«  2015年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月31日

10月に入り、暖かい日と急に冷え込む日があり、

一日の中でも日内変動が激しく、風邪を引いたり体調を悪くされる方が、

増えてきたように感じます。

外出時の服の選択にも迷います。

季節の変わり目は体調に特に注意しましょう。


さて、10月の診療報告ですが、

今月もむし歯で歯を削る事は、ほとんどありませんでした。

もちろん、歯の神経をとる歯は一本もないので、麻酔をかけて神経をとる

抜髄はありませんでした。

歯周病や根の病気や虫歯で歯を抜く人は、一人もいませんでした。

子供達も予防や矯正や定期検診でくるだけで、歯を削る事はありませんでした。

最近は、歯科では治療よりも予防を重視する患者さんが増えています。

むし歯や根の病気、歯周病の治療は減りましたが、お口の健康が

全身の健康や病気に密接に関係しているという事が

世の中に徐々に浸透して、その観点から当院を訪れる患者さんが

増えています。

また、口呼吸や腸内環境に関心を持つ人が増えていて、

矯正治療や咬合治療のニーズも高まっています。

身体の不調や病気が、歯科治療で治る事があることを日々の診療の中で

実感している毎日です。

2015年10月 9日

今日は、昼間の診療を少しお休みして、地元の保健所で

3歳児の歯科健診をしてきました。

fghj.jpg

開始早々、大泣きして健診を嫌がる子供が連続しましたが、

その後は比較的穏やかに健診はすすみました。

今日の受診児は、72名。(年々増えています)

私と地元の先生が2人で行いました。

むし歯の子がまったくいない訳ではありませんが、

ほぼ、むし歯の子供はいなくなりました。

むし歯がある子にも原因が特定できるので、治療と予防の道が

開かれれば、ほぼ虫歯にかんしては、わが街はほぼなくなった状態です。

子供のむし歯は、ここ30年でほぼ、壊滅状態になりました。

ただ、歯並びや咬み合わせの問題が深刻です。

健診では、さまざまな理由から顎の発達が悪い子供たちが年々増加しています。

その影響は口の中だけでなく

鼻づまりをおこしたり、口呼吸になって、その結果

脳の発達や全身状態、心の面にまで影響をあたえてきています

今や個人の自覚によって、むし歯は、99%。

ガンは90%は予防が可能な時代です。

あとは、個人や各家庭の対応次第です。

多くの子供や大人もむし歯にもガンにもならないように

こうれからも社会に貢献したいと思っています

« 2015年9月 | メイン | 2015年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ