«  2013年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年6月20日

若返りのもっとも簡単な方法は、口から入る食べ物のカロリー制限です。

その方法には、① 1食毎の量を減らす

          ② 1日の食事の回数を減らす

          ③ 1日の食事回数を5~6回に増やし1回の量を減らす

          ④ 食事のタイミングを変える(ex.朝昼食べて夜食べない他)

いろんな方法がありますが、指導者がいないとなかなか一人では行えないかも

しれません。

それでもやってみようと思われる方に、一つだけお願いがあります。

食事は今までのままでなく、植物ベースのホールフードに変えるようにしてください。

具体的には精製されていないお米ー玄米や葉のついた大根まるごと、ナッツや果物も

いいと思います。

駅中のおにぎり屋さんにも玄米のおにぎりが売られるようになって、お弁当屋さんや

おしゃれな定食屋にも玄米や雑穀米が出てくることが、少しずつ増えてきました。

食事回数にこだわらず、お腹がすいたら玄米おにぎりをちょっと食べるという

ライフスタイルもこれからはおしゃれかもしれませんね。

2013年6月14日

DSCN0812.JPG


当院は、歯並びや噛みあわせと足の関係を追及している数少ない歯科医院です。

足は、身体の土台です。

土台である足と姿勢のバランスをとっている噛み合わせを整えることが、

身体の不調を治す事に大変重要な面を持っていると思います。

今年に入って、漢字は違いますが足に関する本や雑誌の出版が

目白押しです。

私が同業者の歯科医にこの靴下の話しをすると思いっきり馬鹿にされますが、

世の中はすでに足に注目しています。

玄米菜食・断食・青汁40年
歯科医師 30年
鍼灸師・整体師 20年

人より早すぎる様です。

2013年6月10日

最近は、街のおにぎり屋さんにも普通に玄米のおにぎり

売っています。

私が、玄米を食べ始めたのは今から40年近く前でした。

その頃は、一般的に玄米の存在すら知られていなかったので、

学校にお弁当で持っていくと、同級生から変なご飯を食べていると良くからかわれて

つらい思いをしました。

それが、今ではおにぎり屋さんやお弁当屋さん、定食屋さん、スーパーにも

置いてあるのですから自分のやってきた事が間違いではなかったと確信しています。

前置きが、長くなりましたが本題に入ります。

実験をするために、あるおにぎり屋さんで、

白米と玄米のおにぎりを一つずつ買ってきて、常温で一週間位置いておきました。

その結果、

DSCN1207.JPG

少し分かりずらいかもしれませんが、右側の玄米にはカビが生えてきています。
(玄米のおにぎりの右下と上と白米との境目の黒くなっているところがカビです)
(玄米は形が崩れていますが、手で触っていません)

左側の白米は、カビも生えませんし、形も見た目も変わりませんでした。

市販品には、このように何週間、何か月たっても腐ることもカビが生えることも

形や硬さが変わらないものがたくさんあります。

あなたの体にいいものは、何か考えてみて下さい。

2013年6月 7日

私のHPに出ている根管治療(≒歯内療法)は、虫歯などで歯の神経をとったり、

その神経をとった後に根の先や側面に根の病巣ができた時に再治療を行ったりする

治療の総称です。

私がなぜ、ほとんどの歯科医師が敬遠する保険の根管治療を前面に出しているのかと

いうと、歯の根の病巣は慢性の全身疾患やがんの原因になっている可能性が高いと

思っているからです。

日本では、残念ながら歯やお口の中の病気と全身疾患との関連は、知られていません。

最近やっと歯周病と糖尿病や心臓疾患との関連が言われるようになりましたが、

国民のほとんどは、未だ病気や身体の具合が悪くなったらお口の中を気にすると

いう処には至っていないのが現状です。

いつの日か、私のこの理論が日の目を見ればと願っています。

2013年6月 3日

歯は、胃腸や肝臓・腎臓・心臓・脳といった臓器と同じ体にとって

大切な「臓器」です。

その大切な「臓器」を悪くなっても放って置いたり、ダメなら神経をとったり、

歯を抜いたりすればいいと安易に考えている人が、多いのではないでしょうか?

歯を失って十分に噛めなくなると、

肩こり・腰痛・膝痛・不眠症・うつなどの不調や動脈硬化・メタボリックシンドローム

ロコモティブシンドローム・脳卒中・心臓疾患・リウマチ・認知症などを

招きやすくなります。

逆に正しいかみ合わせで十分な咀嚼ができる人は、いつまでも元気で、

若々しい生活を謳歌できます。

歯の大切さ・歯並び大切さを考えてみて下さい。

2013年6月 2日

DSCN1140.JPG


今日は、久しぶりのまる一日の休みだったので、塩麹の仕込みをしました。

今回は、塩を変えて広島の海人の藻塩という海藻も入った自然に近い塩を

使ってみました。

うまくいけば、1週間後に下図のようにおいしい塩麹が出来上がります。

今から楽しみです。


DSCN1141.JPG

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ