«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« こんな簡単に治るわけがない!               歯科統合医療 | メイン | 慢性の病気はない?                    健康サポート 武蔵小杉 »

2015年8月22日

今や医学の進歩も2つの大きな流れに分かれてきています。

一つは、健康保険を使った診療に代表される病気や症状がひどくなったら

医者に診てもらい、手術や薬や放射線治療を受けるという疾病・治療医学。

ここで、大切な事は早期発見、早期治療です。

この分野では、ガンや心臓病や脳卒中は40代から50代にかけて、

中高年で増加して、命を失うケースもこの年代から顕著にでてきます。

また、従来は成人の病気だったものが、低年齢化がすすむ傾向になっています。

また、医学が発達すればするほど、病気の種類や数は増える傾向にあります。

数少ない例外は、歯科の分野で、病気の種類と数は年々減少しています。

もう一つの分野は、予防医学や自然医学といわれる医学です。

この分野では、病気や身体の不調はその原因がその人個人の中にあると

云う考えを持っているので、努力次第では人間は理論的に125歳まで

生きられると考えられており、60歳(還暦)でちょうど人生の半分と

考える医師も多くいて、40代や50代で病気で死んだり、重い身体の不調に

悩まされることは通常はありえないと考えられています。


私は、歯科医師・鍼灸師・マッサージ師・整体師・食事療法医・分子栄養学・

ヨガなど幅広い医学や医療に携わっているので、

多くの学会や研究会に所属していますが、

この2つの医学の中で、いつも不思議に思っています。


最初に記した医学のなかでは、50代ともなると毎年のようにガンとかで

同年代かそれ以下の若い世代の歯科医師や医師が亡くなっています。

もう一つの予防医学の世界では、50代は若くて(歯科大学では現役の教授クラス)

60代で皆元気いっぱいで、70代・80代でも体力的な衰えはあるのかも

しれませんが、病気とは無縁でさらに驚くことは、

80代の先生方が、5年後や10年後の夢や話しをされている事です。


日本は、平均寿命は世界トップクラスですが、健康寿命はそれよりも10歳近く

低いと言われています。

確かに、ガンや痴呆症や糖尿病などが身近な話題として目につくように

なりましたが、

私の身近な人や身内には、そういった病気になった人はほとんどいません。

みんな80歳を過ぎても元気です。

私の知る限りでは、その違いはお口の中と腸内環境と呼吸と食事に関係があると

思います。

病気になって病院に通院や入院する事も病気とは無縁で、健康的に

死ぬまで元気に過ごせる事もどちらでも自由に選択できるのが

現代の医学です。

どんな病気や身体の不調にもその人なりの原因があります。

原因を探るか、症状を抑えるか選択は自由です。

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ