«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月27日

テレビ東京で、元祖 大食い王選手権がやっていました。

この番組は、1989年に文字どおり大食い番組の草分けとして、誕生しました。

その頃は、大食いという事が一般の人には認知されていなかったので、

裏で吐いているのではないか?とか実際はそんなに食べていないのでは

ないか?とかいろんな噂や誤解を生みました。

私は、この番組が始まる8年位前に、不治の病を治すために

1週間以上の水だけの断食を繰り返し行ってから、

体質が変わってしまったようで、まさしく大食い選手並みの

大食いになってしまいました。

ラーメンは10杯以上、吉野家の牛丼の大盛りも10杯以上

回転寿司なら最低でも50皿(100カン)以上を食べていました。

毎日、合計1升飯を食べていましたが、今の大食い選手と同じように

太る事は一切なく、皮下脂肪も内臓脂肪もほとんどありませんでした。

本当に大食いをする人は太っている人はなれません。

上位選手は、皆痩せています。

あれだけ食べて、なぜ太らないのか?お腹が出てこないのか?

健康状態が悪くならないのか?

その答えを出してくれるものは腸内細菌です。

とても人間とは思えない腸内細菌や腸内環境を持っているので、

短時間であれだけの高カロリーの食事や飲み物をとっても

太る事がありません。

大食いと腸内細菌叢については、既に科学的に知らべられています。

30分や1時間以内に、4から5キロ以上も食べる大食いは、

身体に言い訳はないので、実際いつまで続けられるかはわかりませんが

現代栄養学や医学の一般的な知識の範囲外でも

健康でいられる人がいるという事は、人間の未知なる可能性に

驚かされるばかりです。

同様に、世界中ではほとんど食べないで生きている人も増えています。

この人たちの腸内細菌叢もやはり一般的な人間とは、かけ離れて

いる事がわかっています。

極端な大食いも極端な少食や不食もそれを支えているのは、

腸内細菌の力なのです

私は、過去にその両方を体験しているので、その事を実感しています。


そして近年、その腸内細菌と口の中の細菌が何らかの関連性を

持っているという研究が進んでいます。

アメリカでは、唾液と便を調べて口腔内環境と腸内環境を調べて

全身状態を把握する検査が出てきています。

普通の人では、考えられない大食いの世界でも、私たち医学者は

常にに人の身体について研究しています。

但し、大食いや早食いは危険なので、一般の人や子供たちは

真似をしないようにお願いします。

食べ物は、ゆっくりと良く噛んでおいしくいただきましょう。


2015年7月14日

認知症の患者さんが増えているそうです

30代の若い世代でも認知症になる人が、出てきていると

いうのですから大変な世の中になったと思います。

認知症にもいろいろな種類があるので、一概には言えませんが、

認知症の患者さんは、歯や歯並び・かみ合わせが悪い人が多い事が

わかっています。

それには、歯の本数が少ないと認知症率が上昇するという

一般的に良く言われることから歯と認知症は密接な関係がある事が

わかってきました。

ただ、逆に認知症になった人や予備軍の人が、歯科医院を訪れて

むし歯や歯周病や歯の根の病気、歯科用金属、顎関節症や

口呼吸・食事内容や腸内環境を調べることは、ほとんど

ないのが現状です。

認知症と歯や食生活・運動・睡眠との関係を信じない人がほとんどですから

現実に、歯科医院を訪れる人は少ないと思います。

歯科から遠ざかれば遠ざかるほど、認知症がなくなる日も

遠くなっています。

因みに当院にかかりつけでこちらの指示通りに

定期的に歯をきちんと管理している患者さんは、認知症になる方は

過去には一人もいませんでした

皆、80歳代でも92歳(現在の当院最高齢)の方でも

一人で住まわれて、当院に予約をとって一人で来院されます。

中には、遠方から2時間位かけて通院される方もいます。、

みなさん異口同音に

こうして元気にいられるのも先生に歯をみてもらっているから

本当に歯は大切ですね

風邪一つめったにひかない

とおっしゃっています。

がんもそうですが、認知症も口の中を徹底的に調べて、

歯と歯並びや咬みあわせを治して口腔内細菌と腸内細菌の

バランスをとって、身体のゆがみを整えて

食事、運動、休養(睡眠)の質を高める事が一番重要だと

思います。

2015年7月13日

任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍のため亡くなりました。

私と同じ年でした。

歯科医師過剰時代の真っただ中にいて、世の中では負け組と

呼ばれる歯科医師の対極にいる超一流企業の社長の早すぎる死でした。


ただ、私としては納得がいきません。

今や医学は進歩して、ガンは100%でないにせよ

ほぼ予防が可能な時代です。

米国では、ガンは克服しつつある病気とされていて、お金持ちや

知識人の間では、がんにならないような医療サポートを

受けています。

日本は、健康保険制度の中ではそういった医療は受けられませんが、

ガンを予防する医療を行っている医療機関は、保険外の自由診療ですが

年々増えています。

当院もガンの患者さんのサポートをしています。

私の所属する日本抗加齢医学会や日本健康医療学会や日本統合医学会

日本綜合医学会、自律神経免疫療法研究会、日本病巣疾患研究会などでは、

ガンになった人の話しはほとんど聞いた事がありません。

その代り、75歳以上の先生方が皆お元気で、5年後10年後の

学会の計画を語り合っています。

私の身内や親戚でもガンになるのは、早くて80歳以上で50代で

ガンになったという話しは聞いたことがありません。

なぜ、ガンで早く亡くなる人がいるのか?本当に不思議で残念でなりません。


ともかく、学生時代以来ゲームをする事はなくなりましたが、

岩田社長には、同年代で同じ時期にテレビゲームという心の安らぎを

与えてくれたことに感謝しています。

ご冥福をお祈りします。

ガンを遠ざける食事


ループ なめこあんかけ篤豆腐ランチ.jpg

2015年7月 6日

今日は、代替・統合療法 日本がんコンベンションの2日目です。

今回この会には、森美智代先生が講演されるというので、

初めて参加しました。

もう21回も行われていて、講師陣も充実しており参加人数も

数百人規模もいて正直驚きました。

2日目は、鍼灸師の森美智代先生が講演されるというので、

参加したかったのですが、矯正のセミナーが先に入っていたので

私自身は参加できず、スタッフに代理で参加してもらいました。


ブログで、何度も書いているのですが、

私と森先生は、人生の途中で二つの同じ経験をしています。

一つは、現代医学では治療が難しいと云われた難病を

断食と玄米・生菜食・少食と云う食事療法を関東と関西で

出会った医師は違いますが、同じ西式健康法の西勝造先生に

直接師事された先生の下で入院し、病気を克服したという事と

二つ目はその後、縁あって鍼灸学校に行って、鍼灸師になった事です。


今では、森先生はすごい有名人で、私は、無名のただの開業医ですが、

過去には同じ経験をした者同志として、

現代医学で治らないガンや慢性疾患や身体と心の不調に

悩まれている人達を何とか助けたいという気持ちで日々の診療を行っています。

今日も森先生のお話しを聞いて、直接お会いして著作に

サインをしてもらったとスタッフからうれしい報告を受けました。

森先生も私もお世話になった先生は、もうこの世にいらっしゃらないので

森美智代先生のご活躍が私の励みになっています。

11111111222222222222222222.jpgのサムネール画像


655422222222.jpg


無題.png


2015年7月 4日

代替療法や西洋医学と代替療法を統合した統合医療を用いて

ガンの治療や予防を考える集まりに行ってきました。


EPSON797.JPG

当院でも長い間、ガンの患者さんの歯科治療や東洋医学・食事療法

整体その他の手法を使った保健指導を行ってきました。

本日、このコンベンションで講演される先生方は、私がもう何年も

著作された本や学会や研究会等で勉強させていただいている

それぞれの分野を代表する方たちです。

これだけのメンバーが一堂に会する事はめったにないので、最新の

お話しが聞けるのではないかと出かけてきました。

ガンコンベンション20150704.jpg

講演者の先生を一部ご紹介します。


帯津良一先生     日本ホリスティック医学協会会長

白澤卓司先生     順天堂大学医学部大学院教授 
              アンチエイジング(抗加齢)医学の第一人者

藤田紘一郎先生    東京医科歯科大学名誉教授
              腸の研究の第一人者

宮島賢也先生 湯島清水坂クリニック院長
              薬を使わない精神科医・自律神経免疫療法研究会

ここに挙げたのは、医師で西洋医学を基礎としながらそれぞれ、

既存の代替医療や自ら新しい医療を研究・実践されている先生方です。

私は、代替療法に出会って40年になりますが、その間に

こういった既存の日本ではごく当たり前の西洋医学の医師とは違う

代替医療や統合医療の医師から直接またはこうして間接的に

学んできました。


当日、会場内は何百人の人でほぼ満席でしたが、医療関係者と思しき人は

少なくて、ほとんどが一般の方々でした。

おそらくガンで闘病中やそのご家族や関係者が多かったのだろうと

思います。

その人たちに、今日の話しが少しでもガンの治療の助けになってくれれば、

と思いました。

そして、残念なことは、ガンに限らずこうした代替療法を用いた統合医療の

集まりやセミナーには歯科からのお声はかかりません。

ガンの患者さんのほぼ99%は、歯や歯並びや咬み合わせのといった

お口の中に問題をかかえています

その事が、栄養不足・免疫異常・身体のゆがみによる血行不良・

全身の酸素不足を招いています。

その事に、これだけ有名な先生や当のガンの患者さんで

気付いている人はまったくいません。

大学病院や総合病院に受付やスタッフの人達が言っていた

来院される患者さんのほとんどの人が歯が悪い

という事実をいつの日か世の中の多くの人が気が付く時がくるのでしょうか?

歯や歯並びに子供の時から日本の何倍も気にする

アメリカでは増加するガンの発生を古くからの日本の食事を

手本にして、減少させてきました

日本は、戦後食事を欧米化させて、歯並びや咬みあわせを悪くして

歯に気を使わずに、今のガンが増加する社会をつくってきました。

食べ物も空気(酸素)も人にはなくてはなりません。その通り道の

入口である口とそこにはえている歯を無視して健康や病気は

語れません。

答えはもう出ているのですが、そこにだれも気付きません。

私にできる事は、このブログを読んでくれる方や

自分の患者さんをガンの再発や転移を防止するためにその事を

伝え続けるだけです。

          

2015年6月29日

アンチエイジングのブログの内容ではありませんが、私が取り組んでいる

研究と治療の内容は、アンチエイジングな生活習慣と同様な事なので

あえて、この話題を取り上げたいと思います。


今年1月から始まった「指定難病制度」に、現在110疾患が対象とされていますが、

7月1日からはそれが一気に306疾患に拡大されるとの事です。

指定難病とは、発病の機構が明らかでなく

          希少な疾病であって

          治療方法が確立していない

          長期の療養を必要とするものとされています


現代医学は、人間を遺伝子レベルで解析し、多くの原因不明の病気の

原因や治療法がわかるのではないかと期待されたのですが、

解析がすべて終わった後にわかった事は、遺伝子は生活習慣で

変異するという事実でした。

指定難病の中には、先天性のものも含まれるので、本当に難しい病気も

多いとは思います。

その反面、中には歯の治療や鼻の治療、扁桃腺の除去などで完解したり、

治ってしまう病気も含まれています。

また、食事療法を中心とした東洋医学を応用した治療法が著効を示す場合も

過去の記録に残っています。

難病指定されている病気が、あっけなく治ってしまった事を幾度となく

経験したり、見聞したりすると難病のとらえ方に別のアプローチがあるのでは

ないかと思っています。

そんなことを考えている医師や歯科医師が集まっているのが、

日本病巣疾患研究会です。

もちろん、すべての難病を治すことはできないと思いますが、

病気には、必ず原因があってそれをなくす事によって症状としての

病気の根本治療をめざします。

病気を「木」ととらえ、身体全体や生活習慣など病気の背景を

「森」に例えて、「木」だけでなく「森」を診る医療を実践しています。

できることや診れる範囲に限度はありますが、

これからも同じ志をもつ先生方と勉強して行きたいと思います。


2015年4月12日

1日青汁1杯と少量のサプリのみの生活を18年間も続けている

鍼灸師の「森美智代」先生のセミナーに参加してきました。


ホール②.jpg

広いホールの中に、定員一杯の300名が集まりました。

去年は、結構すいていたのに、たった1年ですごい盛況です。

演者も「断食・小食の森三智代先生。」

    「不食の弁護士 秋山佳胤先生」

    「不食のアーティスト はせくらみゆきさん」

の豪華な不食メンバー

各人の簡単な自己紹介とミニ講演会の後

ニューヨークから来られた医師の小林健先生が

座長となって3人の先生とシンポジウムをしました。

日本でも世界でも不食や少食・断食を繰り返している人は、

年々すごい勢いで増えています。

ここに今日集まった人達の中にもそんな体験を数多くもっている方が、

相当数いるようです。実は、演者の方たちと同等かそれ以上のレベルの

方も参加されているようです。


そんな中今日は、いろんな不食をしている先生方に直接お会いして、

各々の先生方の細部にわたる解説や解釈にすごい可能性を見い出せました。

その後は、クリスタールボールによる演奏と森美樹代先生の

読み聞かせがあり、

そのあとは、はせくら先生のワークショップと続き、ジョイントセミナーは

あっという間に終わりました。


私は、今から40年前に1週間以上の断食を2回以上くりかえしました。

その後、大食いにななったという両極端の体験をしました。

なぜ、食べなくても生きていられるのか、

逆に1度にラーメンや丼物なら10杯以上、お寿司は120個以上食べても

太る事もなく健康でいられたのか、ずっと不思議に思っていました。


今日では、その謎に科学のメスが入り、

森美智代先生や大食いのギャル曽根さんの身体を調べる事に

よってその謎が解き明かされるようになりました。

確かに水も飲まない不食のレベルはまだわかっていませんが

青汁一杯の超小食でも1升飯を食べていても健康的に暮らしている人は

大勢いる事がわかってきましたが、

私もそうでしたが、大食いはいつかは終わりを遂げる時(ある年齢)が来ると

思っています。

その意味では、理想的には不食とまでは言いませんが、

少食がいいのではないかと思っています。

飽食の現代において、食事のあり方を決める事は難しい事と

思いますが、西洋医学・現代栄養学・東洋医学・分子整合栄養学、断食・大食い

・グルメ・玄米菜食・生菜食・全体食・少食・糖質制限・古代食等

40年間様々な食の探訪をしてきて、

なおかつ飲食業にも携わって食を裏側からもみてきた私でしかできない道を

これからも探求していき

私の患者さんたちの健康のサポートをしていきたいと思いますので、

ご理解・ご協力の程をお願いします。


2015年3月29日

テレビ 東京で 「元祖 大食い王決定戦 5代目爆食女王襲名戦」を

やっていました。

普通の人にとっては、大食いに興味がない人も批判的な人もいると

思いますが、

私にとって、大食いは青春の1ページであり、病気の代償でした。

大食い番組を見たことのある人は、そんなにたくさんの量を1度に

食べれるわけはない、何かインチキをしているのではないか?とか

特殊な体質の人で特別な身体をもっているのではないか?と

思う人もいると思います。

私も高校生の頃、その頃の医学から見放されて断食をするまでは、

普通の人と同じ量を食べていました。

それが、断食を繰り返しているうちに次第に食べられる量が増えていって

気が付いたらラーメン10杯、牛丼大盛り10杯、回転寿司60皿を

普通に食べれるようになり、

大学生の頃は、毎日1升位のご飯を食べていました。

1週間以上の水だけの断食という食べない生活と

大食いという対局的な食生活を体験した私がのちに知ったのは

どちらも腸内細菌と腸の形態の変化に関係があるという事実でした。

私が歯科の治療や予防のために腸内環境検査を取り入れているのは、

その時の経験が関係しているのです。

私の指導している女性の患者さんに便秘の人がいないのが自慢です。

2015年1月27日

今日は、元住吉に用事があって、夕食は「木月キッチン」で、いただきました。

早い時間だと、いつも満席で入れないので、少しずらして

8時頃に行きました。

運よく席が空いていて、座れたと思ったらその後次々とお客さんが

入ってきて、ホントにグッドタイミングでした。

今日のメニュー「豆腐ハンバーグの和風あんかけ定食

木月きっちン.jpgのサムネール画像

いつもながらやさしいお味でホッとします。

それにしても今日のお客さんは、カップルばかりです。

私が玄米菜食を始めた40年前の玄米の食べられるレストランでは、

ありえない光景です。

その頃は、私を含めて現代医学に見放されたガンや難病の患者さんが

食事をする場所でした。

今では、おしゃれな若いカップルがこの店目当てでやってきます。

おそらく難病とは無縁の人生を送ってきたであろう方たちばかりです。

私が高校生の頃(40年前)学校にお弁当に玄米をいれていったら

同級生から「何だこれ!」「気持ち悪い」とからかわれて病気のせいもあり、

本当に恥ずかしい想いをしました。

それが、わずか40年で

玄米はブラウンライスに、断食はファスティングと呼ばれ、

健康や美容に良いと若い人たちの間でこれだけ浸透しているのですから

本当に驚かされます。

今では、大相撲の横綱の連勝記録や日本人の大リーガーの活躍の陰に

断食や玄米菜食の指導者が付いている事は、有名な話しです。

世の中変われば変わるものです


2014年10月 4日

今週は、週の半分以上が外食で、アルコールも飲む機会が多かったので、

身体にいいものが、食べたくなって隣り街の元住吉にある

「木月キッチン」に行きました。

本日のチョイスは

「野菜(厚揚げのキノコあんかけ)定食」


③securedownload3.jpg


他にお魚やお肉の定食やカレーやおにぎりのメニューもあります。

この日も小さなお子さんがいる若いご夫婦やカップル、男性も女性も一人で

来らている方など、必ずしも玄米菜食やマクロビの人でなくても

食事を楽しむことができまます。


最近は、医師や歯科医師の中にも私のように、食事指導を診療に取り入れる方が

増えています。

この店にも医療関係者が来ています。

私の知り合いの医師も1年前に私と初めて会った時に、食事療法に疑問を

もっていましたが、何があったのか最近、完全菜食をベースにした

ある食事療法を診療に全面的にとりいれました。

1年前には、私の話しは信じられないと言っていたのですが、、、、、

少し前まで、お肉を食べてタンパク質をとるように、患者さんに

指導していた医師が、ある時からお肉を禁止する完全菜食を

指導するようになったのですから医師自身も患者さんも大変だと思います。


医師や歯科医師をはじめ医療関係者も本音と建前を使い分けるように

なってきました。


40年かかりましが、

時代が変わりつつあるようです。

ごちそうさまでした。

断食
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ