«  2015年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年4月26日

昨今、タービン(歯を削る器具)などの歯科用器具の使いまわしが

新聞等で大きな波紋を呼んでいます。

そんな中、我々POIC®研究会では、治療器具の消毒・滅菌はもちろんの事

診療室全体を流れる水まるごと、除菌水によって、

細菌数0にまで殺菌する事により安心・安全な環境下での治療を

おこなっています。

つまり、治療中もタービンなどの治療器具やうがいの水・手洗い場に

殺菌水が流れているので、治療そのものが殺菌下で行われているのです。

そのためには、POICエコシステムという院内除菌システムを作り出す機械と

さらに、院内の治療や自宅でのホーム・ケアに使用する

タンパク分解除菌水生成器を使っています。

invis77092.jpg


この2台の除菌システムをもちいることにより、飛躍的に

治療成績を上げる事ができています。

当院ではうがいする事も殺菌につながっているのです。


そんな除菌水を診療に取り入れて、日夜

安心・安全・そして誠実な医療を求めて診療されている仲間の

研究会がPOIC®研究会です。


くわしくはPOIC®研究会HP http://poic.org/


当日は、日曜日にもかかわざる遠く仙台や南は四国や九州から

同じ志をもつ会員の先生方が集まって、医科歯科の垣根をこえた

講演に耳を傾けていました。

きっと各自が持ち帰って明日からの診療に役立ててくれると

思います。

開業している所は、まったく違いますが全国に同じ気持ちで診療を

行なっている仲間でいると思うと本当にうれしくなります。

また、しばらく会えない先生もいますが、同じ志しを持つ者同士

他の学会や研究会のどこかでまたすぐに会えるので、

勉強や研究を続ける励みになっています。

昨日は世界から,今日は日本中から,同じ思いをもつ先生方と医科歯科の

わくをこえたつながりが生まれた事を実感しました。

本当に時代が変わっていっている事を感じる2日間でした

2014年7月28日

当院の1日は、一般の人が考える歯科医院の治療風景はほとんどありません。

あの嫌な「キーンッ」という歯を削る音は、ほとんど聞こえませんし、

(歯を削ったり、神経をとったり、歯を抜く事はほとんどありません)

歯の型をとって、インレーやクラウン、ブリッジや入れ歯をつくることも

めったにしません。

そんな事では、一般的には歯科医院の経営は成り立ちませんが、

1日1食にして、食費を切り詰めたりして何とかやっています。


ところで、今日の全身疾患の一人目ですが、リウマチの患者さんの根管治療です。

1,2回の根管治療で全身の関節の痛みが大幅に消失して、手のこわばりや

腫れが引いてきました。最初はいつものように信じてくれなかったのですが、

飲んでたリウマチの薬と痛み止めが薬疹で飲めなくなったのと、今の

治療は、根管治療とお口の中の清掃治療のみなので、

毎度のように「信じられないけど、本当にこんなことってあるのですね」と

不思議がっていました。(うちではよくある事ですけど、、、)


その次は、他院での根管治療のやり直しの患者さん。本当にひどい状態で

来られたので治せてよかった、今日は最終日、土台をいれて歯をつけて

終わりました。神経とった後の根管治療の大切さがわかってもらえたでしょうか?


その次は、糖尿病の患者さん、当院で診るようになって、体重はなかなか減りませんが

食事の量と質を管理されているようで、何とかお薬を飲むところまではいきません。

口の中をてPOIC WATERで洗浄して、オーラループでPMTC、口腔内の

細菌叢をコントロールするだけで、糖尿病の状態は良くなってくれます。

糖尿病は、国も医師会も歯科医師会も学会も

内科と歯科の両方で治療すべき疾患としていますが、

その事を知っている人はすくないし、糖尿病は年々増加しています。


あとは、SH療法の患者さん、インビザラインの患者さんと

矯正の患者さんが続きます。当院の矯正治療は、見た目もそうですが、

全身のパフォーマンスを上げて、その人が生きやすくすることを

目標にしていますので、あまり、ワイヤー矯正はしていません。


そして、ガンの患者さん、しばらく身体の具合が悪いとキャンセルが続いたので

ガンの再発かと心配していましたが、何のことはなく

患者さんは、先生の歯科治療と保健指導に出会ってから抗がん剤の治療で、

いつも元気がなくて、憂鬱な日々をすごしていたのが、嘘のように元気になって

明るい気持ちで生活できるようになり、体重は自然と5キロ減り、周りからは

ガンで具合が悪いのかと思われているが、自分自身は以前よりはるかに

元気で、指導した運動療法でウェストも細くなりスタイルも良くなって、

腰痛もなくなり、食事がこんなに人の身体も心もかけてしまうなんて

今まで想像もできなかったといていました。

また、あれだけ好きだった肉や脂っこいものは、あまり食べたくなくなり

野菜をたくさん食べるようになったとの事で、元気になり過ぎてオーバーワークが

気になるもののガンの闘病中ですら人を良くかえてしまう食事や生活習慣の

力に改めて驚かされます。


最後は、潰瘍性大腸炎の患者さん、おそらく原因と思われる歯を根の治療を

すると腸の状態が良くなったり悪くなったりを繰り返していましたが、

徐々に歯の状態が根管治療だけでは、もたせられないと判断し、

久しぶりの下血があったので、苦渋の決断でしたが、前回、抜歯しました。

それ以来、長年、患者さんを苦しめて難病指定で、投薬や内視鏡検査をしていた

潰瘍性大腸炎の症状はまったくおきなくなったそうです。

こんなことは、当院ではよくある事ですが、世間では不思議な事の様です。

これらは、病巣感染(病巣疾患)とよばれていて、100年も前にわかっていた事です。

そこに、現代の最先端の高度の技術と安保徹先生の自律神経免疫理論を

組み合わせれば、さして特別な事ではありません。

みんなが知らないだけ、信じないだけ、難病だと思っているだけです。

2014年7月27日

現代では、あまりにも社会が複雑になり、単に医学だけを研究していても

治療がうまくいきません。

そこには、現代をとりまく社会問題や・環境問題・世界的な人類学・

食の問題・医療の問題・宗教や個人のライフスタイルの多様化と

さまざまな要因が、患者さんの病の背景にある事を知っていなければ

現代医療(保険診療)には、おのずと限界が生じます。

当院では、ガンや糖尿病・膠原病(リウマチ)・婦人科系の疾患・慢性疲労症候群

アトピーなどのアレルギー疾患等をかかえた歯科に問題のある患者さんが

見えます。

そういった患者さんが、なぜ歯科の治療と保健指導だけで、良くなっていくのか?

患者さんたちは、皆驚いていますが、その秘密は

こういった歯学・医学を洋の東西を問わず研究している事と、医学的な

問題以外に広く社会に、病気の原因をさがす努力をしているからだと思います。

そこまでやる歯科医師は、少ないと思います。

休日返上、お金のほとんどをセミナー、学会、本代に費やして、

それでも足りないので、食費を削って1日1食にしていますが、そんな私でも

信じてくれない患者さんの方が多くて、まわりがガンやその他の病気で

苦しんでいる人達をみていて、治す方法はあるのに、残念な世の中だと

つくづく感じます。

知らないだけ、信じないだけなんです。

2014年5月18日

新聞にこんな記事が出ていました。

現代に、本当にこんな事があるのでしょうか?

記事には、特定の県としか書いてないので、どこの話しかわかりませんが、

今や患者さんごとに器具の交換、滅菌消毒は当たり前ですし、

手袋も患者さんごとに使い捨ては当然、ディスポ(使い捨て)にできる物は

患者さんごとに使い捨てです。

こんなことはうちの地域では常識だと思っています。

さらにその上、当院ではその滅菌・消毒した機器からでる水・患者さんがうがいをする水

手洗い場の水・歯の模型をつくる石膏を練る水・・・・・診療室で全体に殺菌水を

配管していますので、機器はもちろん治療中も

細菌ゼロの環境下にて診療をしています。

当院は歯科治療水安全認定施設の認定を受けています。

詳しくはPOICのHP http://poic.org/ をごらん下さい。


私は、この記事が最近のデータかどうか疑問に思いますが、

全国紙に出ることにその影響を考えると複雑な気持ちになります。


歯削る機器、滅菌せず再使用7割...院内感染懸念


読売新聞 より抜粋


 歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

 患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

 調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

 調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。

 滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。

 別の県でも同じ調査を07~13年に4回行い、使い回しの割合は平均71%だった


2014年3月 8日

今日は、午後から診療をお休みさせていただき、

ドックベストセメントの第一人者、小峰一雄先生が主催するシンポジウム

参加して来ました。

※アンチエイジングブログと内容が重複します。

今日のコンセプトは「対症療法から原因療法へ(根本療法)」という事で

「医科歯科連携」を提唱されている内科医のM先生に、

「歯科的な要因による内科疾患の症例提示」という事で、

お話しをしていただきました。

M先生は現在、一般に原因不明といわれる慢性疾患、特に慢性疲労症候群、

その他の精神疾患と、関節リウマチなどを中心とした自己免疫疾患に対して

真の原因をみつけ、そこにアプローチを行う、根本治療外来を行っています。

真の原因の一端に、むし歯や歯周病、根管治療の問題、歯科金属が

関係しているとされて、アメリカの医師や歯科医師から学び、

医科と歯科が連携する事によって、様々な疾患の改善に成功されており、

その中で特に歯科に原因の多くがあった症例に対して、お話しをして

いただきました。


当院にも、ガンをはじめ糖尿病、アトピーなどのアレルギー疾患、関節リウマチ・

膠原病などの自己免疫疾患などのお口の中にトラブルをかかえて、

それらの生活習慣病や原因不明の慢性疾患もかかえている患者さんが

多く来院されます。

そういった患者さんを私は、歯科治療と保健指導という歯科の領域だけで

改善してきました。

今まではその患者さん達に、どうして歯科治療で良くなるのかが

理解されない事の方が、多かったので、

こういった医師の先生が、いる事は本当にありがたいと思っています。


私のブログを読んでくれる人は少ないと思いますが、

私のHPのメインが、歯科ではほとんど治療が困難で、最大の赤字部門といわれる

「保険診療の根管治療」である意味がわかってもらえれば幸いです。

むし歯も歯周病も根尖病巣も歯並びも歯科だけの問題ではなく全身の問題に

関与しているかもしれません。

2013年7月24日

エピオスエコシステム①.jpg


当院での高度な根管治療、歯を削らない虫歯治療、歯の神経をとらない虫歯治療、

手術や歯を抜かない歯周病治療を支えてくれているシステムです。

治療の椅子から出るうがいの水,歯を削る機械、歯科医師やスタッフの手を洗う場所や

消毒室、すべての場所から殺菌水が流れていますので、診療室内でのすべての

行為が殺菌下で行われています。

使用する器具の消毒・滅菌は最低限の項目で、当院ではその先を行くシステムで

診療を行っています。

使用する器具の消毒・滅菌だけでは保険で高度な根管治療はできません

口の中や歯の中は細菌で汚染されています。器具を消毒してもうがいしたら、

歯を削ったら、歯石をとったら細菌や汚染されたものが出てきます。

それを連続殺菌しながら治療していく事により高度な根管治療を達成しています。

2013年5月 7日

DSCN0977.JPG

当院では、院内感染予防をはじめ下記のように患者さんにやさしく効果のある

オゾン水生成装置を使っています。

1.抜歯や歯周外科など手術時にオゾン水を使う事で、止血効果が期待され手術野の視界が
 
 明瞭となり手術時間の短縮や手術がしやすくなる.

2.手術時、オゾン水で除菌・殺菌しているので手術後の感染を減らす事が可 能になる。

3.オゾン水で口の中を洗浄した後、患者さん自身が口臭が軽減したと実感できる。

4.イリゲーターで根管内までオゾン水を送り込むことができるので

 根管治療の回数軽減につながる。

5.根管内洗浄に、薬を使う頻度が減る。

6.細菌やウイルスに触れたオゾン水は水と酸素に分解されるので、安心して使用できる

7.患者さんの口や手の洗浄に安心して使える。(薬の濃度調整の必要がない)


かなりの部分が、当院で使用しているタンパク分解型除菌水(POIC水)と用途・効果が

重なってしまいますが、どちらも超純水を使用しており、

添加物も薬物も一切使用していない、身体にやさしいお水です。

オゾン水(超純水)
POIC水(超純水+高純度の塩)


2013年3月22日

歯科診療は、口の中という実はからだの中で細菌学的にはもっとも悪い環境の所を

治療しなくてはならない大変な作業なのです。

そのため、器具の消毒や滅菌には2重、3重のシステムを使って行っています。

それでも器具は消毒できたとしても治療の椅子の配管の中や口の中には、

細菌が残っていて、せっかく治療の前に器具の消毒や滅菌をしても

治療を始めたと途端に、すぐに汚染されてしまいます

これはラバーダムを使っても汚染されてしまいます。

その対策として当院では、治療中も連続して殺菌できるシステム(エピオスエコシステム)を

導入しています。

このシステムは、細菌などの微生物を殺菌する水を院内で使用するすべての配管に

通すことにより、歯を削っていても うがいしても 歯石をとっている時も スタッフの手洗いと

いったあらゆるシーンで殺菌に使われています。

当院での治療は、すべて殺菌の水を使って行われるので、安心の上に治療の成功率も

上がります↑横浜市の休日急患診療所にも導入されている安心のシステムです。

DSCN0968.JPG


2013年3月 3日

当院は、院内感染予防と治療に対してPOIC ®ウォーターを使用しています。

POIC®ウォーターについては、

http://poic.org/poicwater.html

を参照して下さい。

院内感染予防
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
長野歯科医院 副院長 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/

【所属団体】
・日本抗加齢医学会 専門医
・日本健康医療学会(理事)
・日本顎咬合学会認定医
・国際インプラント学会(AIAI)認定医
・ドイツインプラント学会(DGZI)認定医
・国際抗老化再生医療学会       生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会        口腔漢方相談医
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

モンレーブブログ