«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月29日

最近、やたらに多いのが、ガンや認知症を取り上げた健康番組。

そこに出てくる患者さんたちには、すべて共通点があります。

病名は何であれ、共通している事は、歯やj咬み合わせが悪いという事です。

その結果、鼻呼吸障害(口呼吸)となって、酸素の摂取量や質が低下したり、

正しい食べ物を十分に咀嚼できないので、加工食品や添加物、砂糖や

脂肪分の多い食べ物が好きになっていくのです。

その結果、低酸素と低体温と栄養の吸収状態の悪化などが基礎疾患を引き起こして

それがガンや認知症などに発展しているのです。

番組では、そういう話しは一切しないので、

残念ながら、ガンや認知症の患者さんの数は増える一方です。

世の中には、ガンや認知症ばかりでなく、現代医学では治療が難しい

病気が増えています。

その反面、歯科の分野では虫歯も歯周病も口内炎や顎関節症も

ほとんどの病気が極端に減少傾向にあります。

今や子供たちは、むし歯がないのが当たり前で、そればかりか

歯並びや咬みあわせを治す、矯正治療や咬合治療を受けている子が

増えています。

その目的も見た目ばかりでなく、全身の健康のために矯正治療や

咬合治療を受ける人が多くなっています。

特に20代後半から60代の矯正治療の患者さんの目的は、

ガンや認知症も含めた病気の予防と現在の体調不良に対する

改善を期待されている方が大半を占めています。

噛む事は生きる事です。

歯や咬み合わせはとても大事です。

アメリカでは、小さい時から歯を大切にして高校生の頃までに

ほとんどの人が矯正治療をしています。

それは、歯や咬み合わせが健康に影響がある事を社会全体が

認めているからです。

そんな国では、死亡原因の1位はガンではありません。

あの有名なハーバード大学のある教授は、

ガンを克服しつつある、これからはガンは減少する病気であると

言っています。

それが、歯や歯並びを大切にする国からのメッセージです。

ガンが増え続けている日本との大きな違いを感じます。

少しでも多くの人にこの現実を知って欲しいと思います。

テレビや健康雑誌に出る事はなかなかない話しです。

2015年9月28日

川崎市は、神奈川県内で小児の医療費負担、無料化の対象が

小学校2年生までと、県内ワースト1を誇っています。

県内の他の地区や多摩川を渡った所にある大田区は、

中学3年生まで医療費が無料の所が多いのです、

だから、川崎市に患者から集めた嘆願書を送ろうという

FAXが送られてきたのですが、小児科はそれで患者も収入も増えるとは

思いますが、歯科は虫歯を子供たちからほぼ撲滅してしまったので、

医療費が何歳まで出ようが、子供の患者が皆無に近いので、

そんな運動をしても何も変わりません。

それが日本一子供のむし歯がない街の実態です。

次は、日本一ガンのない街と難病のない街に挑戦しています。

むし歯になるのもガンになるのもどちらも個人の好みでなれる街です。

2015年9月24日

今日は、地元の保健所に1歳6か月児の歯科健診に行ってきました。


securedownload55555.jpg

私も含めて、歯科医師二人で63名の幼児を診てきました。

結果は、むし歯の子供はまったくいませんでした。

別の日に行われる3歳児健診でも虫歯はほとんどないので、

おそらく私の地元は予防歯科が日本トップクラスで進んで、むし歯自体がほぼ、

撲滅状態になっているようです。

医師としては、自分が担当する科の病気をほぼ、撲滅できたことは

誇りに思います。

今や予防医学の進歩は、めざましいものがあり、むし歯もガンも個人単位の

予防方法はすでにほぼ確立されているので、病気になるのもならないのも

個人次第という事になっています。

健康に大きくかかわっているのが、お口とそこに入ってくる飲み物や

食べ物だという事を多くの人が、感じるようになってきました。

その反面、同じ口が関係している呼吸の問題には、まだ気が付いて

いる人は、少ないのが現状です。

この日も半数以上の子供たちが、鼻がつまっていて、口呼吸に

なっていました。人間は、哺乳類なので、鼻で呼吸する事が

正常な状態です。ところが、口を取り巻く環境が悪いと鼻も悪くなり

鼻づまりがおきて、口呼吸になります。そうなると酸素の取り込みの

質や量が悪くなるので、身体や心に不調をきたすのです。

私は、30年近く子供たちを診続けているので、むし歯は本当に減ったと

実感していますが、硬いものを噛まなくなってお口の退化が進んで

その事が鼻づまりや鼻のトラブルを招いて口呼吸の人が増えて

いる事を危惧しています。

世の中では、ガンの患者さんがすごく増えています。

その反面、むし歯は減り続けています。

先進的な歯科医は、病気の原因がなんであるかを探り、

その予防法を研究しています。

それも少し前までは、むし歯や歯周病などの歯科だけの病気が

対象でしたが、今では歯科と全身疾患や心身の不調に対する研究を

しています。

病気をなくしたり減らす医療もあります。病気になったらそれに対処する医療も

あります。

現代では、どちらの医療も選択する事が出来ます。

私は、直接的には30年、間接的には(歯科医の2代目として)50年近く

患者さんを診ています。

つまり、一人の人が30年から50年後に、お口の中はもちろん

どういった病気になるか、どういった人生を送るのかを見続けて

います。

そんな目で、1歳半の子供たちを診ていると、むし歯は確かになくなりましたが、

次にくる問題点がみえてきます。

ただ、今はまだ、むし歯がなくて良かったと思うだけにしています。


securedownload6677.jpg

2015年8月31日

今年は、5月ごろから猛暑日が続いて患者さんの中にも

身体の調子が少し悪い人が増えています。

特に、私の街にはコンクリートの高層ビルとアスファルトの道路と

各所につけられているエアコンの室外機が発する熱風のせいで、

窓を開けても締めても熱が街中に籠ってしまって、

逃げ場がありません。

私は、個人的には寒いのが嫌いなので、こんな感じでも夏が続いて

欲しいと思うのですが、そろそろ朝晩冷え込む日も出てきて

秋の訪れを感じさせるようになりました。


8月の診療報告ですが、相変わらず子供のむし歯はほとんどいません。

皆無と言っていいと思います。

大人も新規のむし歯は、ほとんどなくて以前の治療した歯の2次カリエスや

Tooth Wearによる歯と歯の間や歯の側面のむし歯が、

極たまにある位で、むし歯で歯を削る事はほとんどなくなりました。

歯の神経を取ったり、歯を抜いたりしないので、麻酔の注射も今月も

一回もしていないと思います。

一般的な歯科治療は、大幅に減ってしまいました。

その代り、ガンの患者さんをはじめ、糖尿病や膠原病・アレルギー疾患

などの患者さんが増えています。

だんだん普通の歯科医院の域を超えてきているのかもしれないと思います。

因みに直接治療するのはあくまでもお口の中だけなのですが、

それでみんなガンの再発や転移がないので、患者さんは喜んでいます。

矯正の患者さんも少しづつ増えていて、治療が始まると長年悩まされてきた

肩こりや頭痛や腰痛他なんでもいいのですが、どこに行っても治らなかった

いろんな心身の悩みがなくなっていくので、こちらの患者さん達も

喜んでいます。

「今までのあの症状が一体なんだったのか?」と聞かれる毎日です。

来月も患者さんとともに歩んでいきますのでよろしくお願いします。

2015年8月30日

今日は、朝から世界最先端の根管治療のセミナーに参加してきました。

第7回エンドサミット.jpg


第7回エンドサミット⑥.jpg

第7回エンドサミット③.jpg


アメリカからギリシャから日本からそれぞれの国を代表する

歯内療法(根管治療)の専門家が貴重なお話しをしてくれました。

日本では、歯の神経を比較的簡単にとる事が多いと思いますが、

世界で最先端の世界では、どうしたら神経を取らずに済むか?

また神経を取る事になっても神経を再生できないか?という

再生療法の試みが行われています。

日本では、根管治療は軽視されていますが、世界では歯科の世界でも

最重要視されている事が改めて認識される一日でした。

私と同じように根管治療の重要性を理解されている先生方が

全国から定員一杯の200名、朝の10時から夜の7時過ぎまで

昼休みも講義が押して、予定の時間を大幅に超えて

多くの質問がでました。

私たち保険医は勉強してもしなくても保険の点数は変わりません。

日曜日に自腹を切って講習会に出るのもゴルフに行くのも

診療をするのも寝ているのも自由です。

私は、こうして歯科医療に熱い想いの先生方と勉強している人生を

選択しました。

ふと気が付いたら歯の神経を取る事も歯を削る事もなくなって患者さんも

収入も減少しました。社会人としては、失格ですが

歯科医師としては成功したと思っています。

むし歯がなくなったわが街は、実は世界最先端なのではないかと思っています。

2015年8月15日

歯科医の仕事について、約30年が経過した。

その間、前半の10年はたくさんある歯科の治療の分野の技術や知識の

習得に無我夢中で費やしてきた。

と同時に休みの日には矯正やインプラント・根管治療や歯周病治療・

咬合治療など歯科の分野では、今でこそ注目されているが、その当時としては

かなりマイナーな分野の勉強をしてきた。

平日の休みには大学に通って、ブラッシングやフッ素・キシリトールなどの

予防歯科や虫歯を減らす地域医療に取り組んで来た。

平日の夜間は、鍼灸とあん摩マッサージの専門学校に通い、

そこで、整体やカイロやトレーナーや気功や太極拳など様々な

分野の専門家と交流を持つようになった。

また通学中に出会ったある高名な先生な鍼灸師K先生の下で内弟子として

卒業後もゼロから500人規模の勉強会を立ち上げて、そこの運営や

講師陣の一人になって鍼灸の世界でも脈も診ただけでその人の症状や

病気を当てる修行を積んできた。

もう一つは、食養の世界で、実はこれが私を歯科以外、西洋医学(現代医学)以外の

道を歩むきっかけになったのであるが、歯科医や鍼灸師になる遥か前、

40年前の私が高校生の頃に当時の医師や親も見放すような難病に

なって、高校にほとんど行けなくなって出会ったのが、断食や玄米菜食の

世界だった。それは当時食欲旺盛な高校生の私にとっては、地獄のような

世界だったが、病気が治らず学校にも行けず、人の目を気にして外出も

できない状態で、毎日死ぬことばかり考えていた日々から脱出する

最後に残された唯一の手段でした。

断食といっても今のように、酵素やジュースを飲めるものではなくて、

完全に水だけの断食を1週間以上とその前後の予備食や複食を合わせると

一か月近くの入院をして行うもので、本当にやらなければ死、

やっても失敗すれば死ぬかもしれないというあとのない状態で

行なった。それでも耐えて断食を終えて一か月もすると病気はうそのように

なくなって、その時はじめて西洋医学以外の医学(医療)の存在を

実感した第一歩になった。

ただ、その後が大変で、断食の反動で食欲がコントロールできなくなって

それから10数年の食事に対する戦いが、私の人生を迷走させた。

しかしながら、その時から現在までの経験が他の誰もがおそらく知らない

食の世界を身を持って体験できたので、医学や科学が進歩して

専門家がいくら勉強や研究をしてもわからない食と人間の生活に

関するいろいろな問題を理解する大きな助けになっている。


今の私は、一般的な歯科医師としては、子供のむし歯をほぼ皆無に等しい位

なくして、歯もほとんど削らず、歯の神経を取らず、歯を抜くこともほとんどないので

歯科医師としては自分でいうのも変だが、いい歯医者だと思っている。

ただ、これからの歯科医に求められることは、単に歯の治療だけでなく、

歯やお口を通して、人々の健康や全身や心の不調や悩みを改善すると

いうことだと思う。

社会からむし歯や歯周病や顎関節症や口内炎をほぼなくした今、

歯科医師がやるべき仕事は、歯や口に関係した事で人々の

未病を治し、健康を維持し、病気の患者さんには治療の一環として、

歯科の予防や治療と食事のとり方や呼吸や運動・睡眠(休養)などの

保健指導を個々の患者さんに向けて行っていく事だと思う。

いつの日かこの街にはガンや糖尿病や難病の人がほとんど

いないといわれる日が来ることを夢見て、子供たちのむし歯が

なくなったように。

2015年8月 3日

当院が開業して、約60年が経過しました。

街の開業医として、一貫して予防歯科の専門医としての道を

歩んできました。

その結果、当院の地元では子供のむし歯はほぼ消滅しました。

むし歯予防と共に取り組んできたことは、ガンや痴呆症の予防です。

何で歯科医院で全身のガンや痴呆症の予防をしているのかと

思う人がいるかもしれませんが、最近の研究では

歯科の2大疾患であるむし歯や歯周病は、生活習慣病です。

ガンは昔は成人病と言われていましたが、ガンの低年齢化が

進んで子供にもガンになるケースが増えたために

今では生活習慣病と言われています。

口の中の病気と全身や脳の病気は、関係ないように思われるかも

しれませんが最近の研究では、これらの関連性が直接または間接的に

相互に関連性を持ちながら病気が発症したり、進行・重症化している事が

わかっています。

ガンの患者さんも痴呆症の患者さんも皆、歯や歯並びや咬み合わせが

悪いなどのお口の中のトラブルをかかえています。

ただ、多くの患者さんやご家族などのまわりの人もお口のトラブルが

他の病気の原因になっているとは、気付かない人が多いのが

困ったところです。

とはいえ、むし歯がなくなった今、ガンや痴呆症の撲滅も

遠い未来ではないと思われます。

2015年8月 1日

今から43年前、昭和47年から神奈川県の歯科医師会は、

育てよう、離乳から3歳までは砂糖なしの間食で」をキャッチフレーズとして、

県の衛生部の協力を得て、地域住民の歯科保健の向上を目指して

乳幼児間食無糖運動」を行いました。

当時の3歳児のむし歯の罹患者率は、川崎市で70%位で全国的には

もう少し多かったと思います。

それが43年後の現在、川崎市の中でも私の街では実質的には

1から2%になってしまいました。

保健所でも保育園でも虫歯の子供は、ほとんどいなくなりました。

その上、今や砂糖が老化やがんや糖尿病・動脈硬化など

様々な病気の原因になっている事は明らかになってきましたが、

その当時からむし歯だけでなく肥満や成人病の原因が

砂糖である事を当時の歯科医師たちが指摘していました。


その上、もっと驚くのは今では当たり前のように、

健康に関係していると知られている腸内環境や乳酸菌にも

当時の歯科医師たちは注目していた事です。

当時の歯科医師会の資料にはその事がはっきり載っています。


歯科医師は、口の中を通して40年以上先の現在の国民の

健康問題を予測していました

2015年7月31日

今年は、5月ごろから暑い日が続いて、梅雨もいつの間にか終わってしまい、

真夏日が続いています。

気象情報では、確か梅雨は遅れて、冷夏になる可能性を示唆していたような

気がするのですが、自然相手に予報を立てる事は難しいようです。

一方、医学の世界はすごいスピードで進化しています。

歯科の分野でも通常知られているような甘いものが原因のむし歯は、

まったくと言っていいほど(昔に較べて)なくなりました。

歯周病も手術や抜歯になるケースはほぼなくなりました。

もちろん、患者さんご本人の協力が必要ですが、歯科の病気にかかる

患者さんそのものが少なくなってきています。

その意味で、人の病気もある意味では、自然現象だといえると思われるので

将来の予想(予報)が長期も短期もほぼ間違いなく当たると

いう事は、相当高度な学問の分野だと言っても過言でないのかもしれません。

という事で、当院の7月の診療報告は、上記のように

相変わらず普通のむし歯の治療は、ほとんどありません。

歯周病も減少傾向にあります。

顎関節症や口内炎の患者さんもほとんどいません

今は予防とメインテナンスと口腔ケアや食事と生活習慣の改善のための

保健指導を患者さんと一緒になって考えながら診療を日々行っていて

昔のように歯を削ったり、麻酔をしたり、インプラントや入れ歯をつくる事も

ほとんどしていません。

天気予報士が天気予報を正確に出すのと同じように、歯医者が

歯の治療だけでなく歯の病気をなくす事はある意味大変な目標です。

それが、こうしてほぼ達成されてしまうと医者としては満足していますが、

職業としては、複雑な心境です。(社会的にも経済的にも)

今は、夏休み真っただ中、少し前までは、朝から待合室も診療室もむし歯の

子供であふれかえっていました。

日本でトップクラスのむし歯のない街では、今やそんな光景はありません。

子供のむし歯がなくなる事を予想したのは、実は35年以上前です。

歯医者は、予想(予報)を見事的中させました。

今やむし歯も歯周病もガンも予防は、ほぼ可能な病気です。

歯を削る前に、歯の神経を取る前に、歯を抜く前に、

そうならないように、予防歯科医と手を組みませんか

2015年7月27日

最近、歯科の病気(虫歯や歯周病や咬み合わせ異常など)と

全身の病気や不調とのの関係が明らかになってきて、

歯の治療に関心を持つ人が徐々に増えています。

とはいえ、現実には歯科医院に訪れる患者さんの多くは、痛みや症状が

出てから来院するという方が多いのが実情です。

歯科医院では、その患者さんの歯を治療するオーラルキュアが

主流です。

以前は、それは歯科医師と患者さんのごく当たり前の関係でした。

それが、今では冒頭に書いたように、歯科の病気と全身の病気が

密接にかかわっている事が次々と明るみに出てきて、

単にむし歯を治療(キュア)しているだけでは、病気の人が

増える一方で、逆に歯の治療(キュア)と同時かまたは先行して

オーラルケア(予防・メインテナンス)を行うと全身の不調や病気の

予防や治療の助けになる事がわかってきました。

当院は、当地で60年近く歯科の診療をしています。

40年から50年以上通院されている患者さんも多くいます。

その方たちを診ていると、こちらの指示通りに通院されて

オーラルケアに自ら積極的に取り組まれている方は、

70代80代になっても皆、病気一つせずにお元気で

ガンや痴呆症などとも全く無縁な生活を送られています。

一方、悪くならないと来院されない方や通院はされていても

心の中で歯科に対して消極的な人や歯が元々悪い人は

何らかの全身の病気や不調を機に通院をしなくなります。

私は、「先生、私は〇〇の病気になったので、しばらくそちらの病気の

治療に専念したいと思うので、そちらに通院できません」

という言葉を何度患者さんから聞いたでしょうか?

「〇〇さん、その病気と口の中は関係があるのですよ。

口の中を治さなければ病気も悪化しますよ」と何度心の中で

つぶやいたかわかりません。

オーラルキュア(治療)も大事ですが、オーラルケアがもっとも

大事です。

歯科の病気が、歯だけの問題だという認識を改めて、欧米並みに

歯や歯並び・かみ合わせが健康のために大事だという事に

多くの人に気が付いてほしいと願っています。

歯科医院で、頭痛や首のこり、肩こり、腰痛、便秘が改善したり、

ガンや様々な慢性疾患の患者さんの治療のサポートをする時代です。

オーラルケアを見直してみませんか?

歯を守るかかりつけ医(ホームドクター)
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ