«  2015年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 病気は無い!?                  歯科統合医療 武蔵小杉 | メイン | こんな簡単に治るわけがない!               歯科統合医療 »

2015年8月19日

東京都と川崎市の間を流れているのが多摩川です。

私たち川崎の人間にとっても対岸の東京の人たちにとっても

母なる川と言っていい位、小さい頃からたくさんの想い出のある川です。

地元の人間にとっては、とても大切な川なのですが、

子供の時は、日本が高度成長時代の真っただ中、

成長の代償として多摩川の水質は徐々に悪くなっていきました。

戦後しばらくは、子供たちが泳げる位きれいな川が十数年で、

急激に汚れて流れも悪い川に変わっていきました。

小学校の頃には川は中性洗剤の泡だらけで、

ひどい時には、今ではとても想像もできない光景ですが

川から大量の泡がシャボン玉となって舞い上がり、

橋の上を通っている東横線が泡に覆われて走行不能になってしまいました。

その頃の多摩川はとてもまともな魚が棲める川ではありませんでした。

その原因は、高度成長経済が生み出した便利や快適さを追求した

自然を無視した文明がもたらした汚染でした。

川の上流からは工場排水や下水道の垂れ流し、中流ではごみや廃棄物の投棄、

下流や河口部では海からの汚染の逆流や川の流れのせき止めによって、

多摩川は上中下流と川全体が汚染されていたのです。

あれから半世紀、50年以上経って、まともに生物が棲める状況でなかった

多摩川を上流・中流・下流へと浄化を進める事で、

天然のアユが棲めるきれいな川に変えていきました。


アユはきれいな川でないと生きられないので、

アユの存在自体が清流の基準となっていて、

それも食用になるアユが戻ってきた事で、多摩川は60年近く前の

状態に戻ったといえると思います。


多摩川をヒトの身体に置き換えてみると、60年前にきわめて稀な

ガンやその他の現代病が中高年はともかく、若い人や幼い子供たちにまで

広がっているのが、今の現状です。

最近聞いた話では、4歳の子供が脳腫瘍で亡くなった両親の

話しとして、その子はコーヒーが大好きで、それも砂糖を何杯もいれる

コーヒーが大好きだったとの事でした。

そんなことをする親は、昔はいませんでした。子供のガンもほぼありませんでした。


多摩川の浄化には成功しましたが、ヒトの汚染は進行するばかりです。

むし歯のない街は達成されました。

次に狙っているのがガンの撲滅です。

その目標は、多摩川の汚染と浄化の過程をみていく事で、

病気はほぼなくなる事が分かっています。

病気はほとんどないのかもしれません。


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ