«  2015年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年8月22日

今や医学の進歩も2つの大きな流れに分かれてきています。

一つは、健康保険を使った診療に代表される病気や症状がひどくなったら

医者に診てもらい、手術や薬や放射線治療を受けるという疾病・治療医学。

ここで、大切な事は早期発見、早期治療です。

この分野では、ガンや心臓病や脳卒中は40代から50代にかけて、

中高年で増加して、命を失うケースもこの年代から顕著にでてきます。

また、従来は成人の病気だったものが、低年齢化がすすむ傾向になっています。

また、医学が発達すればするほど、病気の種類や数は増える傾向にあります。

数少ない例外は、歯科の分野で、病気の種類と数は年々減少しています。

もう一つの分野は、予防医学や自然医学といわれる医学です。

この分野では、病気や身体の不調はその原因がその人個人の中にあると

云う考えを持っているので、努力次第では人間は理論的に125歳まで

生きられると考えられており、60歳(還暦)でちょうど人生の半分と

考える医師も多くいて、40代や50代で病気で死んだり、重い身体の不調に

悩まされることは通常はありえないと考えられています。


私は、歯科医師・鍼灸師・マッサージ師・整体師・食事療法医・分子栄養学・

ヨガなど幅広い医学や医療に携わっているので、

多くの学会や研究会に所属していますが、

この2つの医学の中で、いつも不思議に思っています。


最初に記した医学のなかでは、50代ともなると毎年のようにガンとかで

同年代かそれ以下の若い世代の歯科医師や医師が亡くなっています。

もう一つの予防医学の世界では、50代は若くて(歯科大学では現役の教授クラス)

60代で皆元気いっぱいで、70代・80代でも体力的な衰えはあるのかも

しれませんが、病気とは無縁でさらに驚くことは、

80代の先生方が、5年後や10年後の夢や話しをされている事です。


日本は、平均寿命は世界トップクラスですが、健康寿命はそれよりも10歳近く

低いと言われています。

確かに、ガンや痴呆症や糖尿病などが身近な話題として目につくように

なりましたが、

私の身近な人や身内には、そういった病気になった人はほとんどいません。

みんな80歳を過ぎても元気です。

私の知る限りでは、その違いはお口の中と腸内環境と呼吸と食事に関係があると

思います。

病気になって病院に通院や入院する事も病気とは無縁で、健康的に

死ぬまで元気に過ごせる事もどちらでも自由に選択できるのが

現代の医学です。

どんな病気や身体の不調にもその人なりの原因があります。

原因を探るか、症状を抑えるか選択は自由です。

2015年8月19日

東京都と川崎市の間を流れているのが多摩川です。

私たち川崎の人間にとっても対岸の東京の人たちにとっても

母なる川と言っていい位、小さい頃からたくさんの想い出のある川です。

地元の人間にとっては、とても大切な川なのですが、

子供の時は、日本が高度成長時代の真っただ中、

成長の代償として多摩川の水質は徐々に悪くなっていきました。

戦後しばらくは、子供たちが泳げる位きれいな川が十数年で、

急激に汚れて流れも悪い川に変わっていきました。

小学校の頃には川は中性洗剤の泡だらけで、

ひどい時には、今ではとても想像もできない光景ですが

川から大量の泡がシャボン玉となって舞い上がり、

橋の上を通っている東横線が泡に覆われて走行不能になってしまいました。

その頃の多摩川はとてもまともな魚が棲める川ではありませんでした。

その原因は、高度成長経済が生み出した便利や快適さを追求した

自然を無視した文明がもたらした汚染でした。

川の上流からは工場排水や下水道の垂れ流し、中流ではごみや廃棄物の投棄、

下流や河口部では海からの汚染の逆流や川の流れのせき止めによって、

多摩川は上中下流と川全体が汚染されていたのです。

あれから半世紀、50年以上経って、まともに生物が棲める状況でなかった

多摩川を上流・中流・下流へと浄化を進める事で、

天然のアユが棲めるきれいな川に変えていきました。


アユはきれいな川でないと生きられないので、

アユの存在自体が清流の基準となっていて、

それも食用になるアユが戻ってきた事で、多摩川は60年近く前の

状態に戻ったといえると思います。


多摩川をヒトの身体に置き換えてみると、60年前にきわめて稀な

ガンやその他の現代病が中高年はともかく、若い人や幼い子供たちにまで

広がっているのが、今の現状です。

最近聞いた話では、4歳の子供が脳腫瘍で亡くなった両親の

話しとして、その子はコーヒーが大好きで、それも砂糖を何杯もいれる

コーヒーが大好きだったとの事でした。

そんなことをする親は、昔はいませんでした。子供のガンもほぼありませんでした。


多摩川の浄化には成功しましたが、ヒトの汚染は進行するばかりです。

むし歯のない街は達成されました。

次に狙っているのがガンの撲滅です。

その目標は、多摩川の汚染と浄化の過程をみていく事で、

病気はほぼなくなる事が分かっています。

病気はほとんどないのかもしれません。


2015年8月 1日

テレビやインターネットを見ていると、若くしてガンやいろんな難病になって、

苦しんでいる人が年々増えているような気がします。

子供の病気も増えて、大昔に流行った病気がこの医学が発達した世の中で

再度流行して、注意警報のようなものまで出てきています。

手足口病やリンゴ病やインフルエンザにノロウィルス・・・・・・・

いろんな病気が子供たちに起こっています。

脳腫瘍や白血病・アトピーやアレルギー疾患など

昔は稀だった病気にかかる子供たちの話しを良く聞くようになりました。

昔は、少なかった病気やほぼ根絶されたと思われる病気が増えて

いる事に、多くの人が気付かない事が不思議でなりません。

医学は、すごい勢いで進歩しています。

病名の数もやはりすごい勢いで増えています。

私のまわりには、若くしてガンや難病になった人は一人もいません。

子供の深刻な病気の話しも聞いたことがありません。

(タバコが原因でガンや心臓病になった人はいますが、本人が納得の上です)

世の中の人が、もっと予防医療や統合医療や歯に関して興味をもって

もらえれば、救える命は多いと思います

2015年7月23日

日本国民の二人に一人がガンになり、3人に1人がガンで死ぬ。

と、しょっちゅうテレビやいろんな処からやっています。

確かに、40代から50代では、普段付き合いのない昔の友人や

知人がガンで亡くなったという話しは、少しずつ増えてきます。

患者さんの中にもガンになる人が、昨年までは少しずつ増えてきました。

ところが、私の普段から付き合いのある友人・知人や親せきの中で

ガンになったという話しはほとんどありません。

ガンの原因は、免疫学の世界的な権威の安保徹 新潟大名誉教授

よれば、「低酸素と低体温」と云われています。

そのうち、低酸素は口呼吸によっておこります

人間は哺乳動物なので、鼻呼吸でなければいけません。

ところが、今やほとんどの人が口呼吸なので、

血中や細胞内の慢性的な酸素不足が続いています。

というと、「あたしは、昼間は口を閉じて鼻で呼吸しています。」

という方がいます。

それでもよくよく聞いてみると、無意識のうちや寝ている間に

口呼吸になっている人が多いのです。

耳鼻科咽喉科の先生もこれを「かくれ鼻づまり」と言っています。

歯並びや咬み合わせが悪くて、口呼吸の人が増えている現在、

ガンの患者さんが増え続けるの当たり前なのかもしれません


むし歯の原因が砂糖や甘いものだという事は

知らない人はいないでしょう。

それでは、ガンの原因はというと何でしょうか?

現在、原因のわかっているガンはいくつかありますが、

ほとんどのガンの原因は現代医学では残念ながらわかっていません。

ただ、東洋医学や代替医療の医師や歯科医師の間では、

ガンが好む食べ物・飲み物はわかっています。

テレビでも有名な東洋医学の専門医師 日本薬科大学学長の

丁宗鐵 医学博士は、それは糖分だと言っています。

糖分の多い甘いお菓子や飲み物、果物を摂る事は、ガンにエサを

やっているようなものだとおっしゃっています

むし歯とガンの原因lは同じなんですね

確かに、私と同じ予防歯科の専門家にはガンになる人は聞いたことが

ありません。

また、ガンの患者さんで虫歯になった事がない人は見たことはありません。

ガンの患者さんは、歯や歯並びや咬み合わせが悪い人が

多いのです。

今やむし歯をほぼ撲滅したので、次はガンの撲滅が私たちの仕事に

なるかもしれません

2015年7月13日

任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍のため亡くなりました。

私と同じ年でした。

歯科医師過剰時代の真っただ中にいて、世の中では負け組と

呼ばれる歯科医師の対極にいる超一流企業の社長の早すぎる死でした。


ただ、私としては納得がいきません。

今や医学は進歩して、ガンは100%でないにせよ

ほぼ予防が可能な時代です。

米国では、ガンは克服しつつある病気とされていて、お金持ちや

知識人の間では、がんにならないような医療サポートを

受けています。

日本は、健康保険制度の中ではそういった医療は受けられませんが、

ガンを予防する医療を行っている医療機関は、保険外の自由診療ですが

年々増えています。

当院もガンの患者さんのサポートをしています。

私の所属する日本抗加齢医学会や日本健康医療学会や日本統合医学会

日本綜合医学会、自律神経免疫療法研究会、日本病巣疾患研究会などでは、

ガンになった人の話しはほとんど聞いた事がありません。

その代り、75歳以上の先生方が皆お元気で、5年後10年後の

学会の計画を語り合っています。

私の身内や親戚でもガンになるのは、早くて80歳以上で50代で

ガンになったという話しは聞いたことがありません。

なぜ、ガンで早く亡くなる人がいるのか?本当に不思議で残念でなりません。


ともかく、学生時代以来ゲームをする事はなくなりましたが、

岩田社長には、同年代で同じ時期にテレビゲームという心の安らぎを

与えてくれたことに感謝しています。

ご冥福をお祈りします。

ガンを遠ざける食事


ループ なめこあんかけ篤豆腐ランチ.jpg

2015年7月10日

私の家での食事は、玄米菜食です。

小魚や小エビは食べますが、家ではお肉や魚は食べません。

そのかわり、いろいろな付き合いで週に1~2回は外食になるので、

その時は、気分によってお肉でもお魚でもなんでも食べます。

家では、健康の元になる身体にやさしい食事にして、

外では皆と楽しむ食事をとって、心と身体のバランスをとるように

しています。

我が家のある日の夕食です。

DSCN5170.JPG


玄米ごはん(酵素玄米)に黒ゴマをたっぷりかけて、

自家製か無添加で生の味噌を使った具だくさん味噌汁、

野菜はできるだけ生かさっと蒸すかゆでるだけの簡単調理、

タンパク源は、豆腐か納豆や豆類です。

海藻・キノコ類はかかしません。


私の患者さんの中にも玄米食や雑穀食に変えて、体調が良くなったり

自然とダイエットができたり、便秘が解消されてお肌の調子が

良くなる人が増えています。
現在、最先端の医学では白米や肉や乳製品などの摂り過ぎに

警告を発しています。

普段食べる食事を少し見直してみませんか?

DSCN5226.JPG


著者の順天堂大学医学部教授の白澤先生は、

抗加齢医学(通称アンチエイジング)の第一人者です。

私たち、歯科医師や医師・薬剤師は百年も前からこの事を

訴えてきましたが、やっと科学としての医学が証明してくれました。

白米・白パン・砂糖は、できるだけ控えてみませんか?。

2015年6月18日

現在、日本では、ガンをはじめ多くの治療の難しい病気の患者さんが

増えています。

その上、高齢化社会の進展によって、痴呆症やロコモティブシンドロームなど

介護が必要な人も増えています。

長寿では世界屈指の国である日本ですが、健康的に長生きしている人は

あまりいないというのが現状です。

そこで、私が不思議に思う事は、私の身内にはガンに80歳以下で

なる人は誰もいないのと、85歳以下で介護状態になる人は

ほとんどいないという事実です。

私のかかりつけの患者さんにも同じような事がいえて、80歳代でも

皆元気にしています。

元気な人とそうでない人を較べた時に、大きく違うのはお口の中を

みればわかります。

歯科医師は、この事を約100年以上も言い続けてきましたが、

日本ではあまり相手にされません。

それが、現在の医療費や介護・福祉費用の増大を引き起こして、

消費税増税につながっているとしたら本当にさみしい話しではありませんか?


「噛めない人はだめになる」


むし歯や歯周病・歯の根の病気・歯並びや・かみ合わせが悪くて

噛めない人は、全身の健康に影響があると思っている人は

世の中にそう多くはないようです。

歯科の病気が口の中だけの問題だと思っているのは先進国では

日本だけかもしれません。

2015年6月14日

お昼ご飯は、玄米菜食のランチを食べに

武蔵小杉のオーガニックカフェ「ループ]に行きました。

お店の前まで行くと、偶然、知人のご夫婦とお子さんとお会いして

一緒にお店に入りました。

以前から「ループ」の話しをしていましたが、なかなか機会がなくて

今日もお店の場所を知っていたわけではなくて、散歩途中で偶然路地を

曲がったところでばったり会ったとのことでした。


今日の「ループ」は大盛況で、ランチは私が最後で売り切れでした。

ループスープ.jpg

ループ チヂミランチ 2015.06.14.jpg


知人のご夫妻は30代、玄米菜食の食事は物足りないかもしれないけれど、

これから子供をの育てていく中で、こういった食事もある事を

ぜひ知っておいてほしかった、という思いがありました。


私が玄米菜食を始めた40年前は、バブルのはるか前で

高度経済成長の真っただ中で、玄米の話しをしても知っている人も

いない上、知っている人は戦争中に食べたという嫌な経験だけだと

いうような状況でした。

それが、今ではモデルや芸能人や政治家など、有名人も玄米食を

食べている人が増えていて、東横線では都心に向かう一駅ごとに

玄米が食べられる店ができています。

大きな声では言えませんが、国や企業からも私たち玄米菜食や

断食や自然食を治療に応用している医師や歯科医師の元に

セミナーや学会発表や一般の人向けの啓蒙のオファーが来ています。

私のまわりは、健康で元気な人ばかりなので、あまり食事の事を

云いたくないのですが、世の中はガンだとか痴呆だとか

いろんな難病で苦しんでいる人が大勢いるようです。

そんな方たちに、ぜひ歯や歯並び・かみ合わせ・口腔内細菌や

腸内細菌や口呼吸・足のゆがみの問題をみなおして、玄米菜食など

食事に気をつけていただきたいと思います。

2015年6月10日

予防歯科中心の当院では、むし歯や歯周病といった普通の歯科医院で

行っている治療は年々減っています。

その代りに、歯の治療と矯正治療を通して、全身の不調を治すことを目的として

日々の診療にあたっています。

主にガンの患者さんや糖尿病・アトピーや花粉症・喘息などのアレルギー疾患

慢性の頭痛や肩こり、腰痛や生理痛などの身体の不調にに悩む患者さんを診ています。

また、ダイエットしたい、肌がきれいになりたい、などの美容目的の

患者さんもいます。

歯の治療や矯正治療で、これらの病気や不調が改善されることは、

一般的には理解しがたい事かも知れません。

しかし、事実として、当院では私の話しに耳を傾けて100%で

なくても信じて実行してくれた患者さんは例外なくこれらの

病気や症状は改善されています。

今やテレビでも歯周病や咬み合わせや狭い顎や口腔内細菌と

全身疾患の関係を毎週のようにどこかの番組でやっています。

ただ、多くの人は自分の症状がまさかお口の中に原因があるとは

結びつかないのが現実です。

それでも当院では毎日のように、

ガンの患者さんが定期検診で再発も転移もなかった。

先生の話しを聞いて実行したらガンになる前よりはるかに

元気になった。とか

何処に行っても治らない・原因不明の頭痛や腰痛が治った。

歯の治療をしたら難病の潰瘍性大腸炎の症状がその日から

一切なくなった(病巣疾患)

など、何で歯の治療で良くなるの?と患者さんたちは

不思議な顔をされます。

その驚きの顔と長年苦しんでいた症状から解放された

笑顔に出会えるのが私の楽しみです。

予防歯科
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ