«  2014年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年9月25日


 ≪人に気づかれず、きれいになる≫

 【SH療法】という矯正療法を取り入れています。

 SH療法とは、特殊なスプリングを取り込んだ

 「取り外し式」装置を使った矯正です。

 毎日8時間から10時間と短い装着時間で治療を行え、

 更に狭い歯列を拡大する事ができるので、

 健康のサポートにも効果の期待できる治療法です。


 今回は、SH療法を始めている当院の患者さんAさんの感想を

 聴いてみました。

 【Aさん・40代・女性】のケース

 Dr.長野: SH装置を入れ始めて、何か変化がありましたか?

 Aさん  : SH装置を見た時は、大きくてきっと違和感で眠れないと
        思っていました。
        でも、SH装置をつけると、すぐに眠くなりました。
        すごく、不思議でした。


 Dr.:   他には、ありますか?

 Aさん: 熟睡できるようになったので、朝から活力がでます。
      鼻の通りが良くなったので、今まで、口呼吸だったのが、
      鼻で呼吸できるようになりました

 Dr.:  健康になって、良かったですね。これからも、頑張って続けて下さいね。
      今日は、貴重な感想を聴かせて頂き、ありがとうございました。

  この方は、不正咬合による知覚過敏やくいしばり

  また、歯列弓が狭いため、上顎が鼻の軌道を狭めて、

  しっかりと鼻呼吸ができず、口で呼吸していました。

  当然、鼻づまりがありました。 

  また、夜中にくいしばっているため、

  朝なのに疲労感があったそうですが、

  装置を入れて寝ることで顎が自由に動くようになり、くいしばりが無くなり

  すっきりとした朝を迎えられると喜んでいらっしゃいました。


  このように、SH療法は、ただ単に歯並びを良くするだけでなく、

  からだ全体の健康度を上げます。

  また、装置を入れるのは、夜寝ている間の8時間から10時間だけ。

  だから、誰にも気づかれず、きれいに健康にもなれます♪


  歯並びをを諦めていた方、鼻呼吸が出来ない方など、

  一度、相談にいらっしゃいませんか。

  お電話にて、ご予約をお取りくださいませ。

 
もっと、詳しく知りたい方は⇊こちらのHPをご覧下さいませ⇊

   http://www.nagano-sh.jp/page5⇐コピーしてくださいませ。

 口から健康になるSH療法
人に気づかれずにきれいになる矯正~SH療法~


                           スタッフ記

sh.jpgのサムネール画像


sh下.jpg

2014年9月24日

玄米とやさしい味のお惣菜が食べたくて、隣町の元住吉にある

「木月キッチン」に行きました。

店内は、相変わらずほぼ満席で、どこかで時間をつぶそうかと思いましたが、

席を移動してくれる方がいて入店できました。

店内は、男性と女性の比率は半々で、健康に対する意識の変化が女性から

男性へも波及しているのが実感できます。

女性は、カップルや女性同士・母娘・一人といろんな方がいますが、

男性はカップルは別にして、一人で来ている方がほとんどです


今日のメニューは、野菜定食は「豆腐ハンバーグ」でした

木月キッチン 豆腐ハンバーグ.jpg

玄米ご飯
お味噌汁
豆腐ハンバーグ
もやしとニンジンの切り干し大根
白和え
ひじきの炒め煮

どれも絶妙な薄味で、疲れた身体をやさしくいたわってくれるようなお味です。

「木月キッチン」には、お肉やお魚のメニューもあります。

今日のお肉のメニューは「豚肉とキノコのあんかけ風炒め物」でした。

木月キッチン きのこと豚の炒め物.jpg


玄米は身体にいいけど、お肉も食べたいという方には、お奨めです。

ガッチガチの菜食主義にならなくても適度にお肉やお魚を食べるのは

いいと思います。


40年前、玄米菜食や断食は医師や栄養士・世間からも相手にされませんでした。

今では、最先端の医師や管理栄養士が、白米や白いパンはやめて

玄米や雑穀米・全粒粉のパンにするようにテレビや本で言っています。

40年もかかりましたが、私の主張が認められ始めました。

健康は、まずお口から。

口から入るものが正しいと、病気や身体の調子もよくなってきます。

玄米食をためしてみませんか?

2014年9月11日

今日は、木曜日

本来は休みなのですが、午後から臨時に診療しました。

夜の最後の患者さんとお話しをしていたら遅くなったので、

今日は、外食しようと思いどこにしようかと迷っていました。

最近、夏の疲れがたまっているし、身体をリフレッシュできるものが

いいなと思い、また来てしましました。

元住吉の木月キッチン

今日のメニューは、

野菜の定食がお肉を使っていない麻婆豆腐

お肉の定食が鳥つくねハンバーグ

お魚の定食がぶりの塩焼き

それぞれの定食に惣菜が3品つきます。

どれも捨てがたいですが、

今日は定番の「ひよこ豆の野菜カレー定食」にしました。

カレーセットメインsecuredownload.jpg


カレーセット①securedownload.jpg

カレーセット②securedownload.jpg

カレーセット③securedownload.jpg

メインのカレーライスは、お肉を使っていないのであっさりしていますが、

コクがあって良く噛んで食べると玄米とひよこ豆のおいしさが

徐々にお口の中いっぱいに広がってきます。

付け合せのブロッコリーのかぼちゃソースがけと

切り干し大根ともやしの煮物、

トマトの煮浸し?がいい箸休めになります。

特にこのトマトの煮びたしの味付けが絶品です。

惣菜3品は時々変わるので、何が出てくるかも毎回楽しみです。

玄米は、良く噛まなければいけないので、食べるのに時間がかかります。

必然的に食べる事、噛む事に集中する事になります。

良く噛んで食べると、唾液がたくさん出てきて、酵素の働きで食べ物の

味が変化していきます。

噛めば噛むほど食べ物がおいしくなっていくのがわかります。

今日も幸せな夕食を頂けた事に感謝します。

2014年9月 5日

最近、疲れやすい、やる気が出ない、力が入らない、身体がだるい・・・・・・

と、感じる事はありませんか?

その症状は、ビタミンやミネラルなどの栄養素不足の可能性があります。

栄養素の中でも、特に現代の食生活で不足しがちなのが

カリウムです。

塩分の多い食事や加工食品やファーストフード・スナック菓子などで

ナトリウム過剰になると相対的に、カリウム不足になってきます。


カリウムが不足すると以下の症状が出るようですが、心当たりが

あるのではないでしょうか?


1:疲れやすい

体内のあらゆる組織は、一定レベル以上のカリウムを必要としています。
不足すると、体が疲れやすく、エネルギーがない、という症状が出ます。

2:高血圧

カリウムには血管をリラックスさせる働きがあります。
カリウムが不足すると血管が固く締まり、結果として血圧が上昇します。
健康診断で引っ掛かった方は、カリウムを多く摂ってみて下さい。

3:塩分の過剰摂取

塩分を大量に摂取すると、塩分に含まれるナトリウムがカリウムを
体外に流してしまうため、体がカリウム不足になってしまいます。
コンビニのお弁当を常食としている人や、冷凍食品などの加工食品
ポテトチップスを1袋ぺろり、といった食習慣の人はとくに気をつけて下さい。

4:筋肉痛や痙攣を起こしやすい

カリウムには、筋肉の動きをスムーズにする働きがあります。
筋肉痛や痙攣などが多い人は、不足している可能性高しです。

5:不整脈

理由もなく脈が突然速くなったり遅くなったり、動悸がしたりすることはありませんか? 
心拍が一定でない"不整脈"は、カリウム不足が原因のひとつになることがあるそうです。

6:めまいがする

カリウムが不足すると心臓の働きが鈍り、血液の循環が悪くなるため、
めまいの原因になることがあるといいます。

7:便秘

カリウムが足りないと、体のあらゆる器官の働きが鈍くなるため、
結果的に便秘の原因につながるそうです。「もう3日ご無沙汰だわ......」
というあなた、カリウム不足を疑う必要があるかも! 
バナナが便秘に効く、といわれるのはこのせいかもしれません。

8:体がチクチクしたり麻痺する

カリウムは神経の正常な働きを保つ役割も果たすため、不足している場合は、
体がチクチクしたり、麻痺するような症状が出ることも。"
神経の抗議"を感じたら、カリウムを摂取してみて下さい。

以上、"カリウム不足が疑われる症状8つ"をご紹介しましたが、いかがでしたか?

"健康の陰なる立役者"ともいえるカリウム。体を一生懸命支えてくれる
大事な栄養素です。

上で述べた8つの症状に当てはまる方は、食事でカリウムの摂取を増やすことを
考えてみてください。

カリウムが多い食品は、野菜や果物です。

果物には身体を冷やしたり、糖分が過剰になる場合もありますので

冷え性や陰性体質の方は、気を付けて下さい。

その分、野菜を多く食べましょう。

何でも過剰な摂取は逆効果ですので、自分の身体と相談しながら

バランスを考えて食べて下さい。

2014年9月 1日

ここ10数年で、私の街には中学生以下の子供たちのむし歯は、

ほぼなくなりました。

親御さんたちが、子供のお口の中を気にするようになり、

子供の将来を考えた時に、むし歯をつくらないように

努力した結果だと思います。

親御さんたちの年代は、若くても20代以上なので、まだまだ

むし歯の多い年代です。自分たちが、むし歯や歯周病・歯並びなどで、

苦労してきたので、子供たちにはそんな思いをさせたくないと

思うのはすばらしい親心だとおもいます。


最近、この街以外の地区から引っ越されてきた方にとって

これだけ周りにむし歯のない地区は、日本全国でも少ないと思います。

当院でもむし歯の子供なまったくいないわけではありませんが、

子供の歯を削る事は、1年のうち2~3回くらいです。

子供の患者さんも矯正以外では、ほとんどいません。

1か月に、1~2人歯のチェックと虫歯予防の処置に来る程度です。


むし歯の子供たちは、ほとんどいませんが、今、問題になっているのは

歯並びやかみ合わせの悪い子供たちが増えている事です。

特に、その事によって、口呼吸の子供たちが増えており、

新たな問題になっています。

口呼吸を続けていると、脳や全身にいく酸素のの量が減ってしまい

健康に影響を及ぼします。

口の中も絶えず乾燥するので、唾液の量も減って、鼻や耳・目などの

病気や風邪やインフルエンザになりやすくなります。

むし歯をなくす事はできましたが、まだまだやらなければならないことが、

でてきました。

« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ