«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 慢性の病気はない?                    健康サポート 武蔵小杉 | メイン | 元祖 大食い王選手権               腸内フローラ 武蔵小杉 »

2015年9月26日

最近、毎年のように有名人が、30代から50代という若さで

何人もガンにかかったり、ガンで亡くなっています。

その度に、世間ではガンの早期発見・早期治療を奨めています。

そこで、毎年のように検診を受けて安心している人までもガンになって

生死の選択をせまられて手術を受けています。

どうやら検診や人間ドックは、1年に1回では足りなくて半年ごとか

それ以内で受けないと間に合わないのかもしれません。

これが、一般的な日本における医学の話しです。

一方、日本ではあまり知られていませんが、

世界では医学にもう一つの流れがあります。

それは、病気になってからではなくて、病気をあらかじめ防ごうとする医学です。

身近なところでは、中国や日本で行われている東洋医学や

アメリカや欧米諸国で行われている予防医学やアンチエイジング医学など

日本では、代替医学とみなされる医学です。

この二つの医学の違いは、

前者は2人に1人がガンになり、3人に1人がガンでなくなるという現実の世界で

後者は、若くしてガンになる人はめったにいなくて、ガンになるのは、

70歳から80歳過ぎの高齢者で、80歳を超えても元気にしている人が

多くいる世界です。

日本やアメリカでは、どちらの医学も受ける事が出来ますが、

公的な健康保険のある日本と基本的にはないアメリカでは、

かなり事情が違います。

2つの医学を40年もみていると、少しでも多くの人が2つの医学の存在に

早く気が付いてくれる事を願っています。


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ