«  2013年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年12月31日

今年一年は、当院の歯科治療で多くの全身疾患や体調不良のの改善がみられました。

潰瘍性大腸炎・じんましん・金属アレルギー・リウマチ・花粉症・抗がん剤の副作用(口内炎・

食欲不振)アトピー性皮膚炎・関節炎・ガンの再発・膠原病・橋本病・バセドー氏病・・・

禁煙に導いた患者さんは10人くらいになりました。

来年も患者さんの口と全身の健康のために頑張りたいと思います。

1年間ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

2013年12月14日

今日は、土曜日で本来であれば診療日でしたが、

誠に勝手ではありますが、どうしも上記西式甲田療法の森美智代先生の

新刊本「食べない生き方」の出版記念講演会に出席したくて、

診療を休ませていただきました。


食べない生き方.jpg


森美智代先生(鍼灸師)は、30年くらい前に難病の「脊髄小脳変性症」にかかり

5年生存率が極めて低い事を知り原因も治療法もわからない、治療法のない

病気だという事を知りました。

そこで現代医学には治らないこの難病を治してくれるのは、甲田光雄先生しか

いないという思いで、先生の下で西式健康法による断食・玄米菜食・少食・生菜食等の

食事療法や運動療法を実践することにより、現代医学では不治の難病を克服されて、

現在は鍼灸師になられて、食事は一日青汁150cc一杯のみ(50kcal)で、

17年以上生活されています。

私も今から40年近く前に、不治の病にかかり、西式健康法の病院で、

森先生と同様に、断食・玄米菜食・少食・青汁・運動療法を行って

すべてのお医者さんに見放された不治の病を克服した経験があります。

病気が回復後、森先生は養護教諭からご自身の病気がきっかけで、鍼灸師になりました。

私も歯科医になった後に、鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の資格を

とりました。

森先生や私は、先天的な病気や感染症・外傷など以外で、現代医療で治らない

病気でも治せる方法があるという事の生き証人です。

私たちは、断食や玄米菜食・西式健康法に出会わなければ、

今はもうこの世には、いませんでした。

医療者として、こんな経験をした人は少ないと思います。

私たちをみて、私たちの話しを聞いて、信じてもらえる人だけが救われます。

信じられないかもしれませんが、ガンも含めてこの世の難病と呼ばれるものは、

ほとんどが原因も治療法もわかっています。

ただ、そこには私たちの事を信じない人々や自分の身体を自分で治すのではなく

人任せにしていて病気に悩んでいる人達が大勢いるという事実があるだけです。

ガンなんかで死なないで下さい

2013年12月 8日

            「食べない」生き方 森美智代著


食べない生き方.jpg


1冊の新刊本とその著書の講演会のご紹介です。

今回、「食べない」生き方という本を出された森美智代先生(鍼灸師)は、

今から30年前、21歳の時に「脊髄小脳変性症」という国が特定疾患に定める

難病になりました。

脊髄小脳変性症」は、小脳や脊髄中心に神経が徐々に破壊されて、

最後はその合併症や転倒等によって死に至る病気で

現在も治療法の確立されていない難病です。

森先生は、わずか21歳という若さで現代医学では不治の病に

侵されて、死を待つだけという立場に立たされました。

そこでめぐり合ったのが、当時西洋医学の医師でありながら「西式健康法」で

難病の治療にあたっていた甲田光雄先生です。

森先生はどうせ治らないのであれば、ただ死を待つだけよりは、

やれることは何でもやって少しでも自力でなおす方向を選びました。

それから甲田先生の下で断食や玄米菜食・生菜食・運動療法等の

西式健康法を甲田先生が独自にアレンジした

西式甲田療法」を

実践する事によって、現代医学では治る事のない難病を克服しました。

その後も特殊な食事を続けられて、今では鍼灸師になられてご自身と

同じように難病に苦しんでいる患者さんの治療にあたられています。

その特殊な食事とは、一日青汁1杯 50Kcal といった

超小食でそんな食生活を20年近く続けている伝説の人です。

その森先生が横浜の鶴見で講演会をされます。

1497710_600771779988739_189515995_n.jpg


多くの病気で悩む方やその家族や関係者の方、健康に関心のある方に

聞いてもらいたい貴重な公演です。

実は、私も高校生の時に森先生と病名は違いますが、不治の病になって

西式健康法の下で断食や玄米菜食・生菜食で命拾いをしました。

生死の境をさまよった人にしか真実の話しはできません。

森先生の声が多くの人に届く事を願ってやみません


2013年12月 6日


 当院の提携医院≪銀座・まつおかやまざき歯科≫が

 女性誌の雑誌に掲載されました♪

 今、最も注目されているマウスピース矯正≪インビザライン

 について取材をうけていますφ(..)メモメモ

記事では、アラサーで、30代でしておけば良かったと

 とりあげられてますが、長野歯科医院では、

 40代、50代の女性が圧倒的に多いです(^_^)/
 
 自分を改めて、見つめ直せる年代なんですよね。

 皆さま、歯も、しっかり動いております

 50代のMさんは、反対咬合でしたが、

 10か月で切端咬合になりました。
 
 容貌も以前とは違い、親戚の方やご友人たちが、びっくりしているそうです!(^^)!

 Mさんは、正常咬合まで、あともう少しです(^_^)/

 スマホの入れた3D動画画像を見ながら、

 ゴールまで頑張りましょう~♪

 Mさんが食事する時にアライナー(マウスピーズ)をはずした時、友人が

 『えっ?今、入れ歯をはずしたの?』と言ったそうです(笑)

 まだまだ、ご存じない方が多いようですが、

 インビザラインは矯正界では、ワールドスタンダード

 なんですよ(^_^)/

 

 インビザライン矯正をお考えの方は、相談は無料ですので お電話くださいませ。

  ☎044-722-6430 長野歯科医院まで 
 

 
 以下は、雑誌より抜粋記事です⇊

 雑誌CLASSY.2014年1月号(11/28発売)に
 当院が紹介されました。

 美容ジャーナリスト富永千晴さんが、

 「歯の矯正は、歯が動きやすい若いうちにやっておくべき」と、 

 当院のインビザラインを紹介して下さいました。

クラッシー.jpg


                                               スタッフより


.<記事詳細>
 アラサー世代が10年後に後悔しないために、
 
 「やっててよかったこと」「やっておけばよかったこと」
 
 【やっておけばよかった...編】 P260
 
 歯の矯正は、歯が動きやすい若いうちにやっておくべき
 
 「深く後悔しているのが歯の矯正をしなかったこと。 

 一度通おうとして3年かかると言われてひるんで...。

 でも、口元は一生のことだしやっておくべきでした。

 注目しているのはマウスピース矯正の『インビザライン』。

 透明でわかりにくいしゴハンの時には外せるので
 
 

 アナウンサーの患者さんも多いそうです」

インビザ雑誌.bmp

 

..

2013年12月 3日

 
 今年も、残り1か月ですね。

 今月12月は、X'masパーティーや忘年会、女子会など忙しく
 
 慌ただしい中、来月にはもう新しい年を迎えます。

 最近では、大掃除はX'mas前に済ませて、

 年末から海外旅行に出かける方が多いそうです。

 1年に一度、お口の大掃除をしませんか♪
 
 当院では、専用機器による、短時間で快適な

 ≪歯のクリーニング≫が行えます(^_^)/

エアフローマスター.jpgのサムネール画像


                                    スタッフより


  超微細なウォータースプレーと専用パウダーが

  ステイン除去、口臭の元となるプラークを

  やさしく取り除きます(^_^)/


エアロノズル先.jpg

エアロ吹付.jpg

X'mas前に。。。

クリスマスキャンドル.jpgのサムネール画像

白い歯1.jpg


 新年を迎える前に。。。

    松飾り.bmpのサムネール画像

  エアロフローマスターでのクリーニングは¥5250です。
   ※ナノ粒子ハイドロキシアパタイトが市販品の約2倍配合された
   ≪アパガードリナメル≫50g1本付き
 施術後は、ホワイトニングしたかのように輝き、表面がつるつるで、

 皆さま、とても喜んでお帰りになります♫  

 また、ホームケアとして輝きをキープできる
 歯磨剤をお渡ししております(^_^)/

 ぜひ、今年は、歯のクリーニングをして、新しい年を迎えてみては

 いかがでしょうか♪

 

 ご予約のお電話をお待ち申し上げております(^_^)/

  044-722-6430

      白リース.jpg            


 市販品より薬用ハイドロキシアパタイト<mHAP>
 
 を高配合したアパガードで、歯のエナメル質に対する

 修復作用(再石灰化、歯表面の微小欠損の充てん)および

 むし歯の原因となる歯垢の吸着除去作用が期待できます。
 
 また低発泡、キシリトール配合(甘味剤)のアパガードです。

 歯科医院でお求めできる商品となります。

 アパガードリナメル2.jpg

エアロスローマスター.jpg


   

« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ