«  2015年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ベジタリアンな夕食                    未病を治す 武蔵小杉 | メイン | 病気は無い!?                  歯科統合医療 武蔵小杉 »

2015年8月15日

地元の町内会の回覧板の表紙の裏に載っていました。


健康六ヶ条

健康はすばらしい。この世で一番大切なもの!!

一、1日30分~60分位はウォーキングをしましょう。
  
   何回かに分けて行ってもO.K.です。

   全身の血行を良くし、さわやかな気分になります。

一、野菜中心で肉少々の食生活をしましょう。

   タンパク質はなるべく魚より取りましょう。

   例: 白米・玄米・野菜・トウフ・魚etc.

一、少食(腹八分目)を心がけ、食事、1口につき50回は噛みましょう。

   胃腸の負担を軽くし、消化を良くし、むし歯を予防します。

一、電車の中では、新聞、雑誌は、なるべく読まないように。

   眼は特に大事に使いましょう。

一、薄着を心がけ、入浴はぬるめの湯にゆっくり入りましょう。

一、心の健康を保ちましょうー心はわがままだから。

   (一)幸せだと思う事
   (一)ヤル気(意欲)が沸いてきたと思う事
   (一)明るさと笑顔を心がけましょう
   (一)楽しく暮らすことを心がけましょう

*病気にかかった時は、手遅れにならないよう病院へ行き治療を受けましょう。


全国的に高齢化と過疎化が進む中、私の街では信じられない位の

人口増加が続いています。

その反面、町内会は高齢化と過疎化で参加者は減少の一途をたどっています。

この回覧板を見る人も少なくなり、この欄に目を向ける人は

ほとんどいないと思います。

確かに、子供のむし歯はほぼ皆無に等しく、健康情報が

あふれかえった今日の世の中では、健康な人はより健康になり、

健康に関心のない人は病気になって病院に通うという2極分化が進んでいるので、

どちらの人にもあまり関心を引かない事かもしれませんが、

改めて読み直してみると、なかなかの事が書いてありました。

特に玄米を奨めているあたり、時代を感じさせます。

私は、これにお口の中(歯や歯茎・歯並び・舌)と足の形・大小便の観察を

してはどうかと思います。

皆さんが、それぞれの立場で健康法を身に付けられればいいと思います。

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ