«  2014年5月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年5月31日

今年に入って5月末の今日まで、私の人生を揺さぶるような数多くの

出会いや再発見がありました。

と、同時に私の大切な二人の人(友人・先輩)との別れがありました。


出会いや再発見については、私が幼少のころから抱いていた単に病気を

治す医師ではなく、病気の根本を探り、病気そのものを撲滅する医療を

したいという考えに賛同してくれる医師や歯科医師・医療従事者・患者さん

業者の方たちとの出会いや出会いを通じて得られた医学に対する

まだ、あまり注目されていない事実の再発見がありました。


こうして私が、いろんな病気の根本療法を研究して、実際さまざまな慢性疾患の

患者さんの日々の診療にあたっていて、特にガンに関しては

一番に力をいれているにも関わらず、2人の大切な人をまさにそのガンで

亡くしてしまいました。


一人は、私の大学時代の先輩、1年前に大腸がんが見つかり手術をして

1年後に再発・転移して、私が知らされたのは、亡くなる1か月前でした。

亡くなるまでの1か月は、毎週のようにお見舞いに行きました。

見舞い当初は、身体の大きな見るからにたくましい先輩が、だいぶ痩せていましたが

行くたびに衰弱していき本当にあっという間に亡くなってしまいました。


もう一人は、鍼灸学校時代の同級生です。

先月、久しぶりに同級生から電話がかかってきて、何か嫌な予感が

したのですが、やはり彼女の訃報をしらせるものでした。

鍼灸学校時代は、明るくて元気なお姉さんといった感じの人でしたが、

5年前に胃がんになって、ずっと調子が良くてもう大丈夫と思った矢先、

昨年頃から調子が悪くなり、食道ガンになってほとんど誰にも知らせずに

亡くなってしましました。


二人とも私よりも1つ年下でした。


私は今、ガンの患者さんの歯科治療や食事指導を含む保健指導を行っています。

患者さんとともにガンと闘っています。

私を信じて私の話しを聞いて実行して下さる患者さんは、

みんな再発もなく元気にすごされています。


私がこんな事をしているのに、二人とも私に何も相談もしてくれずに

逝ってしまった事が、本当に悔やまれます。


私は、ガンは、口や口から入るものが大事(食事・呼吸)で

身体のゆがみを治す事(かみ合わせ・背骨・足)や

心や生活習慣を変えて自分で治すという考えがもっと広まればいいと

思っています。

そのために、勉強や研究をこれからも続けていきます。

亡くなった先輩や同級生のためにも頑張り続けます。


2014年5月21日

甲田医院・森鍼灸院・山田健康センターと、西式甲田療法の聖地とも

呼べる場所から離れることは、後ろ髪を魅かれる思いでしたが、

時間がない、次の目的地に行かなくてはと、

足の専門家で、コンフォートサポートソックスの開発者

松藤文男先生の事務所に伺いました。

auto_ANITXs.jpgのサムネール画像


いつもは、東京でお会いすることが多いのですが、初めて先生の

事務所でお会いしました。

この先生のご本にあるように私もコンフォートサポートソックスで

足指を伸ばしたら人生が変わりました

私のまわりでもたくさんの奇跡(けっして大げさではなく)のような事が

おきています。

ただの5本指の靴下ではありません。


シルク ソックスcut.jpg


この気持ちは、履いた人にしかわからないかもしれません。


この日も多くの患者さんやエステサロンのお客さんの足の相談を

させていただきました。


その後は、お食事にまで誘っていただき、足の故障と歯の関係について

熱い想いをおいしいお食事とお酒とともに語らせていただきました。

松藤先生、ご子息、これからもご指導よろしくお願いします。

2014年5月20日

私は、40年近く前に西式健康法と出会って、それ以来世界中の健康法や

治療法を研究してきました。

勉強すればするほど、研究すればするほど、なぜか西式健康法

同じようなところにたどり着くということが、わかりました。

今よりもより健康になりたい、アンチエイジングな生き方を望まれる方も

今、体調が悪く現実的に闘病生活を送られている方にも

少しでも多くの方に西式健康法を知っていただいて、できる範囲で

実践していただければと思っています。

そこで、西式健康法、特に西式甲田療法を実践するにあたり

心強い方をご紹介します。


西式健康法の関連商品を扱っている山田健康センター

山田修さんです。

DSCN3583.JPG


DSCN3585.JPG


山田さんのお父様は、難病を甲田先生の西式甲田療法で克服され、

体質改善をされたことをきっかけに、山田さんが甲田医院に勤務され、

甲田先生から直々に西式健康法を伝授されました。

30年前に、山田健康センターを開設され、西式健康法を実践される方へ

関連器具や健康食品の販売、健康相談と物心両面のサポートをされています。

通販もされているので、私も以前お世話になりました。

今回は、直接お会いできて、お父様の病気の事や甲田先生の想い出を

聞かせていただき、私も30数年前に西式健康法で命拾いをして、今では

歯科医師・鍼灸師として、ガンをはじめ全身の病気をもった患者さんを

診ている事をお話しし、これからもご支援、ご指導をお願いしました。


以下のURLで山田健康センターにアクセスして下さい。


  http://yamada-kenko-center.com/

2014年5月19日

今回の大阪行きでは、私の診療の支えとなってくださっている先生方や

医療関係者とお会いしてきました。

しばらく、この話しですばらしい方々を紹介したいと思いますので、

健康を気にする方や原因不明の病気でお悩みの方は、歯科に限らず参考に

していただければと思います。


さて、前回からの続きですが、森美智代先生の治療院を後にして

そこから数十メートル先の故 甲田光雄先生の診療所を見てきました。


DSCN3566.JPG

DSCN3577.JPG

DSCN3574.JPG


下の写真の病院の建物の手前のコンクリートで整地してある空き地のような

ところが、甲田医院の専用菜園になっていて、そこで育てられた無農薬野菜を

入院患者さんの生菜食用に、使っていたそうです。

今でこそ、断食や玄米菜食・青汁・生菜食・1日2食や1日1食などが、

女性のファッション誌に載るような時代がきましたが、甲田先生が始められた

昭和30年代は、西洋医学一辺倒でどんだけ逆風が吹いていたか想像を

絶する世界だったと思います。

しかし、西に甲田光雄先生と森美智代先生・東に渡辺正先生と私が

それぞれの不治の病という難病に、立ち向かって下さる先生を

得たことが、今日まで生きてこれてこうして、患者だった私たちが

今度は患者さんの治療にあたっているという事は、本当に感慨深い事だと

思います。

渡辺正先生・甲田光雄先生本当にありがとうございました。

2014年5月18日

先週末は、日本アンチエイジング歯科学会 学術大会参加するために

大阪に行きました。

そこで、私の診療を支えて、ご指導下さっている先生方に、

久しぶりにお会いしてきました。

また、私の命の恩人である 故 甲田光雄先生の病院跡地も見てきました。

甲田先生は数年前に他界され、ついにお会いすることができませんでしたが、

先生が書かれた書籍は、いつも私を勇気づけて私の難病の治療に

なくてはならないものでした。

その地に甲田先生の意志をつがれた、やはり私と同じように難病を

西式甲田療法で克服された 鍼灸師 森美智代先生が開業されています。

久しぶりに森先生とお会いして、先生の治療を受けて、西式体操の再指導を

受けてきました。

DSCN3547.JPG


DSCN3562.JPG


DSCN3567.JPG


病気を治したり、健康を増進するには、いろいろな方法があります。

甲田先生の実践されてきた西式甲田療法、

その後継者の森美智代先生の存在が、治療家としての私を

いつも心の中で支えてくれています。

DSCN3536.JPGのサムネール画像

DSCN3544.JPG

つづく


2014年5月15日

歯周病.jpg

成人の8割がかかっているとも言われている歯周病。

実は歯だけではなく全身の健康を脅かす病気でもある。

今まではっきりとはしていなかった歯周病が全身の健康に影響を与えるメカニズムが、

このたび新潟大学の研究により科学的に明らかになったようだ。


歯周病とは?

歯周病とは、口の中の悪い菌(歯周病原細菌)が歯ぐきや歯を支える骨に影響を与える病気。

症状が進むと歯を支える組織に炎症が起こり、放置すると歯を失うことになる

「歯ぐきが腫れる」「歯ぐきから血が出る」といった自覚症状が出てしまうと、

かなり症状が進んでいる状態。

定期的に検診を受けて、初期のうちに対策することが重要だ

歯周病がリスクを高める全身疾患

動脈硬化症、糖尿病、非アルコール性脂肪肝疾患、関節リウマチ、早産など

のリスクが、歯周病により高まると言われている。

歯周病と全身疾患との関係は以前から知られていたのだが、

どのように歯周病がこれらの疾患を引き起こすのか、詳しいメカニズムは

明らかにはされていなかった。

全身疾患を引き起こすメカニズムが解明

今回、新潟大学大学院医歯学研究科の山崎和久教授らによる研究グループが

発表した内容によると、歯周病の有力な原因菌であるPorphyromonas gingivalisが、

腸内細菌のバランスを崩すことがわかった

その結果、腸がもろくなり、毒素が血流を介して体内に運ばれ、全身に影響を与えるそうだ。

今回の研究成果が、新たな治療法の開発に役立つのではないかと期待されている。

上記の記事は、5月14日付IRORIO(イロリオ)からの抜粋です。

この記事からも分かるとおり、口腔内と腸をキレイに保てば全身の病気は防げるという事ですよね(^_^)/

3か月に一度、あるいは毎月、定期健診を受けプロフェッショナルクリーニングをしてもらい、

ホームケアでは、POICウォーター&PF乳酸菌を使って頂ければ、

健康は保たれることでしょう(^_^)/
            (スタッフ記)

 POIC.jpg

 腸と歯肉にも良い乳酸菌です♪
乳酸菌3.jpg

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ