«  2015年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年4月26日

昨今、タービン(歯を削る器具)などの歯科用器具の使いまわしが

新聞等で大きな波紋を呼んでいます。

そんな中、我々POIC®研究会では、治療器具の消毒・滅菌はもちろんの事

診療室全体を流れる水まるごと、除菌水によって、

細菌数0にまで殺菌する事により安心・安全な環境下での治療を

おこなっています。

つまり、治療中もタービンなどの治療器具やうがいの水・手洗い場に

殺菌水が流れているので、治療そのものが殺菌下で行われているのです。

そのためには、POICエコシステムという院内除菌システムを作り出す機械と

さらに、院内の治療や自宅でのホーム・ケアに使用する

タンパク分解除菌水生成器を使っています。

invis77092.jpg


この2台の除菌システムをもちいることにより、飛躍的に

治療成績を上げる事ができています。

当院ではうがいする事も殺菌につながっているのです。


そんな除菌水を診療に取り入れて、日夜

安心・安全・そして誠実な医療を求めて診療されている仲間の

研究会がPOIC®研究会です。


くわしくはPOIC®研究会HP http://poic.org/


当日は、日曜日にもかかわざる遠く仙台や南は四国や九州から

同じ志をもつ会員の先生方が集まって、医科歯科の垣根をこえた

講演に耳を傾けていました。

きっと各自が持ち帰って明日からの診療に役立ててくれると

思います。

開業している所は、まったく違いますが全国に同じ気持ちで診療を

行なっている仲間でいると思うと本当にうれしくなります。

また、しばらく会えない先生もいますが、同じ志しを持つ者同士

他の学会や研究会のどこかでまたすぐに会えるので、

勉強や研究を続ける励みになっています。

昨日は世界から,今日は日本中から,同じ思いをもつ先生方と医科歯科の

わくをこえたつながりが生まれた事を実感しました。

本当に時代が変わっていっている事を感じる2日間でした

2014年7月29日

世の中には、繰り返しおこる口内炎に悩まされる人は多いと思います。

口内炎の原因には、歯並びやかみ合わせが悪くておきる場合や

歯の詰め物や被せ物・入れ歯が合わない・歯が欠けた事が

原因になっている部分的な問題と

全身的な栄養状態の不足(ビタミン不足)や全身の病気が関係している場合・

口腔内にカビが繁殖した場合・抗がん剤やある種の薬の副作用など

全身的な問題がからんでいるケースがあります。

そういったわかる範囲の原因をすべて取り除いても治らないものや

治ってもしつこく再発を繰り返す原因不明の口内炎や

抗がん剤の副作用のように原因を取り除けないケースなどは、

従来の健康保険の範囲内の治療では、塗り薬やうがい薬で

対応するだけなので、難治性(治療が難しい)の口内炎になっていました。


ところが、当院ではそういった口内炎で苦しむ患者さんは、

まったくというほどいません。

もちろん、口内炎が皆無ではありませんが、できたとしてもすぐに

治ります。以前のように食事がとれない、痛くて食べられないと

いった話しはありません。

塗り薬もうがい薬も薬と名のつくものは出しません。

それでは、何をするかというと徹底したお口のケアを自宅でしていただきます。

それだけで、口内炎もむし歯も歯周病もお口の中の病気のリスクは

極端に下がります。

オーラルケアを普段のホームケアとして行う事によって、口の中の

細菌群の中身が変わります。

すると、口内炎は自然とできなくなります。

患者さんたちは「不思議だ」「今までやってきた事は何だったんだ」と

言いますが、当院では普通の事なので、何ともいえません。

当院には、ガンで抗がん剤治療をうけている方も大勢いますが、

だれも口内炎で苦しむ人がいないので、痛くて食べれないとか吐き気とかの

症状を訴える人がいません。体重減少に悩む人もいません。

これが根本治療です。

対症療法と根本治療あなたはどちらを選びますか?


2014年5月18日

新聞にこんな記事が出ていました。

現代に、本当にこんな事があるのでしょうか?

記事には、特定の県としか書いてないので、どこの話しかわかりませんが、

今や患者さんごとに器具の交換、滅菌消毒は当たり前ですし、

手袋も患者さんごとに使い捨ては当然、ディスポ(使い捨て)にできる物は

患者さんごとに使い捨てです。

こんなことはうちの地域では常識だと思っています。

さらにその上、当院ではその滅菌・消毒した機器からでる水・患者さんがうがいをする水

手洗い場の水・歯の模型をつくる石膏を練る水・・・・・診療室で全体に殺菌水を

配管していますので、機器はもちろん治療中も

細菌ゼロの環境下にて診療をしています。

当院は歯科治療水安全認定施設の認定を受けています。

詳しくはPOICのHP http://poic.org/ をごらん下さい。


私は、この記事が最近のデータかどうか疑問に思いますが、

全国紙に出ることにその影響を考えると複雑な気持ちになります。


歯削る機器、滅菌せず再使用7割...院内感染懸念


読売新聞 より抜粋


 歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

 患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

 調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

 調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。

 滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。

 別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、使い回しの割合は平均71%だった


2014年4月27日

POIC®研究会は、当院で採用しているPOIC®ウォーターを用いた

口腔と全身の病気や不定愁訴の関係を研究している会です。

この日の演題は

口腔と免疫の関係・新しい医療連携(医科歯科)を目指して

    ー歯科医療を"病の入口にしないためにー

でした。

POIC®研究会の米山武義会長の挨拶から始まり、

午前はゲストの特別講演・講演と続き、

午後からは、あいうべ体操や病巣感染(疾患)を提唱されている

POIC®研究会臨床顧問の内科医・今井一彰先生の講演がありました。

演題は「慢性炎症の原因としての口呼吸を考える」で

講演中、今井先生は何度も

「ガンや心臓病・脳卒中・リウマチ・膠原病・アトピーやアレルギー疾患・

早産・低体重児のような一般的に、口腔内が原因のひとつと思われる病気は

当然として、

その他に、原因不明の疾患や不定愁訴にみまわれたら、

まず歯科を受診して口腔内に問題がないか、口呼吸になっていないかを

調べるのが当たり前の世の中になって欲しいとくりかえしおっしゃって

いました。」

また、症状がでたらそこの場所だけ診たり治療したりするのではなくて

その原因の第一は身体の上流のお口や鼻にある可能性が高いので

まずそこから診て行かなければ、いくら下流の症状を治しても

いつまでも治すことは難しいとして、医科歯科連携の必要性を

強く望まれていました。

(今井医師は原因不明の病の多くは、口と鼻・のどと足(足指)のトラブルが

原因と言われ、当院がCSソックスを導入するきっかけをつくってくださった先生です)

その後、理事の発表が続き

POIC®研究会理事長 相田能輝先生の閉会の辞で、幕が下りました。

この日は、大型連休の始めにもかかわらず、150人の医師・歯科医師・衛生士

スタッフが参集されて、熱い時間を過ごすことができました。

その後、場所を移しての懇親会でも、講演会では聞けなかったお話しや

質問を個別にお話しさせていただき、有意義な一日を過ごすことができ、

明日からの診療に生かせる情報をたくさん得た事をご報告いたします。

それにしても普段は、書籍や講演会でしかお会いでいない有名な先生方と

こうして身近に、接する事ができるので、より内容の濃い高度な歯科医療を

私の患者さんに提供できる事は、本当に幸せな事だと思います。

来月以降もすごい先生方とお会いする予定ですので、みなさんに

とって有益な情報をお伝えできると思っています。

2014年3月 4日

歯周病と全身の状態 糖尿病と歯周病

糖尿病と歯周病は、共に、代表的な生活習慣病で、生活習慣要因として、

食生活や喫煙に関与します。

糖尿病は、喫煙と並んで歯周病の2大危険因子であり、

一方、歯周病は、3大合併症といわれる腎症、網膜症、神経症に次いで、

第6番目の糖尿病合併症でもあり、両者は密接な相互関係にあります。

しかし、慢性炎症としての歯周炎をコントロールすることで、

糖尿病のコントロール状態が改善する可能性が示唆されています。
                                      厚労省のHPより抜粋

当院にも糖尿病(2型)の患者さんが、大勢みえています。

その多くの方は、歯周病のコントロール(保険外診療)を行い、比較的短期間で

歯周病と糖尿病の改善がなされて、ご自身で病気のコントロールができるように

なられています。

糖尿病の治療をしているけれど、なかなか良くならない。

食事療法や運動療法に行き詰ってどうしたらいいかわからないといった方は

一度、お近くの糖尿病の相談もしている歯科医院で、お口のチェックをしてみませんか?

※時間はかかりますが、保険内の診療も可能です。

2013年9月 3日

歯周病と全身疾患との関係は深く、糖尿病をはじめ心臓病・動脈硬化・高血圧・

脳卒中・がん・早産・低体重児出産・関節炎・リウマチ・骨粗鬆症・アレルギーなどが

あると言われています。

これらの病気の患者さんは、戦後増加の一途をたどっています。

それでは、これらの病気を抱える人の何人が歯科医院を訪れるでしょうか?

残念ながら当院でもこれらの病気にかかったので、それが動機で来院される方は、

ほとんどいません。

また当院に通院されている患者さんが、これらの病気にかかっても私の話しを

真剣に聞いて実行される方は、ほんの少数派で一部の病気を除いてはほとんどいません。

このように今や虫歯や歯周病をはじめほとんどのガンやその他の多くの病気が

原因がわかっているので、予防が可能なのに、実行する人は少数です。

信じる信じない、実行するしないは、あなた次第です。

2013年7月24日

エピオスエコシステム①.jpg


当院での高度な根管治療、歯を削らない虫歯治療、歯の神経をとらない虫歯治療、

手術や歯を抜かない歯周病治療を支えてくれているシステムです。

治療の椅子から出るうがいの水,歯を削る機械、歯科医師やスタッフの手を洗う場所や

消毒室、すべての場所から殺菌水が流れていますので、診療室内でのすべての

行為が殺菌下で行われています。

使用する器具の消毒・滅菌は最低限の項目で、当院ではその先を行くシステムで

診療を行っています。

使用する器具の消毒・滅菌だけでは保険で高度な根管治療はできません

口の中や歯の中は細菌で汚染されています。器具を消毒してもうがいしたら、

歯を削ったら、歯石をとったら細菌や汚染されたものが出てきます。

それを連続殺菌しながら治療していく事により高度な根管治療を達成しています。

2013年5月 7日

DSCN0977.JPG

当院では、院内感染予防をはじめ下記のように患者さんにやさしく効果のある

オゾン水生成装置を使っています。

1.抜歯や歯周外科など手術時にオゾン水を使う事で、止血効果が期待され手術野の視界が
 
 明瞭となり手術時間の短縮や手術がしやすくなる.

2.手術時、オゾン水で除菌・殺菌しているので手術後の感染を減らす事が可 能になる。

3.オゾン水で口の中を洗浄した後、患者さん自身が口臭が軽減したと実感できる。

4.イリゲーターで根管内までオゾン水を送り込むことができるので

 根管治療の回数軽減につながる。

5.根管内洗浄に、薬を使う頻度が減る。

6.細菌やウイルスに触れたオゾン水は水と酸素に分解されるので、安心して使用できる

7.患者さんの口や手の洗浄に安心して使える。(薬の濃度調整の必要がない)


かなりの部分が、当院で使用しているタンパク分解型除菌水(POIC水)と用途・効果が

重なってしまいますが、どちらも超純水を使用しており、

添加物も薬物も一切使用していない、身体にやさしいお水です。

オゾン水(超純水)
POIC水(超純水+高純度の塩)


2013年3月 3日

当院は、院内感染予防と治療に対してPOIC ®ウォーターを使用しています。

POIC®ウォーターについては、

http://poic.org/poicwater.html

を参照して下さい。

2012年5月 1日

タンパク分解型除菌水<エピオス・ウォーター>の除菌の主体となっている成分は
次亜塩素酸(HCLO)です。

次亜塩素酸(HCLO)は白血球の持つ除菌能力の本質で、人体にほんらいそなわっている
除菌成分です。

人間の体内で白血球(好中球)が細菌を殺菌する過程において、主に作用しているのが、
次亜塩素酸(HCLO)と言われています。

次亜塩素酸を用いた除菌方法は、その除菌力と塩と水のみからできており
人体の生理物質と同じであるという安全性に着目しました。

成分は高純度の塩と水だけですが、お口の中の治療する場所を約20~30秒で
除菌できます。

当院では、治療室内すべてのチェアー(うがい水・削る機械)、手洗い場所、消毒場所に
除菌水が出るようになっております。
そのため患者さんのお口の中を連続殺菌しながら治療ができるので、
限りなく無菌的な治療を行うことができます。


また,当院ではよりタンパク分解能力が強い
ホームケア用の除菌水も治療の一環としておわけしております。


長野歯科医院
044-722-6430

水を使った治療法
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ