«  2015年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

«  ≪今日のランチはマクロビカフェのビオクラ@青山≫ 健康 食事 | メイン | 体調不良や病気の原因                アンチエイジング外来 »

2014年7月 5日

食事療法を指導していると、よく「どんな玄米を食べたらいいですか?」

「やっぱり発芽玄米がいいですか?」

「無農薬玄米でないとだめですか?」

「胚芽米や○分づき米は?五穀米は?」

とお米について聞かれます。

私が、主食としておすすめしたいのは、生きているお米です。

生きているとは、水につけておくと芽が出るお米です。

DSCN4168.JPG


生きているお米は、生命力にあふれています。

お米自体が活力を持っています。

一物全体食、ホールフードと云われる精製されていない,

撒けば芽の出る生きているものをありがたく感謝していただきましょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.nagano-shika.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/866

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ