«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月27日

テレビ東京で、元祖 大食い王選手権がやっていました。

この番組は、1989年に文字どおり大食い番組の草分けとして、誕生しました。

その頃は、大食いという事が一般の人には認知されていなかったので、

裏で吐いているのではないか?とか実際はそんなに食べていないのでは

ないか?とかいろんな噂や誤解を生みました。

私は、この番組が始まる8年位前に、不治の病を治すために

1週間以上の水だけの断食を繰り返し行ってから、

体質が変わってしまったようで、まさしく大食い選手並みの

大食いになってしまいました。

ラーメンは10杯以上、吉野家の牛丼の大盛りも10杯以上

回転寿司なら最低でも50皿(100カン)以上を食べていました。

毎日、合計1升飯を食べていましたが、今の大食い選手と同じように

太る事は一切なく、皮下脂肪も内臓脂肪もほとんどありませんでした。

本当に大食いをする人は太っている人はなれません。

上位選手は、皆痩せています。

あれだけ食べて、なぜ太らないのか?お腹が出てこないのか?

健康状態が悪くならないのか?

その答えを出してくれるものは腸内細菌です。

とても人間とは思えない腸内細菌や腸内環境を持っているので、

短時間であれだけの高カロリーの食事や飲み物をとっても

太る事がありません。

大食いと腸内細菌叢については、既に科学的に知らべられています。

30分や1時間以内に、4から5キロ以上も食べる大食いは、

身体に言い訳はないので、実際いつまで続けられるかはわかりませんが

現代栄養学や医学の一般的な知識の範囲外でも

健康でいられる人がいるという事は、人間の未知なる可能性に

驚かされるばかりです。

同様に、世界中ではほとんど食べないで生きている人も増えています。

この人たちの腸内細菌叢もやはり一般的な人間とは、かけ離れて

いる事がわかっています。

極端な大食いも極端な少食や不食もそれを支えているのは、

腸内細菌の力なのです

私は、過去にその両方を体験しているので、その事を実感しています。


そして近年、その腸内細菌と口の中の細菌が何らかの関連性を

持っているという研究が進んでいます。

アメリカでは、唾液と便を調べて口腔内環境と腸内環境を調べて

全身状態を把握する検査が出てきています。

普通の人では、考えられない大食いの世界でも、私たち医学者は

常にに人の身体について研究しています。

但し、大食いや早食いは危険なので、一般の人や子供たちは

真似をしないようにお願いします。

食べ物は、ゆっくりと良く噛んでおいしくいただきましょう。


2015年7月14日

認知症の患者さんが増えているそうです

30代の若い世代でも認知症になる人が、出てきていると

いうのですから大変な世の中になったと思います。

認知症にもいろいろな種類があるので、一概には言えませんが、

認知症の患者さんは、歯や歯並び・かみ合わせが悪い人が多い事が

わかっています。

それには、歯の本数が少ないと認知症率が上昇するという

一般的に良く言われることから歯と認知症は密接な関係がある事が

わかってきました。

ただ、逆に認知症になった人や予備軍の人が、歯科医院を訪れて

むし歯や歯周病や歯の根の病気、歯科用金属、顎関節症や

口呼吸・食事内容や腸内環境を調べることは、ほとんど

ないのが現状です。

認知症と歯や食生活・運動・睡眠との関係を信じない人がほとんどですから

現実に、歯科医院を訪れる人は少ないと思います。

歯科から遠ざかれば遠ざかるほど、認知症がなくなる日も

遠くなっています。

因みに当院にかかりつけでこちらの指示通りに

定期的に歯をきちんと管理している患者さんは、認知症になる方は

過去には一人もいませんでした

皆、80歳代でも92歳(現在の当院最高齢)の方でも

一人で住まわれて、当院に予約をとって一人で来院されます。

中には、遠方から2時間位かけて通院される方もいます。、

みなさん異口同音に

こうして元気にいられるのも先生に歯をみてもらっているから

本当に歯は大切ですね

風邪一つめったにひかない

とおっしゃっています。

がんもそうですが、認知症も口の中を徹底的に調べて、

歯と歯並びや咬みあわせを治して口腔内細菌と腸内細菌の

バランスをとって、身体のゆがみを整えて

食事、運動、休養(睡眠)の質を高める事が一番重要だと

思います。

2015年7月 4日

代替療法や西洋医学と代替療法を統合した統合医療を用いて

ガンの治療や予防を考える集まりに行ってきました。


EPSON797.JPG

当院でも長い間、ガンの患者さんの歯科治療や東洋医学・食事療法

整体その他の手法を使った保健指導を行ってきました。

本日、このコンベンションで講演される先生方は、私がもう何年も

著作された本や学会や研究会等で勉強させていただいている

それぞれの分野を代表する方たちです。

これだけのメンバーが一堂に会する事はめったにないので、最新の

お話しが聞けるのではないかと出かけてきました。

ガンコンベンション20150704.jpg

講演者の先生を一部ご紹介します。


帯津良一先生     日本ホリスティック医学協会会長

白澤卓司先生     順天堂大学医学部大学院教授 
              アンチエイジング(抗加齢)医学の第一人者

藤田紘一郎先生    東京医科歯科大学名誉教授
              腸の研究の第一人者

宮島賢也先生 湯島清水坂クリニック院長
              薬を使わない精神科医・自律神経免疫療法研究会

ここに挙げたのは、医師で西洋医学を基礎としながらそれぞれ、

既存の代替医療や自ら新しい医療を研究・実践されている先生方です。

私は、代替療法に出会って40年になりますが、その間に

こういった既存の日本ではごく当たり前の西洋医学の医師とは違う

代替医療や統合医療の医師から直接またはこうして間接的に

学んできました。


当日、会場内は何百人の人でほぼ満席でしたが、医療関係者と思しき人は

少なくて、ほとんどが一般の方々でした。

おそらくガンで闘病中やそのご家族や関係者が多かったのだろうと

思います。

その人たちに、今日の話しが少しでもガンの治療の助けになってくれれば、

と思いました。

そして、残念なことは、ガンに限らずこうした代替療法を用いた統合医療の

集まりやセミナーには歯科からのお声はかかりません。

ガンの患者さんのほぼ99%は、歯や歯並びや咬み合わせのといった

お口の中に問題をかかえています

その事が、栄養不足・免疫異常・身体のゆがみによる血行不良・

全身の酸素不足を招いています。

その事に、これだけ有名な先生や当のガンの患者さんで

気付いている人はまったくいません。

大学病院や総合病院に受付やスタッフの人達が言っていた

来院される患者さんのほとんどの人が歯が悪い

という事実をいつの日か世の中の多くの人が気が付く時がくるのでしょうか?

歯や歯並びに子供の時から日本の何倍も気にする

アメリカでは増加するガンの発生を古くからの日本の食事を

手本にして、減少させてきました

日本は、戦後食事を欧米化させて、歯並びや咬みあわせを悪くして

歯に気を使わずに、今のガンが増加する社会をつくってきました。

食べ物も空気(酸素)も人にはなくてはなりません。その通り道の

入口である口とそこにはえている歯を無視して健康や病気は

語れません。

答えはもう出ているのですが、そこにだれも気付きません。

私にできる事は、このブログを読んでくれる方や

自分の患者さんをガンの再発や転移を防止するためにその事を

伝え続けるだけです。

          

2015年6月14日

お昼ご飯は、玄米菜食のランチを食べに

武蔵小杉のオーガニックカフェ「ループ]に行きました。

お店の前まで行くと、偶然、知人のご夫婦とお子さんとお会いして

一緒にお店に入りました。

以前から「ループ」の話しをしていましたが、なかなか機会がなくて

今日もお店の場所を知っていたわけではなくて、散歩途中で偶然路地を

曲がったところでばったり会ったとのことでした。


今日の「ループ」は大盛況で、ランチは私が最後で売り切れでした。

ループスープ.jpg

ループ チヂミランチ 2015.06.14.jpg


知人のご夫妻は30代、玄米菜食の食事は物足りないかもしれないけれど、

これから子供をの育てていく中で、こういった食事もある事を

ぜひ知っておいてほしかった、という思いがありました。


私が玄米菜食を始めた40年前は、バブルのはるか前で

高度経済成長の真っただ中で、玄米の話しをしても知っている人も

いない上、知っている人は戦争中に食べたという嫌な経験だけだと

いうような状況でした。

それが、今ではモデルや芸能人や政治家など、有名人も玄米食を

食べている人が増えていて、東横線では都心に向かう一駅ごとに

玄米が食べられる店ができています。

大きな声では言えませんが、国や企業からも私たち玄米菜食や

断食や自然食を治療に応用している医師や歯科医師の元に

セミナーや学会発表や一般の人向けの啓蒙のオファーが来ています。

私のまわりは、健康で元気な人ばかりなので、あまり食事の事を

云いたくないのですが、世の中はガンだとか痴呆だとか

いろんな難病で苦しんでいる人が大勢いるようです。

そんな方たちに、ぜひ歯や歯並び・かみ合わせ・口腔内細菌や

腸内細菌や口呼吸・足のゆがみの問題をみなおして、玄米菜食など

食事に気をつけていただきたいと思います。

腸について
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ