«  2015年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年7月27日

最近、歯科の病気(虫歯や歯周病や咬み合わせ異常など)と

全身の病気や不調とのの関係が明らかになってきて、

歯の治療に関心を持つ人が徐々に増えています。

とはいえ、現実には歯科医院に訪れる患者さんの多くは、痛みや症状が

出てから来院するという方が多いのが実情です。

歯科医院では、その患者さんの歯を治療するオーラルキュアが

主流です。

以前は、それは歯科医師と患者さんのごく当たり前の関係でした。

それが、今では冒頭に書いたように、歯科の病気と全身の病気が

密接にかかわっている事が次々と明るみに出てきて、

単にむし歯を治療(キュア)しているだけでは、病気の人が

増える一方で、逆に歯の治療(キュア)と同時かまたは先行して

オーラルケア(予防・メインテナンス)を行うと全身の不調や病気の

予防や治療の助けになる事がわかってきました。

当院は、当地で60年近く歯科の診療をしています。

40年から50年以上通院されている患者さんも多くいます。

その方たちを診ていると、こちらの指示通りに通院されて

オーラルケアに自ら積極的に取り組まれている方は、

70代80代になっても皆、病気一つせずにお元気で

ガンや痴呆症などとも全く無縁な生活を送られています。

一方、悪くならないと来院されない方や通院はされていても

心の中で歯科に対して消極的な人や歯が元々悪い人は

何らかの全身の病気や不調を機に通院をしなくなります。

私は、「先生、私は〇〇の病気になったので、しばらくそちらの病気の

治療に専念したいと思うので、そちらに通院できません」

という言葉を何度患者さんから聞いたでしょうか?

「〇〇さん、その病気と口の中は関係があるのですよ。

口の中を治さなければ病気も悪化しますよ」と何度心の中で

つぶやいたかわかりません。

オーラルキュア(治療)も大事ですが、オーラルケアがもっとも

大事です。

歯科の病気が、歯だけの問題だという認識を改めて、欧米並みに

歯や歯並び・かみ合わせが健康のために大事だという事に

多くの人に気が付いてほしいと願っています。

歯科医院で、頭痛や首のこり、肩こり、腰痛、便秘が改善したり、

ガンや様々な慢性疾患の患者さんの治療のサポートをする時代です。

オーラルケアを見直してみませんか?

2015年7月11日

診療後に、インビザライン矯正の勉強会に参加しました。

インビザライン.jpg

日本のトップクラスの先生の主催するインビザラインの勉強会です。

メンバーは、矯正の専門医を始め口腔外科・インプラント・歯周病

予防歯科・補綴と専門も年代も様々な先生方が参加されています。

一つの症例にみんなでいろいろな角度から意見を出し合って

少しでも患者さんにとってベストな治療を模索します。

当院のインビザライン矯正治療は、

まつおかやまざき矯正歯科の二人の先生(松岡先生と山崎先生)と

コラボしています。

お二人とも日本のインビザライン矯正治療の第一人者です。

当院のインビザライン矯正治療はこうした先生方に

直接相談しながら行っています。


歯並びや咬み合わせが悪い方は、相談料は無料ですので、

御相談下さい。

2015年5月11日

今日も一日、むし歯で歯を削る事はありませんでした。

治療といえば、矯正治療と他院で行った過去の根管治療の再治療、

歯周病の初期治療(メンテナンス)だけです。

当院を訪れる患者さんの目的は、昔は虫歯や歯周病の治療でしたが、

今では矯正治療も含めて健康増進や健康長寿が目的に

変わってきています。

今では、ガンや心臓病・糖尿病・肺炎・脳卒中・認知症・リウマチ・アトピー

花粉症・喘息などの慢性免疫疾患など原因不明の病気の

ほとんどに口腔ケアや良く噛む事が関係している事が

わかっています。

当院は患者さんからよくここは歯科だか何科だかわからないと

云われますが、今では徹底した口腔ケアと歯並びや咬み合わせの治療で

身体のいろんな不調や病気が治る事がわかっています。

わかる人にはわかる、わからない人にはいくら説明してもわからない話しです。

2015年4月26日

昨今、タービン(歯を削る器具)などの歯科用器具の使いまわしが

新聞等で大きな波紋を呼んでいます。

そんな中、我々POIC®研究会では、治療器具の消毒・滅菌はもちろんの事

診療室全体を流れる水まるごと、除菌水によって、

細菌数0にまで殺菌する事により安心・安全な環境下での治療を

おこなっています。

つまり、治療中もタービンなどの治療器具やうがいの水・手洗い場に

殺菌水が流れているので、治療そのものが殺菌下で行われているのです。

そのためには、POICエコシステムという院内除菌システムを作り出す機械と

さらに、院内の治療や自宅でのホーム・ケアに使用する

タンパク分解除菌水生成器を使っています。

invis77092.jpg


この2台の除菌システムをもちいることにより、飛躍的に

治療成績を上げる事ができています。

当院ではうがいする事も殺菌につながっているのです。


そんな除菌水を診療に取り入れて、日夜

安心・安全・そして誠実な医療を求めて診療されている仲間の

研究会がPOIC®研究会です。


くわしくはPOIC®研究会HP http://poic.org/


当日は、日曜日にもかかわざる遠く仙台や南は四国や九州から

同じ志をもつ会員の先生方が集まって、医科歯科の垣根をこえた

講演に耳を傾けていました。

きっと各自が持ち帰って明日からの診療に役立ててくれると

思います。

開業している所は、まったく違いますが全国に同じ気持ちで診療を

行なっている仲間でいると思うと本当にうれしくなります。

また、しばらく会えない先生もいますが、同じ志しを持つ者同士

他の学会や研究会のどこかでまたすぐに会えるので、

勉強や研究を続ける励みになっています。

昨日は世界から,今日は日本中から,同じ思いをもつ先生方と医科歯科の

わくをこえたつながりが生まれた事を実感しました。

本当に時代が変わっていっている事を感じる2日間でした

2014年12月20日

今日は、お世話になっている日本の口腔ケアの第一人者の

米山武義先生が保健文化賞を受賞されたので、

その祝賀会に出席してきました


DSCN60282②.jpg


保健文化賞は、1950年に創立されて以来、健康増進、疾病予防などの

保健医療分野、高齢者・障害者の保健福祉分野、少子化対策等の分野において

保健衛生の向上に寄与した、個人や団体を表彰する主催が第一生命で

表彰は厚生労働大臣から行われ、贈呈式翌日には、受賞者は

皇居で、天皇皇后両陛下へ拝謁を賜ります。

そんなすごい賞をこの度、米山先生が受賞されたことが、

歯科界にとっては歯科と全身の関係を国が認めてくれた瞬間でした。

米山先生は、要介護高齢者に対する誤嚥性肺炎の予防のため、

専門的口腔ケアに関する研究を行い、その結果を普及し、

医療・介護施設における誤嚥性肺炎の予防法の確立に貢献されたとして

今回の受賞を受けました。

DSCN6039.JPGのサムネール画像


招待された方々も日本歯科医師会会長をはじめ日本歯科大学の学長や

日本中から歯科界では有名な先生方がメインテーブルのいらっしゃいました。

多くの国民は、開業医は病院で診療をしているだけだと思っているかも

知れませんが、私たちは、単にむし歯や歯周病や入れ歯ばかりつくって

いるばかりでなく、口の中が全身の病気の入口というコンセプトをもち

口と全身とのかかわりを重視して、診療をしています。

歯科の世界では、こうして上の方では単にむし歯や歯周病の治療のみ

ではなく、口を通して全身の健康や病気をコントロールして、健康寿命の

延伸を目標に研究と臨床に励んでいます。

病気の予防に歯科の受診

病気になったら歯科を受診

という事が、一般の人に普通に考えられる世の中になれば良いと

思います。

2014年10月 6日

唾液には、様々な健康効果があります。

・消化作用

・抗菌作用

・pHの調整作用

・潤滑作用

・溶解作用

・洗浄作用

・保護作用

・歯の再石灰化

・ホルモンの分泌作用

・排泄作用

ざっと思いつくままに書いてもこの位あります。


その大切な唾液が出ない事によって、健康を損ねたり、体調不良になったり、

むし歯歯周病口内炎に悩まされている人がたくさんいます。

唾液が出ない原因には、ストレスや薬の服用、自律神経の乱れ、口呼吸・不正咬合など

直接・間接的な要因があります。


それらの中でも特に歯並びやかみ合わせが悪くて、口の機能低下が起きて

結果的に唾液の分泌が低下しているケースが、最近増えています。


そういう患者さんに、インビザラインSH療法などの

矯正装置を使ってもらうと、

早い人で入れた直後、かなり遅い人でも1~2か月で、唾液の分泌量が

格段に増すことが実感できます。

確かに、口の中に異物を入れるのですから、基本的には生体の反応として、

唾液の分泌は一時的には増加するの当然かもしれませんが、

装置を外している間もそれは持続します。


患者さんによっては、他の体調の変化と合わせて、

「唾液という感じではなく、よだれがあふれるように出てきて、まるで

子供の時に戻ったようだ」という方もいます。


赤ちゃんはよだれを垂らします。


誰でも小中学生のまで、うつぶせに寝ていると、口元がよだれだらけになった

経験があると思います。

それが、大人になるにつれていつの間にかなくなって、逆に口の中や唇が

いつも乾燥して、何か飲み物が手放せなくなったり、いつもリップクリームが

かかせなくなっている人が増えています。


「子供の時は、あんなに元気だったのに、今は体調がすぐれない」

「いつも疲れてだるく具合が悪い」

「寝起きがすっきりしない」

「原因のはっきりしない病気になった」などの人は、一度、自分の歯並びやかみ合わせと唾液について

考えてみてみるといいかもしれません。


2014年7月29日

世の中には、繰り返しおこる口内炎に悩まされる人は多いと思います。

口内炎の原因には、歯並びやかみ合わせが悪くておきる場合や

歯の詰め物や被せ物・入れ歯が合わない・歯が欠けた事が

原因になっている部分的な問題と

全身的な栄養状態の不足(ビタミン不足)や全身の病気が関係している場合・

口腔内にカビが繁殖した場合・抗がん剤やある種の薬の副作用など

全身的な問題がからんでいるケースがあります。

そういったわかる範囲の原因をすべて取り除いても治らないものや

治ってもしつこく再発を繰り返す原因不明の口内炎や

抗がん剤の副作用のように原因を取り除けないケースなどは、

従来の健康保険の範囲内の治療では、塗り薬やうがい薬で

対応するだけなので、難治性(治療が難しい)の口内炎になっていました。


ところが、当院ではそういった口内炎で苦しむ患者さんは、

まったくというほどいません。

もちろん、口内炎が皆無ではありませんが、できたとしてもすぐに

治ります。以前のように食事がとれない、痛くて食べられないと

いった話しはありません。

塗り薬もうがい薬も薬と名のつくものは出しません。

それでは、何をするかというと徹底したお口のケアを自宅でしていただきます。

それだけで、口内炎もむし歯も歯周病もお口の中の病気のリスクは

極端に下がります。

オーラルケアを普段のホームケアとして行う事によって、口の中の

細菌群の中身が変わります。

すると、口内炎は自然とできなくなります。

患者さんたちは「不思議だ」「今までやってきた事は何だったんだ」と

言いますが、当院では普通の事なので、何ともいえません。

当院には、ガンで抗がん剤治療をうけている方も大勢いますが、

だれも口内炎で苦しむ人がいないので、痛くて食べれないとか吐き気とかの

症状を訴える人がいません。体重減少に悩む人もいません。

これが根本治療です。

対症療法と根本治療あなたはどちらを選びますか?


2014年7月 5日

私は、この歯科の仕事に就いて、約30年、

現在のクリニックで、直接的に26年、間接的(父の代から)には50年以上

一人の患者さんを見続けてきました。

これだけ長い間、患者さん一人一人をフォローしている歯科医院は

それ程多くないと思います。

その上、今では、子供のむし歯をほぼなくしてしまい、

当院のかかりつけの患者さんでは、新しいむし歯や歯周病の治療は、

ほとんどなくなってしまいました。

そこで、今、問題になっている事は、何十年も前に、歯の神経を

取った歯が、内部から腐ってきて抜かなければ、ならない歯が

出てきている事です。

つまり、言い換えれば、むし歯や歯周病は、そのほとんどは

歯を失う原因にはならないけれど、歯の神経をとった歯の根管治療が

上手くいっていないと、何10年もたってから歯を抜くことになるかも

しれないということです。

その歯の神経を取る事や根管治療のうまくいかない要因の一つに

歯並びや噛み合せの不正があります。

子供の時に虫歯をつくらないで、歯質の強化をして、歯並び噛み合せを

治(矯正)して、定期的なフォローをしていけば、歯を失う事から

遠ざかる事ができると思います。

2014年3月 4日

歯周病と全身の状態 糖尿病と歯周病

糖尿病と歯周病は、共に、代表的な生活習慣病で、生活習慣要因として、

食生活や喫煙に関与します。

糖尿病は、喫煙と並んで歯周病の2大危険因子であり、

一方、歯周病は、3大合併症といわれる腎症、網膜症、神経症に次いで、

第6番目の糖尿病合併症でもあり、両者は密接な相互関係にあります。

しかし、慢性炎症としての歯周炎をコントロールすることで、

糖尿病のコントロール状態が改善する可能性が示唆されています。
                                      厚労省のHPより抜粋

当院にも糖尿病(2型)の患者さんが、大勢みえています。

その多くの方は、歯周病のコントロール(保険外診療)を行い、比較的短期間で

歯周病と糖尿病の改善がなされて、ご自身で病気のコントロールができるように

なられています。

糖尿病の治療をしているけれど、なかなか良くならない。

食事療法や運動療法に行き詰ってどうしたらいいかわからないといった方は

一度、お近くの糖尿病の相談もしている歯科医院で、お口のチェックをしてみませんか?

※時間はかかりますが、保険内の診療も可能です。

2014年1月 7日

一般的に、インフルエンザや風邪の予防には

「手洗い・マスク・うがいそしてワクチン」といわれていますが、

ここに「歯磨き・口腔ケア」を加えるとより予防効果が高まります。

実際、当院で推奨している口腔ケアを実行されている方で

「インフルエンザ」になった人は一人もいません。

家族みんなでインフルエンザになったにもかかわらず、ご本人一人だけ

インフルエンザにならなかったかたもいます。

ちょっと次元の違う口腔ケアを体験してみませんか?

口腔ケア(オーラルケア)
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ