«  2015年6月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年5月30日

今年は、5月にしては記録的な暑さの日が続きました。

巷では風邪を引いたり、一部にはインフルエンザにかかる人が

おられたようですが、当院の患者さんで口腔ケアや食事に

気を付けている方の間では、あまりそういった話しは聞きません。

やはり口や口から入るものに気を付けていると病気に

なりづらいのだと思います。


今月の診療報告ですが、

今月もむし歯で歯を削る事はほとんどありませんでした。

歯周病も手術や歯を抜くほど重症化する人はいませんでした。

口内炎や顎関節症の患者さんも完全に治るか、その過程にいる方ばかりです。

その反面、歯並びや咬み合わせが悪くて、歯が欠けたり、それがきっかけで

知覚過敏やむし歯になる人が、急増しています。


また歯や顎や顎関節の痛みと頭痛やめまい、肩こり、腰痛、生理痛などを

併発している方や外反母趾や扁平足などの足のトラブルを

同時にかかえている方も増えています。


一方、去年まで多かった当院の患者さんでガンになる方は、今年は5月の段階で

一人もいませんでした。

私が、健康サポート外来で診ているガンの患者さん達の中で、

再発や転移する方は一人もいませんでした。

今では、むし歯も歯周病もガンも適切な予防法をうまく行えば

そんなに大変な病気ではなくなりつつあると思います。


普通のむし歯がなくなり、歯周病も治療法がより簡素化していく現在、

次のターゲットは口呼吸の問題や歯並びや咬みわせが

原因の知覚過敏や虫歯や咬めない事で発生する

全身の不定愁訴や病気の問題です。

今月もむし歯の治療は減り続け、

全身の健康や病気の予防や再発を防ぐ目的で通院される方が

増えています。


矯正の患者さんも見た目だけでなく、健康や病気の予防のために

矯正を希望される方が増えています。


歯科医院の役割も大分変わってきてしまいました。


2014年12月29日

先週で、診療は終わりましたが、急患や歯の製作が間に合わず

今日まで診療していました。


明日からは診療は終わり、資料の整理や大掃除など事務的な仕事が

大みそかまで続きます。


1年を振り返り、今年ほどいろいろな事が起きた年はなかったと思います。


私は、40年程前から東洋医学から日本古来の食養生の世界に入って

いきました。

その中で、口と腸と脳と皮膚との関係

       口呼吸と鼻呼吸の問題

       かみ合わせと姿勢と足との関係

       歯や鼻やのどから来る病巣感染

       
       心と病気との関係

などが人の病気や身体の不調の原因になっているという事を知りました。

ただ、その頃はそういった事を取り上げる医師も歯科医師も研究者も

ほとんどいなかったので、将来の課題としては考えていましたが、

まずは、その当時、患者さんが圧倒的に多かった歯科の病気の撲滅を

先にするべきだと思っていました。


そんなことを考えながら気が付けば、40年の月日が過ぎてしまいました。

その間、日本人のむし歯の罹患率は90%以上と言われて、

朝から晩まで虫歯の治療に明け暮れていた時代が懐かしくなるほど

現在では、むし歯の患者さんは激減し、子供の歯の患者さんはほぼ皆無

なりました。

口内炎も顎関節症も歯周病の患者さんも保険外ならほぼ治すことが

可能になりました。もちろん保険内でも以前に較べてずっと

コントロールしやすくなっています。

このように歯科の病気そのものは、ほとんど解決したのですが、

前述したとおり、歯科が関係している全身疾患やかみ合わせや歯列不正が

原因の患者さんは増加しています。


一頃前までは、腸内環境の問題は世の中に取り上げられることは

ありませんでしたが、現在では、今まで相手にしてこなかった医師の中にも

腸脳相関」「脳腸相関」という言葉を使ってくるようになりました。


口呼吸の問題や病巣感染、かみ合わせや心の問題が全身の病気や

体調不良の原因になっている事をテレビやネット、健康雑誌(本)などで、

盛んに取り上げられるようになり、

世界的にも関係論文が急激に増えています。


40年程、かかってしまいましたが、私の主張が少しずつ世の中に認められるように

なってきました。

まさか、玄米菜食や断食、1日1食が(賛否は別にして)世の中に取り上げられる

ような時代が来るとは思いませんでした。


そんな世の中の変化にともなって、私の歯科診療も今年一年で少しずつ変化し

ガンの患者さんやアトピー・蕁麻疹・リウマチなどの膠原病の患者さんの

健康サポートや頭痛や肩こり・便秘・生理痛・不妊の患者さんの

矯正治療と健康サポートの組み合わせのニーズは増えてきました。


今までそういった事は決して取り上げる事のなかったNHKをはじめとした

テレビ各局でも口腔内と全身の健康との関係を扱うようになった事は

隔世の感があります。

これだけ、世の中にいろんな健康法や治療法が出てきた時代はなかったと

思います。

それなのに、今年は知人の医師、歯科医師、鍼灸師、私の患者さんの

みじかな4人の大切な人をガンで失いました。いずれも私の話しを聞き入れてもらえない人たちばかりでした。

一般的な保険制度の医学しか知らないまたは信じない結果でした。

本当に悔しく、残された子供たちや身内の人たちの悲しみを考えると

本当の医学の進歩や現状を伝えてあげたかったと残念な思いでいっぱいです。

ちなみに、私の親戚は近親で40人以上いますが、若くして(70歳以下で)

ガンや難病になる人は一人もいません。

現代の医学では、本当に治す気があるのなら病気の本当の原因を

調べる事は必要ですしそれは保険外なら可能です。

ただ、そういう医学を信じて、実践する人が少ないだけなのです。

40代や50代、ましてや20代、30代や小児でガンでなくなるのは

ありえないし、この医学の進歩した現代であってはならない事だと

思います。(遺伝や感染症が原因で一部避けられないものもあります)


今年も私を信じて、診療にご協力してくれる患者さんに感謝します。

来年も皆さんが病気や体調の不良から脱して、より健康に

なれるように一緒に歩んでいきたいと思いますので、

よろしくお願いします


      

2014年11月29日

早いもので、今年もあと1か月、11月もあっという間にすぎてしまいました。

今月も当院での根管治療の再治療はありませんでした。

もちろん抜髄(歯の神経をとる)処置もまったくありません。

歯を削るキーンという音が診療室や待合室に響く事は、ほとんどありませんでした。

私の街では、当院だけでなく街からむし歯の子供がいなくなり、大人の

むし歯も激減しています。

歯周病もPOIC・WATERのおかげで、手術や抗生物質を使った薬物治療を

必要とする事は、一切なくなりました。

麻酔を使わなければいけない治療がほぼなくなったので、歯科医院が

「痛い」「怖い」時代は終わったと思います。

歯石を取る時にたまに「痛い」という時はありますが・・・・・・・

今月は、ドックベストセメントの第一人者の「小峰一雄先生」が

テレビ東京に出演されました。歯を削らない虫歯治療「ドックベストセメント療法」や

歯周病の食事療法の話しをされて、司会の小谷真生子さんや出演者が

小峰先生が話すたびに驚いて目を白黒されて話しに聞き入っていたのが

印象的でした。

その週に小峰先生にお会いしたところ、番組収録後(生番組)も

質問攻めで、小峰先生の治療法に大変興味をもってもらったそうです。

当院では、歯を削る事はほとんどないので、あの有名な小谷さんが

そんなに驚いていた事に、逆に驚きました。(WBSでずっと見ていたので)

歯科の世界は、すごい勢いで進化しています。(保険外ですが)

むし歯や歯周病の予防や治療は確立しています。

歯科医の関心は、ガンや心臓病・糖尿病・アレルギーなど全身疾患の

予防や治療補助に向かっています。


世の中が追い付いてこないだけなんです。

2014年9月28日

今日は、近くのヨガ・スタジオ主催の

「足から健康を考える会」のお手伝いに行ってきました。

講師は、フットケアアドバイザーの青山正利先生です。

safe_image②.jpg


青山先生は、CSソックス開発者の松藤文男先生の弟子として、外反母趾など

足の悩みにCSソックスやシューズ・インソールを組み合わせたフットケアを

ご自身のサロンや関東各地で行っています。

今日は、ヨガ教室の生徒さんを中心に私の患者さんや青山先生の

お知り合いなど20名近くの方々に、集まっていただきました。

青山先生のわりやすいスライドを使った、足の変形やゆがみの説明と

参加者の中から何人かの方に協力してもらい、足のトラブルと身体に対する

影響を体感してもらいました。

短い時間で、その上初めての話しで、どこまで理解をされて、満足されたかは

少々不安ではありますが、足の話題はここ1、2年で健康・美容業界では

急速に注目されています。当院でも歯の治療と並行してCSソックスを

履いて、足のゆがみを治して血行やリンパの流れや東洋医学でいう気の流れを

良くすることによって、人生が変わってしまう位、身体の不調が

改善する方がたくさんいらっしゃいます。

私自身がその一人です。

すべての人に理解してもらうのは、難しいと思いますが、参加者の

何人かでも今日の出会いを通して、健康増進につながっていっていければ、

うれしいと思っています。

2014年9月26日

当院の患者さんから良く聞く言葉です。

当院で一般的な歯科治療や矯正治療をすると、歯や口の中とは

まったく関係のない全身の病気や身体の不調が改善したり、

まったく治ってしまう事がよくあります。

例を挙げると、身近なところでは頭痛や肩こり、腰痛、膝痛、風邪、、、、、

世の中に広く認められている事では、糖尿病、動脈硬化、関節リウマチ、大腸炎

早産、低体重児出産、バージャー病、インフルエンザ、ノロウイルス、

扁平苔癬、カンジダ症、じんましん、金属アレルギーなど

多くの疾患が歯科疾患と関連があると言われています。

それなのに、世の中の多くの人は、こういう病気になっても歯科医院に

行こうとは思いません。

その結果、これらの病気の大半は原因不明の病気として、一生検査や薬を

飲み続ける事になります。

それが、歯科治療で劇的に改善されたり、まったく治って

薬や治療がいらなくなったらあなたはどうしますか?

それが、「先生、不思議なんですが?歯科治療をしたら長年悩まされていた

〇〇が治ってしまったのですが、歯と何か関係があるのでしょうか?」

「先生が言った通り歯と関係があったのですね。」

「なんでまったく違う所がなおってしまうのか?ウソのようだ」

「信用しないわけではないが、歯の治療で治るとは、未だに信じられない」

「ここは、歯科医院ですよね?何科なんですか?」

という患者さんの反応になっているのです。

一般的には、知られていないかも知れませんが、我々歯科医は

100年以上前から全身疾患を視野に入れて治療してきたのです。

私が、歯科医師であり、鍼灸師で、あん摩マッサージ指圧師で、整体師

食事療法をしているのは、実はそのためなのです。

2014年9月24日

当院では、むし歯や歯周病・根尖病巣の治療をし、

歯並びやかみ合わせを治して口呼吸を鼻呼吸にかえる事によって

長年悩んでいた病気や身体の不調が軽減したり、なくなったりする患者さんが

大勢います。


今まで、長い間、歯科疾患と医科の病気は別物と考えられてきましたが、

現在、国でも糖尿病は内科と歯科が診るべき疾患と認めていますし、

突然死を招く動脈硬化の原因の一つに、歯周病がある事を認めています。


当院では、口は消化器と呼吸器の入口であり、身体の不調や病気の症状が、

何らかの形で口の中や口のまわりの皮膚や筋肉・関節の症状と

して現れる事に着目して、患者さんのお悩みを患者さんとともに

根本から治す事を目指して治療にあたっています。


ここに来てから、「何だかわからないけど〇〇〇が良くなった。」

「〇〇〇の症状がなくなった。」

「〇〇〇が治った。」

「歯と関係があったのかしら?」

「歯の治療でここまでよくなるのか?と思った」

「信じられないけど、歯の治療してから〇〇の症状はでていない」

「こんなことってあるんですね」

と良く言われますが、

お口は人間の身体の一部です。

原因不明の慢性疾患の中には、歯やかみ合わせが原因のことも

多いと思います。


2014年7月28日

当院の1日は、一般の人が考える歯科医院の治療風景はほとんどありません。

あの嫌な「キーンッ」という歯を削る音は、ほとんど聞こえませんし、

(歯を削ったり、神経をとったり、歯を抜く事はほとんどありません)

歯の型をとって、インレーやクラウン、ブリッジや入れ歯をつくることも

めったにしません。

そんな事では、一般的には歯科医院の経営は成り立ちませんが、

1日1食にして、食費を切り詰めたりして何とかやっています。


ところで、今日の全身疾患の一人目ですが、リウマチの患者さんの根管治療です。

1,2回の根管治療で全身の関節の痛みが大幅に消失して、手のこわばりや

腫れが引いてきました。最初はいつものように信じてくれなかったのですが、

飲んでたリウマチの薬と痛み止めが薬疹で飲めなくなったのと、今の

治療は、根管治療とお口の中の清掃治療のみなので、

毎度のように「信じられないけど、本当にこんなことってあるのですね」と

不思議がっていました。(うちではよくある事ですけど、、、)


その次は、他院での根管治療のやり直しの患者さん。本当にひどい状態で

来られたので治せてよかった、今日は最終日、土台をいれて歯をつけて

終わりました。神経とった後の根管治療の大切さがわかってもらえたでしょうか?


その次は、糖尿病の患者さん、当院で診るようになって、体重はなかなか減りませんが

食事の量と質を管理されているようで、何とかお薬を飲むところまではいきません。

口の中をてPOIC WATERで洗浄して、オーラループでPMTC、口腔内の

細菌叢をコントロールするだけで、糖尿病の状態は良くなってくれます。

糖尿病は、国も医師会も歯科医師会も学会も

内科と歯科の両方で治療すべき疾患としていますが、

その事を知っている人はすくないし、糖尿病は年々増加しています。


あとは、SH療法の患者さん、インビザラインの患者さんと

矯正の患者さんが続きます。当院の矯正治療は、見た目もそうですが、

全身のパフォーマンスを上げて、その人が生きやすくすることを

目標にしていますので、あまり、ワイヤー矯正はしていません。


そして、ガンの患者さん、しばらく身体の具合が悪いとキャンセルが続いたので

ガンの再発かと心配していましたが、何のことはなく

患者さんは、先生の歯科治療と保健指導に出会ってから抗がん剤の治療で、

いつも元気がなくて、憂鬱な日々をすごしていたのが、嘘のように元気になって

明るい気持ちで生活できるようになり、体重は自然と5キロ減り、周りからは

ガンで具合が悪いのかと思われているが、自分自身は以前よりはるかに

元気で、指導した運動療法でウェストも細くなりスタイルも良くなって、

腰痛もなくなり、食事がこんなに人の身体も心もかけてしまうなんて

今まで想像もできなかったといていました。

また、あれだけ好きだった肉や脂っこいものは、あまり食べたくなくなり

野菜をたくさん食べるようになったとの事で、元気になり過ぎてオーバーワークが

気になるもののガンの闘病中ですら人を良くかえてしまう食事や生活習慣の

力に改めて驚かされます。


最後は、潰瘍性大腸炎の患者さん、おそらく原因と思われる歯を根の治療を

すると腸の状態が良くなったり悪くなったりを繰り返していましたが、

徐々に歯の状態が根管治療だけでは、もたせられないと判断し、

久しぶりの下血があったので、苦渋の決断でしたが、前回、抜歯しました。

それ以来、長年、患者さんを苦しめて難病指定で、投薬や内視鏡検査をしていた

潰瘍性大腸炎の症状はまったくおきなくなったそうです。

こんなことは、当院ではよくある事ですが、世間では不思議な事の様です。

これらは、病巣感染(病巣疾患)とよばれていて、100年も前にわかっていた事です。

そこに、現代の最先端の高度の技術と安保徹先生の自律神経免疫理論を

組み合わせれば、さして特別な事ではありません。

みんなが知らないだけ、信じないだけ、難病だと思っているだけです。

2014年6月25日

多くの人が歯科医は、むし歯を削ってつめたり、かぶせたり、

歯の神経をとったり

歯周病の治療に、ブラッシング指導をしたり、歯石をとったり、手術をしたり、

歯を抜いたり、

歯を抜いたら、ブリッジをいれたり、入れ歯をつくったり、インプラントをいれたり、

その他には、矯正で歯並びを治したり、

歯を白くするために、ホワイトニングや白い歯をいれたり と


歯科医師は、歯やお口の中の治療だけをしていると考えていると

思います。


歯科医師法には

第一条  歯科医師は、歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする


とあります。

歯科医師の仕事の一つは確かに、上記のような歯科医療ですが、

もう一つの仕事は、保健指導です。

保健指導を掌(つかさど)るとは、保健指導を職務・任務として取り扱うという意味や

管理するという意味があります。

保健指導には、特に歯科保健との限定した記載はないので、

その患者さんの保健指導が歯科医師の職務・任務であり、

患者さんの健康管理のお手伝いをする事が歯科医師の仕事なのです。

また、その後に続く、「公衆衛生の向上及び増進に寄与し、

もつて国民の健康な生活を確保するものとする。 」の一文は

なぜ、私が大学卒業後に、公衆衛生学を専攻し博士課程を目指した

理由になっています。


お口の中は、すでに内臓です。

口腔は、鼻にものどにも食道や胃腸に、気管や肺につながっています。

歯科医は、毎日内臓の一部を直接診ている診療科です。

難しい話しになってきたかも知れませんが、

よろしければ私のアンチエイジングブログエステブログのCSソックス

見ていただければ、あなたの健康の参考になると思います。


2014年5月 2日

皆さんは「お口の冷え性」を知っていますか?

一般的には、冷え性というと手足が冷たい、お腹や腰が冷えると

いった症状を訴える人が多いと思いますが、

そういったいわゆる冷え性の人は、お口の中も冷えている可能性があります。

「何となく歯が痛い感じがする」

「時々、歯が浮いたような感じになる」

「歯のしみ止めをしたが、繰り返し歯がしみる」

「歯科医院でレントゲンをとって調べても異常なしといわれた」

こういった原因がはっきりしないお口の中の症状も実は「お口の冷え性」が原因だった

というケースが最近増えてきました。

お口の中と唇は、お肌と違って濃いピンクをしています。

これは毛細血管と言われる身体の末端にある細い血管が密集しているからです。

冷え性の人は、血流が悪くなっていますから毛細血管の血流も悪くなって

お口の中も冷えてくるのです。

それに対して当院では、さまざまな方法で、冷え性そのものを改善する

お手伝いをします。

その結果、お口や唇の血行が良くなるだけでなく、全身の血行が良くなるので

患者さんからよく「子供の時から冷え性で、朝がつらく、午前中はだるいのが

あたり前だと思って生きてきたが、まさか歯科医院で治るとは思わなかった

と言われます。中にはさらに、歯を治しに来たのに「ここは何科なんですか?」と

言われることもしょっちゅうです。

「歯の冷え性」を治せば「身体の冷え性」も治ります。

「身体の冷え性」を治せば「歯の冷え性」も治ります。


「歯の冷え性」と思われる方はご相談ください

044-722-6430 

長野歯科医院 

長野俊彦


2014年2月24日

最近、ガンの患者さんが急増しているようです。

私の患者さんにもガンになる方がここ最近増えています。

私は、歯科医療にたずさわるようになって、30年位になりますが、

ガンの予防や治療にかかわるようになって、40年
近くになります。

つまり歯科医よりも10年近く前からガンに、かかわってきました。

この40年(正確には38年)ですが、漢方薬にはじまり、断食、玄米菜食、青汁

少食、心理療法、運動療法、気功、鍼灸、あん摩マッサージ指圧、アーユルベーダ

温熱療法、可視光線、磁気療法、自律神経免疫療法、CSソックス、ゲルソン療法

ナチュラルハイジーン、西式健康法、西式甲田療法、、、、、、、、、、、

数えきれない療法を研究・実践してきました。

その間、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の免許を取り、医師、歯科医師は

もとより代替療法と言われるあらゆるガンの予防や治療法に、関係する人々と

親交を深めてきました。

それらの人々の間では、基本的にガンは風邪同様、

病気ではなく自分の身体の警告というとらえ方をしており、

ガンは急性症状が出ていない限り、自分で治すものであると言われています。

私は、長年こういう世界にいたので、40代50代やそれより若い世代が

ガンになるのが、とても不思議に思っています。

ガンは、予防も自分で治すことも可能なものです。

多くの人にこの事実を知って欲しいと思います。

足と噛み合わせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ