«  2015年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年10月11日

開業して60年近くたって、わが街から事実上、

子供のむし歯はほぼなくなりました。

当院でもむし歯のあるお子さんが皆無ではありませんが、

むし歯で歯を削ったり、神経を取ったり、歯を抜いたりする子供は

ほとんどいません。

大人もかかりつけで定期的に来院されて、当院と協力して

歯を大事にされている方の新しいむし歯はほとんどなくなりました。

むし歯自体は、本人や保護者と歯科医師が協力し、

予防に努める事によって、ほぼならない病気になってきました。


そして、私の次の目標は、90%は予防が可能と言われている

ガンの予防です。

最近、比較的若い層(20代から50代)でガンになる人が増えています。

昔だったらありえない事が身近で起きています。

私が、子供の時(昭和30年代から40年代)でガンになる人は

まわりにも芸能人や有名人には、ほとんどいませんでした。

いたとしても日本人がかかるガンは、胃がんかタバコが原因の

肺がん程度でした。

日本人に多い胃がんも今では、その原因のほとんどがピロリ菌と塩分過多と

いう事がわかっており、肺がんもタバコはもちろん最大の原因と思われますが、

その他の原因もいろいろとわかっています。

その他、最近多い乳がんや大腸ガンなどの原因も予防医学の分野では

ほぼ予防が可能ながんであると言われています。

それなのに、これだけガンの患者さんが年々増えている事が

私には残念でなりません。

ガン予防に関しては、ここで一言では言えませんが、

若くしてガンになる人の共通点肉体的には、歯や歯並びや咬み合わせが悪かったり

過去に歯の悪かった人だという事です。

そこに免疫のセンサーに影響を与える口呼吸と

免疫の60~70%を占めるといわれる腸内環境の悪化とかみ合わせの

不調和からくる全身のゆがみによる血行やリンパの流れの滞りが

ガンの原因になっていると私は思います。


歯科が、むし歯や歯周病だけを診ている時代は終わり始めました。


と、いっても私の話しを聞いて実行してくれる人は、

私の歯科医院でもそんなに多くはありません。

それは、まるで30年前に私がむし歯や歯周病の予防のために

食事指導やブラッシング指導を行っていた時に似ています。

あの頃も、歯ブラシしたって食事を変えてもむし歯や歯周病に

なる時はなるといわれて、指導をした多くの患者さんが指導用の

歯ブラシを残して、他の歯科医院へ転院されました。

それでも少数の患者さんは、残られて現在まで父の代から

40年以上通院されている方もいます。

それが、今ではブラッシング指導をしている歯科医院は

良い歯科医院になっているのですから不思議なものです。

ガン予防も同じ事で、今や90%はガン予防が可能といわれる世の中で

やはり予防医学専門(歯科医師としてだけでなく、医師の学会の専門医)の

私の話しを聞いて実践してくれる人は、本当に少ないのが現状です。


残念ながらガンは、当分の間、増え続けるのかもしれません。

特に乳がん、肺がん、大腸がんが心配です。

« 2015年9月 | メイン

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ