は、大変なものが

あると思います。

一方、医療はというと、歯科医療に関しては、60年前はむし歯や

歯周病で歯を失う人は、今の数十倍いて、50代から60代で

総入れ歯の人もめずらしい事ではありませんでした。

子供のむし歯は、戦後増え続けて、ピーク時の昭和40年代には

95%近くの子供が虫歯になっていました。

それが、今では、子供のむし歯は3歳児で1~2%、12歳児で10%行くかどうか

大人でもいわゆる甘いものが原因のむし歯は、当院では予防歯科を

少しでも実践している患者さんでは、ほとんどいなくなりました。

つまり、むし歯も歯周病も予防を行なえば、ほぼ過去の病気

なりつつあるという処まできています。(当院の予防歯科の話しです)

医科の分野はどうでしょうか?60年前は、細菌の感染症が主流でした。

子供の病気と云えば、蓄膿症・盲腸・扁桃腺肥大・目の感染症・食中毒

がむし歯同様普通に多かった時代です。

花粉症やアトピー・アレルギー疾患・白血病・腎臓病・糖尿病・頭痛などの

大人と同じ病気になる子供はあまり聞いたことがありませんでした。

大人も死亡原因の順位は、

1位 脳卒中

2位 心臓病

3位 ガン
でした。

それが60年後の今では

1位 ガン

2位 心臓病

3位 肺炎

4位 脳卒中

と大幅に順位が入れ替わっています。

この中で、歯科疾患に直接かかわっているのは肺炎です。

呼吸も飲食物もすべて口を通して入ってくるので、当たり前の話しです。

肺炎は、全人口に対しては3位ですが、65歳以上では死亡原因の

1位です。

2位の心臓病と4位の脳卒中の多くは、血管の動脈硬化や血管が

もろくなったり、血流が悪くなる事で起こります。

歯周病は、動脈硬化の直接的な原因であり、血管をもろくする糖尿病や

高血糖の原因は歯周病や咬めない歯並びです。

歯並びや咬み合わせが悪いと、口呼吸になり、身体はゆがんで

自律神経の働きが悪くなって、筋肉のこりや身体の痛みをともなって、

全身・局部の血行を悪くなります。

その結果が脳卒中や心臓病へとつながっていきます。

そして、1位のガンですが、今までの話しでこれらの病気はすべて

共通している事がわかると思います。

ガンの原因の大半が、低酸素と低体温ですから

口の中がきれいで呼吸が正しく行われて、質の良い空気が肺に

入って、歯並びや咬み合わせが良くて、むし歯や歯周病がない自分の歯で

自然な食べ物を良く噛んで食べられれば、栄養も過不足なく摂れて

身体のゆがみによる血行不良がなければ、

低体温にも低酸素にもなりませんので、

ガンは今の半分以下に減らせると思います。

子供の時から歯や歯並びに、気を遣い、高校生までに歯の矯正を

しない子供の方が少ないというアメリカでは、

ガンが減少しているという事実を知っている人は少ないのかもしれません。


日本は、病気になることもならないようにする事も

どちらも選択する事ができるので、本当に素晴らしい国だと思います

私は、むし歯をなくす事が出来ました。

歯周病の悪化を食い止める事も今では比較的簡単にできるようになりました。

歯科の世界で今問題になっている事は、歯や歯並びや咬みあわせを

正しくして、食事を変える事で多くの病気(心も身体も)を

防ぐ事が出来る事を国民にどのように伝えらるかという事と

それによって健康な人を増やして増大し続ける医療・介護・福祉の

費用を抑えられるかという事です。

歯が痛いから歯医者に行く から 病気にならないように歯科医院に

行くという時代が来ればいいと思っています

2015年7月22日

私たち大人は、お盆休みしかありませんが、

子供たちは一斉に夏休みに入っています。

街には昼間から子供たちが大勢いて、午前中から

人通りがにぎやかになっています。

一昔前は、そんな元気な子供たちが、夏休みになると

待ってましたとばかりに、黄色い紙やピンクの紙をもって

朝から大挙してやってきました。

そこに大人の患者さんもいて、お盆休みまでに歯の治療を終わりたい人で、

学校が夏休みになる今頃は、お盆休みまで、1年の内で

もっとも忙しい時期の一つでした。

それが今では、地元に虫歯の子供はほとんどいません。


齲蝕の年次推移②修正版.jpg

                                    口腔衛生学会資料より引用


これは、10年近く前までの全国規模の資料です。

むし歯は、それからも減り続けて、今や私の街では3歳児は1~2%,

12歳児で10%はいないと思います。

私の開業している地区は全国でも有数のむし歯のない地区です。


3歳時 虫歯②.jpgのサムネール画像

40年前は、むし歯のなる率が12歳以降は100%近かったのですから

驚異的な減少率です。

歯科医師は、40年前から砂糖の害を訴えて、口の中だけでなく

腸内細菌の問題にも言及していました。

子供たちのむし歯は、なくなりましたが、心配なのは

鼻づまりで、口呼吸で、歯並びや咬み合わせが悪い子供が

増えている事です。その子たちは、味覚や嗅覚が鈍くなり

食べ物や飲み物も偏食傾向があります。

鼻づまりや口呼吸があると咀嚼・嚥下障害をともなって、

噛みづらい・呑込みづらいという状態になりやすく

結果的に軟らかい味の濃いものを早食いするか少食に

なります。時には極端な大食いになる場合もあります。

そうなると、姿勢や身体のいろんな所に問題が出てきます。

歯や歯並び・かみ合わせは本当はすごく大切なんです。

2015年6月 4日

今日、6月4日は以前は、むし歯予防デーと云われていて

現在は、今日から6月10日までを

歯と口の健康週間」となっていて、日本の各地で

むし歯だけでなく、歯と口の健康にかかわる各種行事が

日本全国で行われています。

私も今日は、毎年恒例の地元の中学校の「歯の健診」をしてきました。

川崎市は、3歳までは全国の政令指定都市で、むし歯のない市トップです。

その川崎市の中でも私の地元はトップクラスだと思うのですが、

(つまり日本一級の子供のむし歯のない地区なのですが、)

最近、他の地域から人口の流入が続いていて、中学生位になると

残念ながらはっきりした個人差が出てしまいます。

当院では、10年位前から子供のむし歯は減少の一途をたどり、

現在では、予防歯科と矯正歯科でひと月に数人の子供を診る位で

むし歯で子供の歯を削る事すら月に1人もいません。

大人の新規のむし歯の患者さんも当院ではほとんどいないのが

現実です。

地域格差、医院格差は広がる一方です。

むし歯にかかわらず、病気になってから医者に行くか?(疾病医療・西洋医学)

病気にならないように医者に行くか?(予防医療・東洋医学)

どちらも自由に選べる時代です。


2015年5月11日

今日も一日、むし歯で歯を削る事はありませんでした。

治療といえば、矯正治療と他院で行った過去の根管治療の再治療、

歯周病の初期治療(メンテナンス)だけです。

当院を訪れる患者さんの目的は、昔は虫歯や歯周病の治療でしたが、

今では矯正治療も含めて健康増進や健康長寿が目的に

変わってきています。

今では、ガンや心臓病・糖尿病・肺炎・脳卒中・認知症・リウマチ・アトピー

花粉症・喘息などの慢性免疫疾患など原因不明の病気の

ほとんどに口腔ケアや良く噛む事が関係している事が

わかっています。

当院は患者さんからよくここは歯科だか何科だかわからないと

云われますが、今では徹底した口腔ケアと歯並びや咬み合わせの治療で

身体のいろんな不調や病気が治る事がわかっています。

わかる人にはわかる、わからない人にはいくら説明してもわからない話しです。

2015年2月21日

最近は、いわゆる甘いものが原因の普通のむし歯の患者さんは、

当院にはほとんど、というか、皆無になりました。

特に子供の患者さんは、矯正の患者さん以外はひと月に2家族(兄弟で来院)位です。

他の地域では考えられないかも知れませんが、私の街には小学生以下の

むし歯の数は、全国平均よりもはるかに少なくなっています。

それに加え、歯科医院の数は過密地域なので、予防が進んだ歯科医院では

子供の患者はいなくなるのです。


普通のむし歯は、なくなったのですが、歯が痛い、歯がしみるといった患者さんは

毎日みえます。

いわゆる大人のむし歯と言われるもので、主に歯と歯茎の境目や歯と歯の間、

詰め物の隙間にでき、痛みがでるのに時間がかかるので、

気が付いた時には、神経をとるようになる事も少なくない悪性度の高い

むし歯が増えています。

この虫歯は初期には、歯の表面が欠けて少し冷たいものにしみるだけなのですが、

ほっておくと神経を抜くようになったり、歯を抜かなければならない事に

なったりします。

原因の根底にあるのは、歯並びや咬みわせが悪い事なのです。

以前は、それで、歯を削ったり神経をとったりしていましたが、今では

歯並びの矯正治療をして治しています。

当院では、矯正期間中は虫歯や歯周病の予防や治療を無料にしているので、

矯正をして、むし歯の治療がほぼなくなりました。

最近 、普通の虫歯治療がなつかしくなります。


2014年12月27日

今年は一年が経つのが本当に早かったような気がします。

と、毎年この時期になると同じことを言っていますが、

年々この感覚が早まっているように思います。


さて、12月の診療報告をします。

むし歯の治療に、ほとんどの患者さんがドックベストセメントを希望されたので、

歯を削って虫歯の治療をする事はありませんでした

ただ、一人だけ通常の保険診療を希望されたので、歯を削って

型をとってインレーを入れました。

他に、保険外で特殊なケースで麻酔をして少しだけ歯を削りましたが、

全体的には、歯を削らない、痛くない治療を実践しています。


抜髄(歯髄炎のために歯の神経をとる事)した歯は、一本もありませんでした

当院で過去に抜髄した歯の再根管治療は、相変わらず一本もありません。

抜髄治療の成功率は、100%です。


抜歯(歯を抜く事)も当院かかりつけの患者さんは親知らず以外は

ほぼありませんでした。

今月(12月)も 歯を削らない、歯の神経をとらない、歯を抜かない治療を

ほぼ達成しています。

一昔前まで、歯科医院は、「痛い」「怖い」「長い」「待たされる」と

言われ、子供たちだけでなく大人から嫌われる診療科の筆頭でした。


今や子供のむし歯は、ほぼ撲滅状態で、こどもの患者さんを治療する事は

ありません(予防と矯正治療はありますが)。

大人のむし歯も歯をほとんど削らずに短期間(1、2日)で治療(保険外)は

終わるので、神経をとって大きく削ったり、麻酔をしたり、神経をとった後の

根の病気や症状がとれないと言ったことに悩まされることもなくなりました。


当院では、むし歯や歯周病、口内炎、顎関節症、

歯並びかみ合わせの異常などの歯科疾患の根本治療をしています


これらの歯科疾患が、全身の病気や体調不良の原因になっていたり、

全身の状態がこれら歯科疾患の原因になっている場合もあります


お口と全身が連動して、関係していることを多くの人に理解してもらいたいと

思います

2014年12月20日

今日は、お世話になっている日本の口腔ケアの第一人者の

米山武義先生が保健文化賞を受賞されたので、

その祝賀会に出席してきました


DSCN60282②.jpg


保健文化賞は、1950年に創立されて以来、健康増進、疾病予防などの

保健医療分野、高齢者・障害者の保健福祉分野、少子化対策等の分野において

保健衛生の向上に寄与した、個人や団体を表彰する主催が第一生命で

表彰は厚生労働大臣から行われ、贈呈式翌日には、受賞者は

皇居で、天皇皇后両陛下へ拝謁を賜ります。

そんなすごい賞をこの度、米山先生が受賞されたことが、

歯科界にとっては歯科と全身の関係を国が認めてくれた瞬間でした。

米山先生は、要介護高齢者に対する誤嚥性肺炎の予防のため、

専門的口腔ケアに関する研究を行い、その結果を普及し、

医療・介護施設における誤嚥性肺炎の予防法の確立に貢献されたとして

今回の受賞を受けました。

DSCN6039.JPGのサムネール画像


招待された方々も日本歯科医師会会長をはじめ日本歯科大学の学長や

日本中から歯科界では有名な先生方がメインテーブルのいらっしゃいました。

多くの国民は、開業医は病院で診療をしているだけだと思っているかも

知れませんが、私たちは、単にむし歯や歯周病や入れ歯ばかりつくって

いるばかりでなく、口の中が全身の病気の入口というコンセプトをもち

口と全身とのかかわりを重視して、診療をしています。

歯科の世界では、こうして上の方では単にむし歯や歯周病の治療のみ

ではなく、口を通して全身の健康や病気をコントロールして、健康寿命の

延伸を目標に研究と臨床に励んでいます。

病気の予防に歯科の受診

病気になったら歯科を受診

という事が、一般の人に普通に考えられる世の中になれば良いと

思います。

2014年8月 1日

当院は、開業して58年、一貫して地域の予防歯科医療に携わってきました。

昔は、むし歯も歯周病も多く、そのため歯を失う人も多かったので、

毎日、子供から高齢の方まで幅広い年齢層を診ていました。

そのため治療内容も多岐にわたっていました。

むし歯の治療として、歯を削って詰め物をしたり、

型をとってインレーやクラウン・差し歯を歯につけるところから

むし歯がひどくなれば、麻酔をして歯の神経をとって根管治療をして

その後は、詰め物をするか土台をいれて被せ物をつけたり、

歯周病の治療には、検査をしてからブラッシング指導をして、歯石をとって

また検査をして、徐々に深い所の歯石をとって、治らなければ

麻酔をして歯茎をはがして外科手術をします。

むし歯も根の病気も歯周病も治らなければ、抜歯をしました。

歯を抜いた後は、入れ歯かブリッジかインプラントをいれました。

その他にむし歯の予防処置・矯正治療・顎関節治療・口の中の簡単な手術など

患者さんも多く、治療対象年齢は幅広く、治療内容もさまざまで、

朝の9時から夜の9時過ぎ、時には10時過ぎまで

スタッフは2交代、私と院長は交代なしの終日診療をしていました。


その頃は毎日毎日、治療しても治療しても一向に減らない患者さんに、

どうしてこんなに歯科の病気が多いのだろうと思っていました。


そんな超多忙な日々の中で、予防歯科の分野で博士課程を修了し、

鍼灸師やマッサージ師の資格もとって、徐々に

自分の中で、むし歯や歯周病などの予防法が確立して、少しづつ

自分の医院や校医や園医をしている学校・保育園に実践していきました。


そして今、気が付くと街から中学生以下のむし歯はほぼ消滅して、

こうして夏休みになっても昔のように子供の患者さんが来ることは

なくなりました。

大人のむし歯も保険外になりますが、削らない治療をして、

歯の神経をとることもないので、早く・痛みもなく治療が終わってしまします。


歯周病も機能水やレーザー治療とブラッシングなどのホームケアによって、

手術をしたり、歯を抜くことがなくなったので、(すべて保険の範囲内と

いうわけにはいきませんが、)歯科治療は本当に簡略化されました。


世の中、気が付いている人は少しづつ増えているとは思うのですが、

歯科の病気も含めてガンや難病と言われている病気の実態や予防法は

ほぼ解明されつつあります。(世界中の医学や医療を統合した世界では)


むし歯や歯周病といった歯科疾患になるかならないかは、ほぼ個人が

自由に選択できる時代です。


それどころか、最近、国や厚労省は、多くの全身疾患に歯周病が関与していると

認めているので、(その数は少しづつ増えています)

病気になるのもならないのも個人の自由選択ですし、

病気になってから歯科医院に行くか、なる前に行くかは、

本当に個人の自由な時代です。


全身の病気と歯科の病気が関係ある事をもっと多くの人に

知ってもらえれば、世の中の病気で苦しむ人が少なくなると思います。。

2014年7月29日

世の中には、繰り返しおこる口内炎に悩まされる人は多いと思います。

口内炎の原因には、歯並びやかみ合わせが悪くておきる場合や

歯の詰め物や被せ物・入れ歯が合わない・歯が欠けた事が

原因になっている部分的な問題と

全身的な栄養状態の不足(ビタミン不足)や全身の病気が関係している場合・

口腔内にカビが繁殖した場合・抗がん剤やある種の薬の副作用など

全身的な問題がからんでいるケースがあります。

そういったわかる範囲の原因をすべて取り除いても治らないものや

治ってもしつこく再発を繰り返す原因不明の口内炎や

抗がん剤の副作用のように原因を取り除けないケースなどは、

従来の健康保険の範囲内の治療では、塗り薬やうがい薬で

対応するだけなので、難治性(治療が難しい)の口内炎になっていました。


ところが、当院ではそういった口内炎で苦しむ患者さんは、

まったくというほどいません。

もちろん、口内炎が皆無ではありませんが、できたとしてもすぐに

治ります。以前のように食事がとれない、痛くて食べられないと

いった話しはありません。

塗り薬もうがい薬も薬と名のつくものは出しません。

それでは、何をするかというと徹底したお口のケアを自宅でしていただきます。

それだけで、口内炎もむし歯も歯周病もお口の中の病気のリスクは

極端に下がります。

オーラルケアを普段のホームケアとして行う事によって、口の中の

細菌群の中身が変わります。

すると、口内炎は自然とできなくなります。

患者さんたちは「不思議だ」「今までやってきた事は何だったんだ」と

言いますが、当院では普通の事なので、何ともいえません。

当院には、ガンで抗がん剤治療をうけている方も大勢いますが、

だれも口内炎で苦しむ人がいないので、痛くて食べれないとか吐き気とかの

症状を訴える人がいません。体重減少に悩む人もいません。

これが根本治療です。

対症療法と根本治療あなたはどちらを選びますか?


ホームケア
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ