«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月30日

9月もあっという間に過ぎました。

今月もむし歯で新たに歯を削る事はほとんどありませんでした。

子供のむし歯は、一人だけ治療しました。

ただ、矯正治療の患者さんだったので治療費は矯正費用に含まれるために

無料ですので、保険の請求はしていません。

歯を削るのは、最小限にしているので、麻酔の注射は今月は一回も

使っていません。

私が全身的に診ているガンの患者さんの再発や転移はありませんでした。

保健所の1歳半児健診で、むし歯の子供はいませんでした。

むし歯の患者さんは、ほとんど撲滅状態ですが、

過去に他院で治療した歯の再治療や他院から当院に転院されてくる

患者さんの治療のやり直しは増えています。

新規の患者さんは、歯の治療だけが目的の人はほとんどいなくなりました。

矯正の患者さんも含めて、歯科の問題が患者さんの心身に影響している事に

気付き始めている患者さんが少しづつ増えています。

地元で、むし歯をなくした現在、口から健康に、口から病気の治療を

望む患者さんが確実に増えています。

現在の身体も心の病気の大半が口の退化から来ている事を

実感している人はまだまだいないと思います。

また、最近話題の腸内最近や腸内フローラが、口腔内細菌と連携している事を

知っている人はほとんどいないと思います。

歯科医が、腸内細菌や食事や整体について考えている事に不思議に

思う方もいるとは思いますが、医学は知らない内に進歩しています。

公に話せない事も多いので、ここでは書けない事も多いのですが、

私の患者さんには、できるだけお話ししています。

10月もよろしくお願いします。

2015年9月16日

当院では、お口の中を通して全身の慢性疾患や

心身の不快な症状の改善に取り組んでいます。

どうして、歯科の治療や予防処置で全身の不調や心の不調が治るのか?

関連性が考えられない?信じられない?患者さんが多くいます。

確かに、従来の歯科医院では歯が痛くなったり、歯茎が腫れたり

差し歯がとれたりした時だけ行く所というイメージがあると思いますが、

当院では、ガンの患者さんが再発や転移の防止のために通院されて

いたり、糖尿病の患者さんが糖尿病薬を飲まなくてもいいように通院されています。

矯正治療で、かみ合わせを治したら、何十年来の腰痛がまったくなくたったり、

根管治療や歯周病の治療をして口の中の炎症をなくしたら

アトピーやリウマチ・潰瘍性大腸炎やじんましんの症状が改善したり

まったくでなくなった人はたくさんいます。

私自身も最初は、偶然だと思う事が多かったのですが、現在では

これらの病気と歯科疾患の関連性が世界的に報告されるように

なったので、私は不思議に思わないのですが、患者さんは

何年も何十年も病院に通院しても治らないので、それが歯科治療で

治ってしまう事が理解できないようです。

身体も心も健康の入口は、口であるという事が世の中の多くの人に

わかってもらえる日が来てくれることをひそかに願っています。

2015年8月30日

今日は、朝から世界最先端の根管治療のセミナーに参加してきました。

第7回エンドサミット.jpg


第7回エンドサミット⑥.jpg

第7回エンドサミット③.jpg


アメリカからギリシャから日本からそれぞれの国を代表する

歯内療法(根管治療)の専門家が貴重なお話しをしてくれました。

日本では、歯の神経を比較的簡単にとる事が多いと思いますが、

世界で最先端の世界では、どうしたら神経を取らずに済むか?

また神経を取る事になっても神経を再生できないか?という

再生療法の試みが行われています。

日本では、根管治療は軽視されていますが、世界では歯科の世界でも

最重要視されている事が改めて認識される一日でした。

私と同じように根管治療の重要性を理解されている先生方が

全国から定員一杯の200名、朝の10時から夜の7時過ぎまで

昼休みも講義が押して、予定の時間を大幅に超えて

多くの質問がでました。

私たち保険医は勉強してもしなくても保険の点数は変わりません。

日曜日に自腹を切って講習会に出るのもゴルフに行くのも

診療をするのも寝ているのも自由です。

私は、こうして歯科医療に熱い想いの先生方と勉強している人生を

選択しました。

ふと気が付いたら歯の神経を取る事も歯を削る事もなくなって患者さんも

収入も減少しました。社会人としては、失格ですが

歯科医師としては成功したと思っています。

むし歯がなくなったわが街は、実は世界最先端なのではないかと思っています。

2015年7月25日

当院は、60年近くこの地で、歯科医療を行ってきました。

60年という歳月は、歯科医療のみならず、人々の日々の生活も

まったく違うものに変えてしまいました。

たとえば、60年前、テレビは白黒テレビで高価だったので、

どこの家庭にもあるわけではなくて、テレビを持っている事が

一種のスターテスシンボルになっていました。

それが、今では小学生でも携帯電話を持ち歩き、携帯でテレビ番組を

国民一人一人が見れるのですから世の中の進歩は、大変なものが

あると思います。

一方、医療はというと、歯科医療に関しては、60年前はむし歯や

歯周病で歯を失う人は、今の数十倍いて、50代から60代で

総入れ歯の人もめずらしい事ではありませんでした。

子供のむし歯は、戦後増え続けて、ピーク時の昭和40年代には

95%近くの子供が虫歯になっていました。

それが、今では、子供のむし歯は3歳児で1~2%、12歳児で10%行くかどうか

大人でもいわゆる甘いものが原因のむし歯は、当院では予防歯科を

少しでも実践している患者さんでは、ほとんどいなくなりました。

つまり、むし歯も歯周病も予防を行なえば、ほぼ過去の病気

なりつつあるという処まできています。(当院の予防歯科の話しです)

医科の分野はどうでしょうか?60年前は、細菌の感染症が主流でした。

子供の病気と云えば、蓄膿症・盲腸・扁桃腺肥大・目の感染症・食中毒

がむし歯同様普通に多かった時代です。

花粉症やアトピー・アレルギー疾患・白血病・腎臓病・糖尿病・頭痛などの

大人と同じ病気になる子供はあまり聞いたことがありませんでした。

大人も死亡原因の順位は、

1位 脳卒中

2位 心臓病

3位 ガン
でした。

それが60年後の今では

1位 ガン

2位 心臓病

3位 肺炎

4位 脳卒中

と大幅に順位が入れ替わっています。

この中で、歯科疾患に直接かかわっているのは肺炎です。

呼吸も飲食物もすべて口を通して入ってくるので、当たり前の話しです。

肺炎は、全人口に対しては3位ですが、65歳以上では死亡原因の

1位です。

2位の心臓病と4位の脳卒中の多くは、血管の動脈硬化や血管が

もろくなったり、血流が悪くなる事で起こります。

歯周病は、動脈硬化の直接的な原因であり、血管をもろくする糖尿病や

高血糖の原因は歯周病や咬めない歯並びです。

歯並びや咬み合わせが悪いと、口呼吸になり、身体はゆがんで

自律神経の働きが悪くなって、筋肉のこりや身体の痛みをともなって、

全身・局部の血行を悪くなります。

その結果が脳卒中や心臓病へとつながっていきます。

そして、1位のガンですが、今までの話しでこれらの病気はすべて

共通している事がわかると思います。

ガンの原因の大半が、低酸素と低体温ですから

口の中がきれいで呼吸が正しく行われて、質の良い空気が肺に

入って、歯並びや咬み合わせが良くて、むし歯や歯周病がない自分の歯で

自然な食べ物を良く噛んで食べられれば、栄養も過不足なく摂れて

身体のゆがみによる血行不良がなければ、

低体温にも低酸素にもなりませんので、

ガンは今の半分以下に減らせると思います。

子供の時から歯や歯並びに、気を遣い、高校生までに歯の矯正を

しない子供の方が少ないというアメリカでは、

ガンが減少しているという事実を知っている人は少ないのかもしれません。


日本は、病気になることもならないようにする事も

どちらも選択する事ができるので、本当に素晴らしい国だと思います

私は、むし歯をなくす事が出来ました。

歯周病の悪化を食い止める事も今では比較的簡単にできるようになりました。

歯科の世界で今問題になっている事は、歯や歯並びや咬みあわせを

正しくして、食事を変える事で多くの病気(心も身体も)を

防ぐ事が出来る事を国民にどのように伝えらるかという事と

それによって健康な人を増やして増大し続ける医療・介護・福祉の

費用を抑えられるかという事です。

歯が痛いから歯医者に行く から 病気にならないように歯科医院に

行くという時代が来ればいいと思っています

2015年7月24日

最近、歯科医師会でも歯科の世界規模の集まりでも

むし歯や歯周病の予防という話しは、年々少なくなっています。

歯科医師のトップの方では、むし歯や歯周病の予防や治療は手段であって、

歯科医療の目的は、人が最後まで自分の口から食べられる

人生を支える事であり、医療や介護の必要のない自立した生活を

生涯送れるように導く事が真の目的であると考えています。

実際、日本でも当院ある地区のように、患者さんと歯科医師の努力で、

事実上むし歯の治療はほぼ皆無に近い状態になり、

歯周病も重症化する事やそのために歯を抜く人がほぼいない状態では、

むし歯や歯周病の予防は、歯の病気の予防と云うよりは、

歯科の病気に関連した身近な病気では、風邪や鼻炎からガンや糖尿病

アレルギー疾患、心臓病、脳梗塞、肝臓病、心臓病・痴呆症などの全身疾患の

予防に発展しています。

むし歯や歯周病や歯並び・かみ合わせの問題が、歯科だけの

問題ではない事は、今では多くの人が知っています。

大きな総合病院にくる患者さんの、ほとんどは歯や歯並びが悪いと

医療スタッフの多くは思っています。

全身の病気の原因は、口の中をみればわかるという時代が

もうそこまで来ています。

その事にほとんどの人が気が付いていません。

誰れかが気が付かなければ、ガンもその他の病気も、増える一方です。

2015年7月16日

私の歯科医院がある街では、事実上むし歯の子供は

ほとんどいなくなりました。

川崎市全体でも3歳児までのむし歯の有病者率は政令指定都市の中で

日本一少ない都市になっています。


3歳時 虫歯.jpg


かつては、大人も子供も虫歯のない人がいない時期がありました。

むし歯や歯周病で40代でも歯を失う人が、たくさんいました。

60代で総入れ歯の人もめずらしい事ではありませんでした。

今では、親知らず以外で歯を抜く人は、数か月に1人いるかどうか、

歯周病で歯を抜く人もまったくいません。

これが、予防歯科の実力です。

それでは、歯科医はいらないではないかという声が聞こえてきそうです。

本当にその通りですが、実はもっと大きな問題が歯科にはたくさんあります。

・口呼吸

・睡眠時無呼吸症候群

・狭い顎

・動かない顎

・かみ合わせのズレから身体全体のゆがみ

・歯周病から全身疾患や身体の不調

・口腔内細菌と腸内細菌の連動性(口腔内環境と腸内環境)

・唾液のちからの低下

・舌の弱体化で味覚の変化

・病巣感染(病巣疾患)

・歯科用金属のアレルギーと微弱電流の全身への影響

まだまだ、たくさんありますが、現代医学では原因不明や

治療方法のない病気や身体や心の不調が実は口の中や

そのまわりにあったという報告は、世界中で次々と報告されて

います。

歯科医師が、むし歯や歯周病をこれだけ減らせたのですから

医学の進歩が著しい世の中で、ガンやその他の慢性病が

減らない理由はありません。

あなたの病気や身体の不調は、口と足と便をみればわかります!?

そんな時代がもうすぐそこまできています。


2015年7月 8日

病巣感染」と云う概念が少しずつ医師・歯科医師の間で広まっています。

一般の人にはなじみが薄いかもしれませんが、

簡単にいうと、身体や心の病気や症状の原因が、その部位(場所)に

あるのではなく、全然関係のない身体の遠い部位(場所)の

慢性的な炎症(感染)にあるという概念です。

歯科でいうと、歯周病や根の病気を治すことによって糖尿病・動脈硬化

リウマチ・アトピー・皮膚病・潰瘍性大腸炎などが治ったり、

改善したりする現象をいいます。

患者さんは、驚いてほとんどの人がなかなか信じてもらえませんが、

その人の病気の根本原因がお口の中にあれば、原因が

なくなれば良くなるという考えです。

その病巣感染という考えが、最近の免疫学の進歩によって、

単に細菌が関与している炎症(感染)だけでなく、免疫細胞や炎症物質が

関与したケースも含めて考えなければならなくなり、

病巣感染→病巣疾患 になりました。

そんな病巣疾患を考える医師・歯科医師の研究会である

日本病巣疾患研究会も早いもので今年で第3回目を迎えました。

会長の内科医 堀田修先生のコメントの一部をを載せさせていただきます。


『患者の全体を俯瞰しながら部分を診る(「木を見て森も見る」)医療』の

スローガンを掲げ、2013年9月に日本病巣研究会設立総会が行われ、

今年は第3回目となります。
 
眼前の患者さんに小手先の対症治療を行なうのみでなく、根本治療を行うためには

患者さん毎に病気の根本原因を探ることが不可欠です。
 
食物と空気の入り口である口腔と咽頭はその特性から、全身に様々な影響を

及ぼすことは自明です。

それゆえ、「口腔と全身」「咽頭と全身」という視点が根本治療を

目指す医療には欠かせません。

そこで歯科と医科の連携、耳鼻咽喉科と耳鼻咽喉科以外の診療科の連携が

必要となります。

本会は専門領域の垣根を越えて互いに見識を高めあうことを目指しています。

                             第3回日本病巣疾患研究会より抜粋


私はこの研究会が、現代医療では解決が難しい多くの慢性疾患や

心と身体の不調に悩んでいる患者さんのお役に立てることを願っています。

また、できるだけ多くの医師・歯科医師の先生方のご参加をお願いしたいと

思います 

2015年7月 6日

歯からくる感染症の中には、お口の中の歯周病菌などの菌が

直接血管に入り、全身をめぐる菌血症があります。


その他に、問題になるのは、歯性病巣感染と呼ばれる歯の細菌感染が

もたらす全身の他の臓器や組織に障害を起こさせる感染です。

病巣感染の定義はいろいろありますが、

身体のどこかに限局した慢性炎症があり、それ自体はほとんど無症状か

時には軽微な症状を呈するにすぎないが、それが原因となって原病巣から

直接関連のないと思われる遠隔の諸臓器に反応性の器質的あるいは

機能的障害(2次疾患)を起こす病像」(Gutzeit & Parade1939年)が

有名です。

病巣疾患の原病巣が口の中にある場合を歯性病巣感染と呼びます。

むし歯や歯周病や口内炎などの原病巣に自覚症状はなくても

その慢性炎症性病巣を放置すると、それが原因となっていろいろな

全身の病気や不調をつくりだしているかもしれません。

最近、ガンをはじめ痴呆症や原因不明の病気の若年化が問題に

なっています。

身体の隅々まで丹念に調べれば、病気の原因がわかるかもしれません


2015年7月 4日

当院に通院される患者さんの目的は様々です。

私が、歯科医師で鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師の4つの免許

持っていて、食事療法や(整体の理論を取り入れた)運動療法など

生活習慣改善の保健指導を行っているので、単に歯の治療だけでなく

身体や心の不調についても相談される患者さんが大勢います。

そんな毎日で私が患者さんに対していつも心がけている事は

未病を治す」(東洋医学ではいまだやまざるをちすと読みます)

という中国の古典「古い書物」に出てくる言葉です。

未病とは、健康と病気の間で、完全な健康ではないが、

病気として病名がつかない状態です。

つまり、身体や心の不調があって、病院に行っても異常がないと

云われたり、病院に行くほどではないけれど何となくおかしいという

軽い症状がある場合です。

病気は、なってから治療するよりも未病の段階で見つけて、

治せばひどい事にならなくてすむという意味でつかわれた言葉です。

私が、歯科医師で鍼灸その他の補完・代替医療と取り入れている事や

歯科医師としても矯正治療やかみ合わせの治療・根管治療や歯周病の

治療に特に力を入れているのは、

正にこの「未病を治す」という言葉を実践するためです。


未病の意味をわかってくれる人が少ないのが、難点ですが、

これから高齢化が進んで来れば、東洋医学(漢方医学)や他の

代替療法が見直され、未病という言葉が

普通に使われる時代が来るかもしれません。

2015年7月 3日

当院では、ガンをはじめ全身の慢性疾患の患者さんの

口腔ケアと保健指導を行っています。

患者さんは、私にガンの転移や再発を予防したり、

糖尿病や膠原病、炎症性腸疾患、アトピー性皮膚炎、喘息、、、、

の改善を期待して通院されています。

歯科医師なのになんで?と思う人がいるかもしれませんが、

今や歯科疾患が全身疾患に関連があることが、次々と明らかになっています。


口腔内細菌&腸内細菌.jpg

日本歯科医師会雑誌 4月号より引用

最近話題の腸内環境や腸内フローラ・腸内細菌と云われる

腸に関係した事が注目されるようになったのは、ごくごく最近の事です。

それまでは、腸は、大腸がんや病気としてのとらえられ方はされていましたが、

腸内環境や細菌叢まで、とりあげられる時代がくるとは思いませんでした。

私は、40年腸内環境について研究し、30年口腔内環境についても

研究して、口腔内細菌と腸内細菌と皮膚の常在菌との関連について、

研究してきましたが、歯科の世界ではそこまで考えている人はいませんでした。

それが今になって、急に認めるくれる人が医学界の一部からでも

こうして出てくれたことは、本当にありがたいと思っています。

それまでは、歯科医院で腸内環境の検査の話しをしたり、

腸内細菌の善玉菌や悪玉菌の話しをすると患者さんから

???という反応をされてしまい、理解してもらうのに大変でした。

今も大変なのは変わりがないのですが、以前に較べたら

話しやすい世の中になったな と思います。

少しでも多くの人に口腔内細菌と腸内細菌の関係を

知ってもらいたいと切に願っています。

病巣感染・病巣疾患
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ