«  2015年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年8月21日

良く患者さんから言われる言葉です。

その日も30代の女性が両方の下の顎の痛みと口の中全体の歯の痛みを

主訴に来院されました。

レントゲンや精査の上、個々の歯に問題がない訳ではありませんでしたが、

それよりも歯並びとかみ合わせが悪い事による顎への負担の増加に

よって生じた痛みであると判断し、主にマウスピースによる噛みあわせの

治療を提案しました。

その日は、頭痛もすごくあるというので、まずは、脳神経外科または内科に

受診するように伝えて、先にそちらに行ってマウスピースによる咬合治療は

その結果もふまえて考えてもらうように話しました。

後日、来院し脳に異常はなくて、混合型の頭痛という事で痛み止めの薬を

もらってきたとの事でした。

とにかく痛み止めを飲んでいる時は

顎の痛みも歯の痛みも頭痛も少しは軽くなるが、

痛み止めが切れると何もする気が起きないほど痛みがひどくなるので、

マウスピースによる咬合治療を希望されたので、

マウスピース用に歯の型を採りました。

その際、以前も何回かマウスピースをつくって入れた事があったが、

あまり効果がなかったというので、少し工夫をしてつくりました。

また、後日完成したマウスピースを歯に装着しました。

その日は、何も反応がなかったのですが、

3、4日して来院された時には、頭痛はほぼなくなっているとの事で

続けてみたいとの事でした。

その時点では、なお懐疑的でそんな簡単に治るはずがないという

雰囲気でした。

それから実家にいったん帰るというので、次回の来院が1か月位

あとになりました。

久しぶりに、来院された患者さんは表情も晴れやかになって、

あれからうそのように頭痛がなくなったというのです。

あんなに苦しんだのに、こんな簡単な方法で治るわけがない!

自問自答していたそうですが、日に日に頭痛を感じる事が

なくなっていったそうです。

実は、幼少期から何十年も頭痛に苦しみ、いらんな病院を転々と

したらしいのですが、どこも原因はわからずに痛み止めを飲み続けて

いたそうです。

最近は、1年間の間で頭痛が起きない日は、トータルで1週間もない位、

ひどくなって、仕事や日常生活にも支障をきたすようになっていました。

そこに、今年になって顎と顎関節と歯の痛みが加わって、もうどうしたら

いいのかわからず、あとで聞いたのですが、この辺の歯科医院を

片っ端から受診したそうです。

それでも治らない上に有効な答えも見つからず、最後に当院に来院されたと

いうことでした。

原因不明の頭痛は、かみ合わせの専門医で、矯正医で、鍼灸師で、

食事療法医のわたしにとっては、そんなに難しい病気ではないので、

上記に示したどの分野からでも治せたり、改善させることは比較的

簡単な症状だと思っています。

患者さんは、今まで何十年も頭痛に苦しんできた事がうそのように

なくなってしまったと喜んでいましたが、地方の実家に帰るというので

それ以来お会いしていませんが、また一人、人の人生を変える事が

できたのでうれしい限りです。

今や頭痛で苦しんでいる人は、全国民の40%にもなるそうです。

当院に限っては、頭痛の話しはあまり聞いたことがないので、

久しぶりの患者さんでした。

現代医学では原因不明といわれる病気や症状も歯科統合医療では

必ず原因があるととらえています。

その原因を取り除ければ、手遅れでない限り、病気や症状は勝手に

治っていきます。

ただ、患者さんが当院にきて、私を信じて実行してくれるかどうかだけです。

病気や症状を治すことよりもその方がずっと難しいようです。

2015年8月 3日


  
  歯並びを治してから・・・

   『就職が決まりました』

   『思いっきり笑えるようになりました』

   『前歯を使って、お蕎麦やパスタが食べられます』

   『腰痛や頭痛が改善しました』

      ※上記はいづれも個人の感想です。


  現在、矯正治療は何歳からでも始められます。

  当院では、40歳代が中心です。

    

    インビザライン女性1.jpg

  

  今回、≪インビザライン≫のモニターを募集いたします。

  リーズナブルな価格となっております。

  条件は、料金表に記載してありますので、

  お読みになってください。

  ご希望の方は、お電話にてご予約の上

  ご来院下さいませ。

  ☎044-722-6430


  精密検査の上、治療可能な方となります。

  インビザイラスト.jpg

  ≪ネイル≫≪ヘアースタイル≫≪メイク≫
   ネイル.jpg

  

  そして.......≪笑顔≫OK!?

  笑顔の女性.jpg


  


  
   美しい人を例える言葉⇊

  『明眸皓歯』

  目が大きく澄んでいて、歯が白くきれいな

   
  鏡.jpg

    


2015年7月29日

  いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

  8月の矯正無料相談日が決まりました。

  矯正相談の他、健康相談も承ります。

  カラダの不調や不定愁訴などでお悩みの方など、

  歯科医師であり、鍼灸あんまマッサージ師の資格を併せ持ち

  日本抗加齢医学会専門医の副院長がお話しをお聴き致します。

  完全予約制になりますので、お電話にてご予約の上

  ご来院くださませ。


  ★8月の矯正無料相談日

    8月 9日(日)・16日(日

    10時~3時まで


   長野歯科医院 044-722-6430

2015年7月23日

日本国民の二人に一人がガンになり、3人に1人がガンで死ぬ。

と、しょっちゅうテレビやいろんな処からやっています。

確かに、40代から50代では、普段付き合いのない昔の友人や

知人がガンで亡くなったという話しは、少しずつ増えてきます。

患者さんの中にもガンになる人が、昨年までは少しずつ増えてきました。

ところが、私の普段から付き合いのある友人・知人や親せきの中で

ガンになったという話しはほとんどありません。

ガンの原因は、免疫学の世界的な権威の安保徹 新潟大名誉教授

よれば、「低酸素と低体温」と云われています。

そのうち、低酸素は口呼吸によっておこります

人間は哺乳動物なので、鼻呼吸でなければいけません。

ところが、今やほとんどの人が口呼吸なので、

血中や細胞内の慢性的な酸素不足が続いています。

というと、「あたしは、昼間は口を閉じて鼻で呼吸しています。」

という方がいます。

それでもよくよく聞いてみると、無意識のうちや寝ている間に

口呼吸になっている人が多いのです。

耳鼻科咽喉科の先生もこれを「かくれ鼻づまり」と言っています。

歯並びや咬み合わせが悪くて、口呼吸の人が増えている現在、

ガンの患者さんが増え続けるの当たり前なのかもしれません


2015年7月14日

認知症の患者さんが増えているそうです

30代の若い世代でも認知症になる人が、出てきていると

いうのですから大変な世の中になったと思います。

認知症にもいろいろな種類があるので、一概には言えませんが、

認知症の患者さんは、歯や歯並び・かみ合わせが悪い人が多い事が

わかっています。

それには、歯の本数が少ないと認知症率が上昇するという

一般的に良く言われることから歯と認知症は密接な関係がある事が

わかってきました。

ただ、逆に認知症になった人や予備軍の人が、歯科医院を訪れて

むし歯や歯周病や歯の根の病気、歯科用金属、顎関節症や

口呼吸・食事内容や腸内環境を調べることは、ほとんど

ないのが現状です。

認知症と歯や食生活・運動・睡眠との関係を信じない人がほとんどですから

現実に、歯科医院を訪れる人は少ないと思います。

歯科から遠ざかれば遠ざかるほど、認知症がなくなる日も

遠くなっています。

因みに当院にかかりつけでこちらの指示通りに

定期的に歯をきちんと管理している患者さんは、認知症になる方は

過去には一人もいませんでした

皆、80歳代でも92歳(現在の当院最高齢)の方でも

一人で住まわれて、当院に予約をとって一人で来院されます。

中には、遠方から2時間位かけて通院される方もいます。、

みなさん異口同音に

こうして元気にいられるのも先生に歯をみてもらっているから

本当に歯は大切ですね

風邪一つめったにひかない

とおっしゃっています。

がんもそうですが、認知症も口の中を徹底的に調べて、

歯と歯並びや咬みあわせを治して口腔内細菌と腸内細菌の

バランスをとって、身体のゆがみを整えて

食事、運動、休養(睡眠)の質を高める事が一番重要だと

思います。

2015年7月13日

任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍のため亡くなりました。

私と同じ年でした。

歯科医師過剰時代の真っただ中にいて、世の中では負け組と

呼ばれる歯科医師の対極にいる超一流企業の社長の早すぎる死でした。


ただ、私としては納得がいきません。

今や医学は進歩して、ガンは100%でないにせよ

ほぼ予防が可能な時代です。

米国では、ガンは克服しつつある病気とされていて、お金持ちや

知識人の間では、がんにならないような医療サポートを

受けています。

日本は、健康保険制度の中ではそういった医療は受けられませんが、

ガンを予防する医療を行っている医療機関は、保険外の自由診療ですが

年々増えています。

当院もガンの患者さんのサポートをしています。

私の所属する日本抗加齢医学会や日本健康医療学会や日本統合医学会

日本綜合医学会、自律神経免疫療法研究会、日本病巣疾患研究会などでは、

ガンになった人の話しはほとんど聞いた事がありません。

その代り、75歳以上の先生方が皆お元気で、5年後10年後の

学会の計画を語り合っています。

私の身内や親戚でもガンになるのは、早くて80歳以上で50代で

ガンになったという話しは聞いたことがありません。

なぜ、ガンで早く亡くなる人がいるのか?本当に不思議で残念でなりません。


ともかく、学生時代以来ゲームをする事はなくなりましたが、

岩田社長には、同年代で同じ時期にテレビゲームという心の安らぎを

与えてくれたことに感謝しています。

ご冥福をお祈りします。

ガンを遠ざける食事


ループ なめこあんかけ篤豆腐ランチ.jpg

2015年7月 6日

歯科医師はアメリカでは、高収入で地位も名誉もある、大人から子供まで

憧れの仕事のナンバー1だそうです。(アメリカ帰りの歯科医師が言っていました)

一方日本では、低収入で将来性がなく、地位も名誉も低くなる一方となり、

ワーキングプア」と云われ、歯科医の親が絶対なって欲しくない職業が歯科医です。

歯科大学も国公立以外は定員割れの所が多く、公立の歯学部では閉鎖(消滅)した

歯学部もあり、今では授業料6年間全額無料や専門学校並みの授業料の

奨学金制度を設けて優秀な学生に来てもらおうとしています。

ある統計によれば、平均月収のランキングでは、薬剤師にも抜かされて

しまいました。


日米のこの差は、ここ30~40年の間に広がりました。

40年前には、日本でも歯科医は大変人気のある職業で、親が歯科医師では

ない子供が歯学部に殺到して、歯科医師の子弟が歯学部に

行けない?つjまり、親の跡を継げないケースが増えました。。

昔は、歯科は日本でもアメリカのように高収入で社会的な地位も高く

憧れの職業だったのです。

それが、今では歯科医の子供が歯科医になりたいというと歯科医の親が

泣いて止めているという話しを良く聞きます。

国や社会が歯科医師を認めなくなった事によって、このような状況になっって

40年、結果はアメリカはガンが減少傾向にあり、寝たきりの高齢者の

問題等は日本ほどひどくありません。

翻って、歯科医の評価が低い日本は、ガンの増加が止まらずに

今や2人に1人はガンになり、3人に1人はガンで死ぬと

連日テレビでやっています。

高齢者の痴呆症や介護問題は、深刻な問題で、その背景にあるのは

がん、心臓病、肺炎、脳卒中、糖尿病、動脈硬化などの疾患で

その他にアレルギー疾患や膠原病などの自己免疫疾患、

原因不明の難病も急増しています。

これらのほとんどに歯科の問題が関与している事は、医学的に

証明されつつありますが、その事に触れられる事はほとんどありません。

もし、ガンやアレルギー疾患などの現代増加している慢性疾患の

治療に歯科治療や歯並びやかみ合わせの治療をして、

口呼吸による弊害や全身のゆがみによる血行不良や歯周病菌や

口腔内の細菌叢をコントロールすれば、ほとんどの慢性疾患や

身体や心の不調の半分以上は改善すると思います。

高校生までに、ほとんどの子供が歯の矯正をするアメリカ

ガンが減少し、死亡原因の1位ではないアメリカ

日本食や日本の文化にあこがれる人が増加しているアメリカ

アメリカは日本に学んで、ガンを減らし

日本はアメリカの真似をしてガンを増やしています。

日本人もアメリカに学んで、歯や歯並び・かみ合わせを大事にして、

ガンを減らしてみませんか?

2015年7月 2日

私は、現在歯科の学会や研究会や勉強会から医科の学会や

医科歯科連携の学会に、少しずつ移っています。

地元では、むし歯がなくなり、過去の病気になっており、

歯周病もそのものは、保険外で少しの費用と患者さんの生活習慣の

見直しで以前ほど重症化する人はいません。

当院では、口内炎も顎関節症も患者さん本人に治す気があれば、

もはや難しい歯科の病気はありません。

しいてあげるのであれば、他院で過去に治療した根管治療の再治療だけです。

そこで、歯科の分野で学ぶことが年々少なっている一方で、

大変な問題になっているのが、歯や口や歯並びや咬み合わせの問題と

全身疾患や病気の予備軍である身体や心の不調をもつ患者さんの

急増です。

現在の日本は、子供のむし歯はほぼ皆無になりましたが、

歯並びや咬み合わせの悪い子供が増えて、口呼吸によって全身や脳に

酸素が正しくいきわたらなくなったり、全身の身体のゆがみから

心と身体の不調を訴えるケースが増えています。

その子供たちは、歯科には行かずに、頭痛があれば脳神経外科に

お腹が痛ければ小児科に、関節が痛ければ整形外科に、鼻がつまれば

耳鼻咽喉科にといろんな科を受診するのですが、どこでも異常なしと云われたり

痛みどめやいろんな薬をもらってきても症状は一向に改善しない子が

たくさんいます。

それでも重傷でなければ、苦しんだり、悩んだりしながら、最後はあきらめて

自分はこういう身体なんだから無理をしないで生きていこうと自分を

おさえて、病気や症状とつきあいながら、大人になっていきます。

10代、20代はそれでも何とかやっていける場合もありますが、

30代後半や40代になると、その不調がだんだんひどくなったり、

他の身体の部位や心の面にまで、問題が生じてきます。

そこに、食生活の乱れや自分をとりまく環境因子も加わって

単なる不調が、病気にまで発展していきます。

そこで、現代医学を受ける事になって、手術したり、薬を飲み続ける

生活がスタートします。それからは良くなったり、悪くなったり、

病気と不調をかかえながらの人生です。

それが、現在の状況です。

そんなことをしているうちに、国民の医療費は39兆円をこえて今や

40兆円にせまっていて、医療や介護費用は破たんの方向にすすんで

いると言われています。

そこで病気や体調不良を前提とする世の中から個人が自分の健康を守る

または自分の健康の責任をもつ世の中への転換が求められています。


体調不良や病気の原因は、その患者さんの心と身体が知っています。

その原因を突き止めて、原因そのものを治してしまえば、

不調も病気も勝手に治っていきます。

これが、未来の医療です。

私が、所属している学会や研究会ではその未来の医療を研究しています。

日本健康医療学会

日本抗加齢医学会

日本顎咬合学会

日本病巣疾患研究会

日本綜合医学会

日本自律神経免疫研究会

POIC研究会

SH療法勉強会


他にもいろんな所でいろんな先生と交流をもって

病の本質を見抜く治療や予防に力をいれています。

少しでも多くの人を歯とお口と足を診て食事と呼吸と身体のゆがみをなおして、

健康に導きたいと思っています。

相談だけでも結構です。

ご連絡下さい。

044-722-6430

2015年6月24日

日本は、世界トップクラスの長寿国です。

医療のレベルも高く、世界の高度な検査機器の大半が日本にあると

云われています。

そんな医療先進国の現在の日本において、原因不明の病気や

治療方法のわからない難病が年々増え続けています。

そのために、国民の税金や社会保険料の負担は増すばかりです。

ところが、そんな日本の医療において、増加する病気や医療費とは逆行して

医療費が下がっている分野があります。

それが歯科医療です。

つまり、歯科医師は病気を年々減らし、自分たちの受け取る診療報酬を

年々減らしている数少ない医師です。

それならなぜ、ガンなどの病気や身体の不調を訴える人が多い世の中で

歯科医師だけが、病気を減らせたのでしょうか?

それは、歯科医師は古くから歯科医師会や個別の歯科医が病気や不調の

根本的な原因をさがし、予防や根本原因を取り除く治療にに力を

注いできたからです。

今でこそ、砂糖の害や炭水化物の摂り過ぎ、食品添加物など食に

関して世界中で話題になっていますが、

歯科医師は、100年も前から玄米菜食を中心とした食事を医師や薬剤師とともに

国民にすすめていて、良く噛む事の重要性を多くの人に伝えていました。

(食育の元祖は軍医・薬剤監の石塚左玄でその弟子は歯科医師の中原市五郎でした)

また、噛まない人や噛めない人は、心身ともに身体の不調を引き起こす

可能性が高い事も伝えてきました。

そして、現在、健康保険でカバーできるむし歯や歯周病の患者は激減し

歯科医師の多くは、子供たちには仕事が将来なくなるので、

歯科医師を継いでほしくないと思っています。

事実、私の身内や友人の子供で歯科大学に行ったのはほとんどいません。

多くの歯科大学で定員割れが続いています。

そんな時代になって世界中から出てきた事が、歯周病と全疾患の関係や

残っている歯の数と痴呆症やその他の原因も治療法もわからない病気の

関係についての学術的な発表です。

口の中をみればその患者さんがかかっている慢性疾患や身体の不調の

原因がみえてきます。

患者さんが、かかりやすい病気も見えてきます。

口は健康の入口にも病気の入口にもなります。

少しでも多くの人がその事に気が付いてほしいと思います。


2015年6月18日

現在、日本では、ガンをはじめ多くの治療の難しい病気の患者さんが

増えています。

その上、高齢化社会の進展によって、痴呆症やロコモティブシンドロームなど

介護が必要な人も増えています。

長寿では世界屈指の国である日本ですが、健康的に長生きしている人は

あまりいないというのが現状です。

そこで、私が不思議に思う事は、私の身内にはガンに80歳以下で

なる人は誰もいないのと、85歳以下で介護状態になる人は

ほとんどいないという事実です。

私のかかりつけの患者さんにも同じような事がいえて、80歳代でも

皆元気にしています。

元気な人とそうでない人を較べた時に、大きく違うのはお口の中を

みればわかります。

歯科医師は、この事を約100年以上も言い続けてきましたが、

日本ではあまり相手にされません。

それが、現在の医療費や介護・福祉費用の増大を引き起こして、

消費税増税につながっているとしたら本当にさみしい話しではありませんか?


「噛めない人はだめになる」


むし歯や歯周病・歯の根の病気・歯並びや・かみ合わせが悪くて

噛めない人は、全身の健康に影響があると思っている人は

世の中にそう多くはないようです。

歯科の病気が口の中だけの問題だと思っているのは先進国では

日本だけかもしれません。

歯並び&かみ合わせ
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ