«  2015年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 元祖 大食い王選手権               腸内フローラ 武蔵小杉 | メイン | 目標はむし歯もガンもない街           歯科統合医療 武蔵小杉 »

2015年9月30日

子供のぜんそく 腸内細菌と関連か カナダの研究


ぜんそくになるリスクが高い子どもは、生後数か月間に一部の重要な腸内細菌が不足している可能性があるとの研究結果がこのほど発表された。ぜんそくが増加傾向にある理由を説明する一助となる成果だという。
.

 専門家らによると、喘鳴(ぜんめい)、せき、呼吸困難などの症状が生涯続くぜんそくは1950年代以降、患者数が急増しているという。特に欧米側諸では、ぜんそくにかかる子どもの割合が最大20%に及んでいるという。
.

 一方で発展途上諸国では、患者数の増加はみられない。そのため、環境的要素や、帝王切開出産の割合増、授乳における粉ミルクへの依存、抗生物質の乱用など、現代の生活様式そのものが原因となっている可能性が指摘されていた。
.

 この傾向について科学者らはまだ決定的な答えを得ていないが、9月30日の米医学誌「サイエンス・トランスレーショナル・メディシン(Science Translational Medicine)」に発表された研究結果は、ぜんそくに対抗する免疫系の保護に関連すると思われる腸内細菌4種類を初めて特定した。
.

 論文共同執筆者でカナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)のブレット・フィンリー(Brett Finlay)教授(細菌学・免疫学)は「今回の研究は、われわれが環境を清潔にしすぎているとする衛生仮説の裏付けとなっている」と語る。
.

 そして、「今回の研究で、腸内細菌がぜんそくに関与していることが示されたが、新生児の免疫系が確立されるのは、生後初期だ」とも付け加えている。
.

■免疫系の「臨界期」

 今回の研究では、子ども300人以上を対象として、生後3か月と1年の時点で便サンプルを検査した。
.

 検査の結果、特定の腸内細菌4種について、便サンプル中の細菌濃度が低い生後3か月の幼児は、ぜんそくの発症リスクが高いことが分かった。
.

 しかし、1歳になった時点で便サンプルを調べてみると、調査対象の子どもの間にはほとんど違いがみられなかった。このことは、生後100日間が、新生児の発達中の免疫系にとって「臨界期」であることを示唆している。


さらに、多様性が低い腸内細菌を持っていた子ども22人については、数年間にわたって追跡調査を行った。その結果、うち8人がぜんそくを発症。残る14人は、研究に参加した他の子どもより、ぜんそくを発症するリスクが高いとみなされた。
.

 フィーカリバクテリウム(Faecalibacterium)、ラクノスピラ(Lachnospira)、ベイロネラ(Veillonella)、ロシア(Rothia)と命名された4種の腸内細菌を、幼児がどのようにして獲得するかについては不明のままだ。これらの腸内細菌を環境から自然に獲得した新生児もいれば、獲得できなかった新生児もいる。その理由を解明するには、さらに研究を重ねる必要がある。
.

 ぜんそくリスクが高い子ども22人の中に、生後数か月の間に抗生物質による治療を受けた子どもは一人もいなかった。これにより抗生物質は、腸内細菌の多様性低下の潜在的原因から排除された。
.

 だが研究チームによると、母親が同じ腸内細菌を保有しているかどうかの検査や、経膣分娩か帝王切開かといった出産方法、授乳が粉ミルクか母乳かなど、一因となった可能性があるその他の項目については調査が行われていない。今後の研究は、これらを視野に進められるという。

                                             AFP通信より引用


カナダの研究チームが、子供の喘息と腸内細菌の関係について、

研究結果を発表しました。

欧米先進国では、小児の喘息が急増しているそうです。

わが国でも昭和30年後半以降、喘息だけでなく、アトピー性皮膚炎や

アレルギー性の鼻炎や結膜炎(現在の花粉症?)が急増してきました。

私もそれらのアレルギー性疾患をすべて抱えて生きてきました。

昭和30年以前は、ガンもアレルギー性の疾患も日本人には

少なかったので、流行の最先端を生きてきました。

生まれてすぐに喘息になって、その後アレルギー鼻炎、アトピー性皮膚炎

腸炎その他さまざまな病気になりその治療の結果として

ステロイドの副作用によって、高校卒業までの10代の青春時代を

全て棒に振りました。

小さい時から夢見てきた医師の道は、閉ざされてしまいましたが、

そこで得たものは、腸内環境を整える事によって、

喘息もアトピーも花粉症も腸炎もすべて嘘のように治ってしまうという

事実でした。

それを実体験したのが、40年も前、今になってこんな研究結果を

聞かされても医学は何をしていたのでしょうか?

科学は遅すぎます。

40年も前に、ある程度わかっていたことを否定し続けて、今になって

こんな研究結果を発表してもその時に病気になっている人には

何の意味もありません。

今や医学は二つの道を歩んでいます。30代や50代でガンに可能性が

高いので、検査を受けて早期発見・早期治療という医学と

病気は、その人の生活習慣や心の問題が関係しているので、

食事と運動と睡眠(休養)に努めて心の平安を保ち、

病気にならないような身体を維持する予防医学です。

ほとんどの病気の原因は、このように世の中に出る何10年も

前にわかっていました。どちらを信じるかは個人の自由だと思います。

医学が進歩しているはずなのに、50代で有名人がなくなったり、

毎年健診を受けていても生存率50%のガンになって、一生治らないと

言われるのと、ガンにならない生活とどちらがいいのでしょうか?

今からでも遅くはありません。

それはあなたのチョイス次第です。

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ