«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月28日

当院では、むし歯や歯周病、歯の根の病気・口腔が関連している

病巣感染(疾患)の予防や治療の一環として、食事療法を取り入れています。

その基本となる考えは、私が40年近く前から実践・研究している

玄米菜食・断食という100年以上前からある日本古来の健康法です。

今でこそ、政治家や芸能人・文化人などの著名人にその実践者が

増えてきて、認知度が上がって、全面的に否定という事はありませんが、

私が始めた40年くらい前は、玄米や断食と言っただけで、

野蛮だとか非科学的・逆に健康に悪いと一般の人はおろか医師や栄養士からも

大反対にあっていました。

それが、今では著名人・有名人にその実践者は多く、

あれだけ反対していた医師や栄養士まで認めざるを得ないどころか、

堂々と推奨している人達が増えてきました。

そんな中、来年、ついに厚労省が、玄米が健康食である事を正式に認める

認証マークを導入するプロジェクトを立ち上げて検討しているようです。

世の中変われば変わるようです。180度の大転換です。

健康な食事に認証マーク 厚労省、来春導入へ


 厚生労働省はコンビニやスーパー、宅配サービスなどの弁当や総菜を対象に、栄養バランスの取れた「健康な食事」の認証マークを導入することを決め、28日からデザインの募集を始めた。来年4月に開始する方針。

 国が示す一定の基準を満たしていれば、企業や店舗が食品に認証マークをつけることができる仕組み。厚労省は、消費者がマークを参考に食品を購入することで、偏りのない健康的な食事が取れるようになるとしている。

 具体的な基準は、同省の検討会が議論しており、今秋に報告書をまとめる予定。「主食」では食物繊維を取るため、玄米などを一定の割合で使っていることや、「主菜」ではタンパク質の豊富な魚介類や肉類などを、「副菜」ではミネラル摂取のための野菜を、それぞれ一定量含む事を
基準としてこの3種の料理の組み合わせが「健康な食事」と認証される。

                                              共同通信社より抜粋


患者さんの中には、40年前では、まだ生まれていなかった方も多いと

思いますが、その頃から私や日本の一部の医師たちは、食事療法で

ガンや難病治療に望んでいました。

やっと時代が追い付いてきてくれました。

私のホームページを見て、理解できない方がいましたら

もうあと40年経てばわかってもらえるようになると思います。

何事も先駆者はつらいものです。

2014年7月26日

私が、40年近く前に初めて出会った、断食や玄米菜食や1日1食、青汁と

いった健康法(治療法)ですが、長い間、患者さんはもとより

同業の歯科医師や鍼灸師、マッサージ師や医師などから

白い目で見られてきました。

(つい最近も、とある栄養療法のセミナーで、笑われてしまいました。)


それが、ここ2~3年で本当に、少しずつですが、がんの患者さんやアトピーや

膠原病・慢性疲労症候群などの患者さんを中心に、私の食事療法を

中心とした生活習慣指導(アンチエイジング外来)の患者さんが増えてきました。

また、玄米菜食やベジタリアン食に興味を持つ医師や歯科医師や

医療関係者が増えている事を実感しています。

それでも断食を初めて40年近く、歯科医師になって約30年、

自分の思いとは裏腹に、患者さんは減り続け、それと反比例するように

ガンや原因不明(本当はそうでもないんです)の難病は、増え続け

歯科疾患が関係している心臓病、肺炎、糖尿病、脳卒中も年々増加しています。

どうして、私の話しを聞いてくれないんだといつも思っていましたが、

やっと強い援軍が社会の表舞台に出てきました。

私の話しを聞いてくれる人や信じてくれる人は少ないですが、

この3人の話しを聞いてくれる人は、多いみたいです。


51oUHDM7U4L__AA160_.jpg

「食べない人たち(「不食」が人を健康にする)」

この本に出てくる3人のうち2人の方は、私の人生を変えた(助けてくれた)恩人の

2人の先生に関係しています。

このブログにもたびたび登場する森美智代先生は、西式健康法の甲田先生の下で

断食や玄米菜食で難病を克服され、現在、甲田医院のすぐそばで鍼灸院を

されていて、1日青汁1杯の生活を18年続けています。

私も38年位前に、同じ西式健康法を指導されていた東京の渡辺正先生の下で

1週間の断食をしていました。

もう一人の山田鷹夫さんは、不食のきっかけが何と小倉重成先生というのです。

小倉重成先生は、千葉県の木更津で眼科医院を開業されていた眼科医で、

ご自身の病気から現代医学(当時)の限界を感じて東洋医学から食事療法

断食、玄米1日1食、毎日10キロマラソンまたは雨の日は縄跳び5000回と

いう治療法を入院設備をもって眼科以外の難病を受け入れていた伝説の

先生です。

実は、私が今こうして生きていられるのもすべて小倉先生の

おかげなのです。

私が、約40年前、その当時の医学では見放されたのを小倉医院で入院して

断食をしたことによって、難病から救われたのです。

話しが前後しますが、最初に断食をしたのが、小倉先生のところで、

2度目が渡辺先生の所です。

甲田先生とはお会いしていませんが、その40年前から本を通じて甲田先生の

治療法の進化を見続けていました。


40年近く、表に出せない話しでしたが、この本があのベストセラー

「ふくらはぎをもみなさい」を抜いて、アマゾンの家庭療法・医学の

カテゴリーで1位になった事は、そろそろ私自身の断食や不食

その正反対の「大食い」の不思議な話しをしてもいいのかなと

思っています。


この世の中には、医学ではわからない世界がたくさんあります。

この方たちが言っている事は、経験してみないとわからない話しです。

部門別とはいえ、私の生きている間に世間から注目されるとは

本当に驚いています。


信じるか信じないかは別にして、興味がある方は読んでみて下さい。

私の患者さんには、声をかけてくれれば詳しい解説をします。

合わせて森先生の前著もお勧めします。

41FYLbgDNOL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

2冊ともアマゾンで買えます。


但し、不食や断食を自分一人でやるのは危険なので、やめて下さい。

2014年7月22日

歯科において≪予防する≫ことが、なぜ、大切なのか、お話ししましょう。

    殆どの患者さんが、虫歯になってから、≪予防が大切≫と

    お考えになることでしょう。

    歯科における≪予防≫は、虫歯になる前からが大前提です。

    虫歯になってからでは、遅いのです。

    なぜなら、一度削ってしまった歯は、隙間からまた虫歯になり、

    次には神経を取ることになり、最終的には抜歯になって、

    歯を失うことになるからです。

    どこにも隙間のない天然歯に、まさるものはありません。

    ですから、処置歯は、歯科医師のもとで、管理してもらう必要があるのです。

    子供の虫歯は減り続けていますが、大人の虫歯は、減っていません。

    その理由は、虫歯の治療が終わり、かぶせ物を入れたり、

    または、入れ歯を入れたら、治療が終了したと勘違いしているからです。

    実は、そこからが患者さんにとって、歯科医師が必要となる

    本当の理由なのです。

    処置した歯を、二度と虫歯にさせることのないように定期的に通い、

    ブラッシング指導や除石をして衛生管理しもらう必要があります。

    又、入れ歯の適合や衛生状態などの管理は、咀嚼や全身に影響しますので、

    こちらも定期的に通院する必要があります。

   


    一生自分の歯で食べる喜びを味わって欲しいから、

    歯科医師は、≪予防する≫ことに力を入れているのです。

    いつから、予防をすれば良いのでしょうか。

    それは、乳歯の生えたてのまっさらな歯から予防すれば、
   
    処置歯が1本もない口腔内が実現するでしょう。

    ここ川崎市中原区は、すでに、実現しています

    具体的に何歳までに虫歯に罹患しなければ大丈夫なのか。

    乳歯が生え揃い、味覚や咬合が安定する3歳がひとつの通過点になります。

    その後、6歳臼歯が生える時期、

    そして永久歯が生え揃う14,5歳です。

    親の管理が必要となる中学生までは、定期的に歯科医院に通い

    ブラッシング指導やデンタルフロスの使い方を学び

    そしてフッ素塗布など予防してもらいましょう

子供の笑顔二人.jpg

   

   今のように、予防歯科が確立していなかった世代は、

   治療してもまた虫歯になってしまう人が多いようです。

   そういう人は、、定期的に歯科医院に通う事を心がけてください。

   そして歯肉検査や除石などをし、きちんとブラッシング指導を受けてください。

虫歯にしたのは、誰でもないあなた自身なのですから。

   しっかりとセルフケアして、定期的にプロにフラッシングを

   見てもらいましょう。

   その際、自己流になっていないか、

   磨き残しがないかなチエックしてもらいましょう。

   

   歯は必要以上に削らないことが、一番良い事です。

要するに、虫歯にならないように、丁寧にブラッシングし、

デンタルフロス(2013年より小学生から要指導となっている)

    歯間ブラシ、舌ブラシなどを使ってセルフケアをしっかりと行って下さい。

   そして、定期的(年3,4回)に歯科医院通い、

   虫歯および歯周病のチェックをしてもらいましょう。
  
   親から子供へ教えて頂きたいのが、うがい、手洗い、
  
   そして、デンタルフロスの使い方です。

   歯と歯の間の虫歯は、デンタルフロスで防げます。

   セルフケアの最終仕上げは、デンタルフロスです。

  EPSON977.JPGのサムネール画像


  

   最新の虫歯治療として、

   虫歯を残して殺菌する≪ドックベストセメント療法≫があります。

   ドックベストセメント.jpg


  ドックスベストセメント療法概要

  従来の虫歯治療は、「虫歯を削って治す」。

  虫歯は削って治すのが常識で、

  虫歯が歯髄に達している場合は神経を取る必要があり、

  痛みがあれば麻酔も欠かせません。

  しかし、削った歯は元に戻らず

  削れば削るほど歯の寿命は短くなります


  歯は3層構造になっています。まず中心部に歯髄があり、その周りを象牙質、

  エナメル質の順で覆っています。エナメル質は硬いですが、

  一度削るとヒビが入り割れやすくなります

  歯の削った部分には、目に見えないヒビが無数に入っているからです


  また、金属で覆ってもその金属と歯の接合部の摩擦で、

  歯が破壊されていきます。

  さらに抜髄した場合は歯に水分や栄養が行かなくなり、

  枯れ木のように折れやすくなります

  このように、歯は削るほど寿命が短くなるのです


  それに対して、ドックスベストセメント療法は虫歯を完全に削りません

  Dr.Timothy W.Fraserが開発したカッパー(銅)の殺菌力

  応用した治療法で、

  "歯をなるべく削らず、ミネラルで虫歯を殺菌・石灰化し治療する"というものです。


  ドックスベストセメント療法は操作性が簡単なため、

  短時間での治療が可能となります。

  また再石灰化に時間を要しますが、

  歯の削合量が少ないのも特徴です。

  以上より、患者の負担を軽減し、歯の寿命を延ばすことを目的としています。(以上、ドックベスト研究会より抜粋)
  
  ドックベスト療法.jpg

  

今は、虫歯治療も選べる時代です。

従来通りに、虫歯の部分をどんどん削って、神経をとるか。

 それとも、ドックベストセメントを塗るか。

 ドックベストセメントは、予防処置にも有効です。

 器具が入らない歯と歯の間にもドックベストセメントが浸透していきます。

 

 一生自分の歯で過ごして欲しいから、

 歯は削らず神経は取らず、歯は抜かずに残す

                            (スタッフ記)

 ドックベスト選ぶ.jpg


2014年7月21日

アメリカから分子栄養療法の検査として用いられている

バイオロジカル検査の権威・ウィリアム・ショー博士が来日して、

講演会をされるというので、参加してきました。

DSCN4430.JPG

セミナーには、内科・産婦人科・小児科・皮膚科他いろんな科の医師と歯科医師、

医療関係者が参加していて、日本では一般的ではないアメリカの検査の

最新情報を勉強しようと集まっていました。


日本と違いアメリカでは、健康保険や現代医療(西洋医学)という境界が

薄れているので(医療費の半数以上は代替医療)、日本では治療が

困難な病気や原因不明の病気にもいろいろな検査やアプローチによって、

治療がすすめられています。


今日のセミナーの演題の1つも「自閉症の食事療法」でした。


日本では、ガンが増加の一途ですが、アメリカではそれぞれのガンの原因を

調べ、予防を推進した結果、30年近く前からガンは減少傾向にあります。

日本の中だけで、現代医療(西洋医学)・保険診療の中だけで

考えれば、その中だけでの答えしか出てきません。

しかし、こうやって世界に目を向ければ、まだまだ勉強しなければならない事が

たくさんあります。


また、こうして医科と歯科の垣根を越えて勉強したり、情報交換できる場が

あることが本当にすばらしいと思います。


明日は、食事指導の予約がが入っています。

早速、今日勉強したことを患者さんに伝えたいと思います。


こういった機会を与えて下さったM先生に感謝します。

2014年7月15日

ローリング・ストーンズのボーカル ミック・ジャガーは、

今年71歳ローリング・ストーンズがデビューした1963年以来

50年以上ずーっと世界の音楽シーンをリードし続けています。

70歳を超えた今でも約2時間の公演を最初から最後まで

年齢を感じさせないパワー全開で行っています。


ミック・ジャガーは1943年生まれの71歳です。

本来なら引退をして、悠々自適な生活を送っている年齢ですが、

どうしてこんなパワフルな生活を送れるのでしょうか?

その秘密は、正に食事を中心とした生活習慣にあります。

ミックも昔は、タバコを吸っていましたが、ある時、

喫煙が音楽活動のパフォーマンスを下げるという事に気付いて、

タバコをやめ、食事・運動・睡眠といった

アンチエイジングな生活に切り替えました

それには、体育教師だったお父さんの影響があると言われています。


ミックの現在の食生活は、玄米や全粒粉のパン・豆類・オーガニック栽培の野菜が

主体でそれにチキンと魚介類・果物とバランスを重視しています。

サプリメントもDHAやEPAが豊富な肝油や人参・イチョウ葉エキス

ビタミン・ミネラルなどをとっているそうです。


運動は、お父さんの影響もあると思いますが、公演前は、体調を整えるため

毎日10キロ以上のジョギング・水泳・キックボクシング・サイクリングなどを

行って、体幹を鍛えるためにバレーエクササイズやヨガを取り入れてるそうです。


睡眠は、11時までには就寝、朝は6時起床という


まさに健康の3原則 食事・運動・睡眠(休養)をストイックに実行されています。

無駄のないスリムな体型を保って

世界のスーパースターを半世紀以上続けていられる理由が

こんな地道な努力の中にあるんですね。


ガンをはじめ病気のほとんどの病気の原因は、わかっているという

私の言っている事を裏付けてくれるミック・ジャガー

これからも何歳になってもステージでハイテンションなパフォーマンスを

見せてほしいと思います。

2014年7月13日


 また、有名音楽家が癌になったと公表した。

 日本は、年々癌患者が増加し、今では二人にひとりが癌との事。

 日本とは対照的にアメリカでは癌に罹る人が減っている。

 また、癌治療での、死亡率もアメリカでは、減少している。

 なぜか。

 癌治療には、抗がん剤という強い薬を使うため、副作用を伴う。

 そのため、最大限の効果を出し、最小限の副作用に留める必要がある。

 アメリカには、抗がん剤治療の専門の医師がいる。

 そして、ひとりの癌患者のために各科の専門医がチームを組み、

 癌治療にあたる。

 これが日本だと、外科で議論され治療方針が決まると、担当医が

 手術やその後の抗がん剤治療をひとりで行っていく。

 日本では担当医がアメリカでいうところの専門医とは限らない。

 そもそも、癌かどうか、レントゲンを読み取ることが重要だが、

 そこにも、アメリカには専門医がいる。

 アメリカの専門医と呼ばれる医師は、大体2~3年に一度、更新試験を受ける

 ことが義務付けられている。

 アメリカが進んでいるとか、日本が遅れているとかではなく、

 そもそもアメリカには日本のような皆保険制度が存在しないので(低所得層を除く)、

 比べても仕方がない。

 アメリカは自由診療であり医師の裁量で治療ができるが、

 患者本人も自分で治療を選択し自分の病気に責任を持つ。

 自由と聞くとなんでもOKで良いと思うかもしれないが、

 その反面,必ず自己に責任を持つということである。

 日本では、お上が決めた保険制度のなかでしか、治療ができず、

 医師の裁量でなどという事は、全く持ってできなくなってしまった。

 

 

 癌は温存療法が良いとか、外科的処置をするべきだとか議論されているが、

 それ以前に、癌にならない、病気にならないようにすれば良いのである。

 そのためには、まず、≪食≫を見直すことが肝心である。

 今の現代で、食べ物を自給自足できれば良いが、それは現実的には無理である。

 食品には発がん性のある添加物が含まれていることもあるので、
 
 少しでも、安全な食品を選んで食べるしかない。

 今、最も危険とされているのが、アセスルファムカリウムである。

 ガムやノンカロリー食品に必ずといっていいほど含まれる甘味料で、

 砂糖の200倍の甘さがある。

 その有害性は、発がん、失明・視力低下、内臓異常、うつ症状、てんかん発作、

 ストレス増化、精子減少、体重漸増、パーキンソン症発症


 次に、動脈硬化、心臓病、ぜんそく、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎を引き起こす

 トランス脂肪酸
 
 これは、食べるプラスティックと呼ばれている。

 トランス脂肪酸含有量が多いマーガリンやショートニングは、

 クッキーや菓子パンにふくまれている。

 アメリカでは、トランス脂肪酸を多く含むものは、使用禁止である。

 
 それから、ハム、ソーセージ、いくら、たらこ、近年はパック野菜にも使用される、亜硝酸塩

 有害性については、発がん、遺伝子に悪影響、頭痛、記憶障害、うつ、めまい

 それから、言わずと知れた、合成着色料

 こちらの有害性は、不妊症、発がん、催奇形性

 まだまだ、危険な添加物はあるが、食品を買うときには、、裏の表示を見て

 買うようにして欲しい。

 

 最近は、食品以外にも、環境汚染も問題である。

 有害な重金属が体内に入り込んでいる場合もある。

 また、何かを過剰摂取して(毎日同じ物を好んで食べる)遅延型フードアレルギー

 を起こす事もある。

 まずは、自分の体内には何が足りないのか、何か食物アレルギーはあるのか

 有害な重金属はあるのかを調べた上で、食事を見直して欲しい。

 体内がきれいでないと、いくら体に良いとされるものを入れても、吸収せず、

 出てしまう。

 そこで、当医院では、≪毛髪ミネラル検査≫≪遅延型フードアレルギー検査≫

 ≪腸内フローラ検査≫≪血液検査(一般的なものより更に詳しい検査)≫

  が受けられる。(全て、保険外診療)

  最初に受けて頂きたいのは、≪毛髪ミネラル検査≫≪血液検査

  その結果を踏まえて、食事指導を行っている。


  これからはの時代、自分の健康は自分で守り、治していく事が重要である。

  健康的に老いるには、まず、自分の体を知ることが大切である。

  
  体内環境が整い、体温が高く(35度以下はNG)、適度な運動と

  十分な睡眠(7時間以上)、そして、口腔内と腸内がきれいであれば

  いつまででも、健康体でいられるであろう。

                              (スタッフ記)


 食品の裏側.jpg
  

  
 

2014年7月11日


 先週の栄養セミナーで、お米のヨーグルトと言われている

 奄美大島の≪ミキ≫という乳酸菌がいっぱいの飲み物を

 教えてもらいました(^_^)/

 そこでは、ネットでお取り寄せしかないと言われましたが、

 よーーーく調べたら。。。。うん!?

おぉ~、都内にショップがあるではありませんか~\(^o^)/

 ヘルシーアイランドカフェ≫へ早速、行ってきましたよ~=з=з

 駒沢公園の前にある駒沢通り沿いにある美容室の一角に店舗はあります。

 なぜって、美容室のオーナーが奄美大島の出身で、

 からだに良い物を紹介したいからだそうです。

 ありがとうございます\(^o^)/

 そう言えば、奄美大島って男性も女性も長寿ですよね(^_-)-☆

 ミキは、白くて、見た目は甘酒のようですが、

 味は、甘酸っぱくて、後味さっぱりして、飲みやすいです★★★
  

  ミキ&スムージー.JPG


 そのほかには。。。以下、ヘルシーアイランドカフェのHPより抜粋⇊

奄美大島の直営農園"それいゆ農園"や奄美の提携農園で育んだすもも,

 時計草(パッションフルーツ)たんかん、トマトなどのフルーツや、

 ノニ、ボタンボウフウ(長命草)、ヨモギなどの注目健康系素材を東京に直送し、

 美容と健康にこだわったレシピによるフルーツスムージーを皆さまに お届けいたします。

 東洋のガラパゴスとも言われるほど美しく豊かな奄美大島の土地と

 南国の太陽が育んだ果実そのものの味がたっぷり詰まったフルーツスムージーを

 ご堪能ください。


 たっぷりと、堪能しました(^_^)/

 写真左は、ドラゴンフルーツ&パッションフルーツスムージーです。

 ドラゴンフルーツの果実の種子にはの運動を促進し、
 町内で潤す効果があると言われており、便秘解消にもおすすめです。
 薬草にも食物繊維が含まれているので、腸内環境を整えるのにもってこいです。
 
 材料;
  ・ドラゴンフルーツ(ピタヤ)
  ・パッションフルーツ(時計草)
  ・ヨモギ
  ・ハンダマ(金時草・水前寺菜)
  ・はちみつ

 写真左は、LL(Long Life)スムージー
~長生き目指して!~
 ハンダマの独特のとろみが他の材料と混ざり合って
 口当たりがなめらかな仕上がりになりました。
 身体の冷えを取る作用の生姜やビタミンCや
 クエン酸たっぷりの時計草、
 寿命を延ばす効果があるとされるボタンボウフウややハンダマ、はちみつとコラボしました。

 材料;
  ・時計草(パッションフルーツ)
  ・ハンダマ(金時草・水前寺菜)
  ・ボタンボウフウ(長命草)
  ・生姜
  ・はちみつ
  上記は、HPより抜粋しました➡http://amami.moo.jp/

 お店の女性も、可愛くて、お話も上手(^_-)-☆

 やはり健康志向で、健康話で盛り上がり、すっかり、長居をしてしまいました(^_^;)

 平日は、ゆったりとした時間が過ごせるそうです。

 土日曜日は、駒沢公園近くなので、混み合うそうです。

 お店には、我が家と同じあのジューサーが、

 なんと、3台もありました(^_-)-☆

カフェ1.JPGのサムネール画像のサムネール画像


外観は、こんな感じ⇊で、お隣には有名な「一風堂」さんがあります(^_^)/

(スタッフ記)

  カフェ2.JPG

 

 

2014年7月10日


 今日のランチは、自由が丘にあるお肉やお魚、乳製品を使用していないレストラン

 T'sレストランに行ってきました=з

  まずは、T'sレストランのコンセプトについて、HPよりご紹介いたします(^_^)/   


   体がよろこぶ、T'sレストラン

  太陽の恵みをたっぷり浴びて育った大地の食材を使い、

  どなたにも楽しんでいただけるメニューを、丁寧にテイストにこだわって

  新しいおいしさに仕上げました。

  『T'sレストラン』では、肉、魚介類、卵、乳製品などの動物性食材を使っていません

  心地の良い空間で、体がよろこぶお食事をどうぞ。

  驚きと感動で五感が刺激され、カラダが喜び、自然と笑顔がこぼれる

 新しいジャンルのお料理をSmile Vegeと名付けました。


  肉・魚介類・卵・乳製品等の動物性食材を一切使用せず、

  たっぷりのお野菜と豆乳を用いてお料理を作ります。

  まるで本物のお肉の様な見た目と味への感動や、

  バターも卵も使わないスイーツに驚きの笑顔が広がります。

  ベジタリアンもアレルギーのある方も、食事制限がある方も、

  またお肉が大好きな方も、なんでも食べられる方も、

  みんなで食卓を囲み楽しく食べられるように、

  誰もが感じてもらえる「おいしさ」にとことんこだわりました。

 「おいしい」を感じていただきながら、それでいてカラダに良いお料理を提供します 
 目指すはおいしさと健康の両立です

 おいしくて +一緒に楽しく食べられて +カラダに良い =Smile Vege


 以上が、T'sレストランHPより抜粋です。

 もっと、詳しく知りたい方は➡http://ts-restaurant.jp/about/

 上記をコピーして、HPへGo=з=з

 今日は、初めて行ったので、店員さんのおススメ料理を注文致しました(^^)

 まずは、冷製枝豆のポタージュ

 この季節限定なので、ぜひ、召し上がってください!(と、店員さん)

 見た目も、淡いグリーン色で涼しげで、それでいて味は塩加減が絶妙でコクもあり

 美味しかったです★★★
 
 最初から、ガツンっときて、次への期待感が高まりました=з

 彩り野菜のサラダの後に、大豆の油淋鶏(ユリンチ)!!(写真中央)

 大豆とは思えない、食感、見た目、味。

 これは、もう~紛れもなくお肉!と言っても過言ではありません!(^^)!

 これぞ、 店員さん一押しの逸品です★★★★★

T's食事.JPG


  そして、これまた、この季節限定の冷やし担担麺
 
  ピリ辛な味が、食欲をそそります♪

  夏といえば、刺激的なカレーが食べたくなりますよね(^_^)/

  でも、カレーって結構、高カロリーで食べた後、後悔しがちですが、、

  T'sカフェのベジカレーなら大丈夫!

  ご飯は、十穀米ですし、野菜たっぷりだから★★★★★  

  メインの後は、お楽しみのデザートは、バターも使用せず、この美味しさ(^_^)/

  チョコレートケーキ&T'sパフェ(チョコ)♫

  ドリンクに使用するシロップは、100%てんさいです

   お料理も、店員さんたちの接客も素晴らしかったです★★★★★~

  お近くの方は、ぜひ、一度行かれてみてはいかがでしょか(^_^)/

  ランチは、とても混んでいましたので、始まりに行くか、

  少し時間をずらして行かれることを、おススメ致します。

  この日は、13時少し前に行きましたが、運よくすぐに座れました♪

  次回は、ディナーを食べに行こうと思っています=з
 
                              (スタッフ記) 

  奇跡のごちそう.jpg

2014年7月 6日

現代社会では、多くの人が何らかの体調不良や病気をかかえています。

身体や心の異常に、早く気が付く人もいれば、日々の生活に追われて

その小さな異常に気が付かない人もいます。


私は、日々、多くの患者さんの口の中を診ています。

また、鍼灸マッサージ師として、整体師として全身の状態も診ています。

そこで、見えてくるものは、

体調不良や病気のある人には、ある共通点があります。

歯が悪い  
 むし歯や歯周病・神経を取った歯・歯並びが悪い・かみあわせが悪い・顎関節症

 口内炎・歯が欠けている・歯がすり減っている・口腔内菌叢(フローラ)が悪い

腸の調子が良くない

 便秘・下痢・腹痛・・・・便は1日に1~3回、その量や形状・硬さ等をチェック

 腸内細菌叢(フローラ)

 歯やかみ合わせに問題があると良くた

身体のひずみ

 かみ合わせと足をチェック・・・・・・・首や肩や骨盤や足の長さをチェックする事も

                       大切ですが、口の中をみて歯並びや

                       かみ合わせをみて、足指の変形や爪、タコや

                       ウオノメ・かかとのかさつき等をチェック

呼吸・・・・・・口呼吸になっていないかチェック

         人間や哺乳類は、本来、鼻呼吸です。

         口を開けて呼吸していないか、いびきをかかないかチェック

食事・・・・・・基本です。一般的な正しい食事法はありますが、

         個人の好みや体質に合わせたアレンジが必要です。

         自分でやって効果がでなければ、食の専門家に相談しましょう。

運動・・・・・・有酸素運動・無酸素運動を組み合わせて、無理のない範囲で

         行いましょう。

低体温・・・・・・いつも体温の低い人は、冷え性の可能性があります。

           (ただし、例外はあります。)

           冷え性の人は、足や歯のかみ合わせをみてください。

           足指の形や歯並びやかみあわせが悪いと、身体の隅々まで

           うまく血液やリンパ液が流れていきません。

           それで、手足が冷たかったり、むし歯や歯周病になったりします。

           一度、歯と足をチェックしてみて下さい。

          

休養・睡眠・・・・・・基本的には、夜10時から2時の間には、寝ている事が

             重要です。

             その他の休養は、呼吸法等を取り入れて短時間に

             こまめにとりましょう。

自然な生活・・・・・気候・風土・季節や年齢・体力等を考慮した無理のない生活


こころ・・・・・・・実際、この分野が一番大きな原因になっていたりします。

          心や精神の状態は、目に見えないのでなかなかとらえることが

          難しいのです。

もし、体調不良や病気になったら、医師の診察・治療を受けるとともに、、

上記の点を参考に、自分自身についてもふりかえってみて下さい。

         


2014年7月 5日

食事療法を指導していると、よく「どんな玄米を食べたらいいですか?」

「やっぱり発芽玄米がいいですか?」

「無農薬玄米でないとだめですか?」

「胚芽米や○分づき米は?五穀米は?」

とお米について聞かれます。

私が、主食としておすすめしたいのは、生きているお米です。

生きているとは、水につけておくと芽が出るお米です。

DSCN4168.JPG


生きているお米は、生命力にあふれています。

お米自体が活力を持っています。

一物全体食、ホールフードと云われる精製されていない,

撒けば芽の出る生きているものをありがたく感謝していただきましょう。

2014年7月 3日


 ご訪問ありがとうございます。

 今回はモンレーブの≪エステブログ≫に書いていますので、

 右下のバナーをクリックして下さい。

 宜しくお願いいたします。

     (スタッフ記)

 ビオクラ1.JPG

2014年7月 1日

今日は、診療後に食事をつくる気力がなかったので、

おとなりの元住吉駅のすぐ近くにある玄米が食べられるお店

「木月キッチン」に行きました。

まだ、数回行っただけですが、どのメニューにも玄米がついて、

やさしい味付けの店です。

こんな店が一駅に一軒あったら、食事には困らないと思います。

カウンター8席ほどの小さな御店ですが、

お客さんがひっきりなしに、入ってきていつもなかなか入れません。

主食は玄米のみですが、お惣菜はお肉もお魚も選べるので、

ベジタリアンもそうでない方も楽しくお食事が出来ます。

一人の方も多いので、女性お一人でも安心してお食事ができます。


木月キッチン 豆腐の野菜あんかけ定食.JPG

木月キッチン 豚シャブサラダ仕立て玄米定食.JPG

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ