«  2015年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月26日

最近、毎年のように有名人が、30代から50代という若さで

何人もガンにかかったり、ガンで亡くなっています。

その度に、世間ではガンの早期発見・早期治療を奨めています。

そこで、毎年のように検診を受けて安心している人までもガンになって

生死の選択をせまられて手術を受けています。

どうやら検診や人間ドックは、1年に1回では足りなくて半年ごとか

それ以内で受けないと間に合わないのかもしれません。

これが、一般的な日本における医学の話しです。

一方、日本ではあまり知られていませんが、

世界では医学にもう一つの流れがあります。

それは、病気になってからではなくて、病気をあらかじめ防ごうとする医学です。

身近なところでは、中国や日本で行われている東洋医学や

アメリカや欧米諸国で行われている予防医学やアンチエイジング医学など

日本では、代替医学とみなされる医学です。

この二つの医学の違いは、

前者は2人に1人がガンになり、3人に1人がガンでなくなるという現実の世界で

後者は、若くしてガンになる人はめったにいなくて、ガンになるのは、

70歳から80歳過ぎの高齢者で、80歳を超えても元気にしている人が

多くいる世界です。

日本やアメリカでは、どちらの医学も受ける事が出来ますが、

公的な健康保険のある日本と基本的にはないアメリカでは、

かなり事情が違います。

2つの医学を40年もみていると、少しでも多くの人が2つの医学の存在に

早く気が付いてくれる事を願っています。


2015年8月21日

良く患者さんから言われる言葉です。

その日も30代の女性が両方の下の顎の痛みと口の中全体の歯の痛みを

主訴に来院されました。

レントゲンや精査の上、個々の歯に問題がない訳ではありませんでしたが、

それよりも歯並びとかみ合わせが悪い事による顎への負担の増加に

よって生じた痛みであると判断し、主にマウスピースによる噛みあわせの

治療を提案しました。

その日は、頭痛もすごくあるというので、まずは、脳神経外科または内科に

受診するように伝えて、先にそちらに行ってマウスピースによる咬合治療は

その結果もふまえて考えてもらうように話しました。

後日、来院し脳に異常はなくて、混合型の頭痛という事で痛み止めの薬を

もらってきたとの事でした。

とにかく痛み止めを飲んでいる時は

顎の痛みも歯の痛みも頭痛も少しは軽くなるが、

痛み止めが切れると何もする気が起きないほど痛みがひどくなるので、

マウスピースによる咬合治療を希望されたので、

マウスピース用に歯の型を採りました。

その際、以前も何回かマウスピースをつくって入れた事があったが、

あまり効果がなかったというので、少し工夫をしてつくりました。

また、後日完成したマウスピースを歯に装着しました。

その日は、何も反応がなかったのですが、

3、4日して来院された時には、頭痛はほぼなくなっているとの事で

続けてみたいとの事でした。

その時点では、なお懐疑的でそんな簡単に治るはずがないという

雰囲気でした。

それから実家にいったん帰るというので、次回の来院が1か月位

あとになりました。

久しぶりに、来院された患者さんは表情も晴れやかになって、

あれからうそのように頭痛がなくなったというのです。

あんなに苦しんだのに、こんな簡単な方法で治るわけがない!

自問自答していたそうですが、日に日に頭痛を感じる事が

なくなっていったそうです。

実は、幼少期から何十年も頭痛に苦しみ、いらんな病院を転々と

したらしいのですが、どこも原因はわからずに痛み止めを飲み続けて

いたそうです。

最近は、1年間の間で頭痛が起きない日は、トータルで1週間もない位、

ひどくなって、仕事や日常生活にも支障をきたすようになっていました。

そこに、今年になって顎と顎関節と歯の痛みが加わって、もうどうしたら

いいのかわからず、あとで聞いたのですが、この辺の歯科医院を

片っ端から受診したそうです。

それでも治らない上に有効な答えも見つからず、最後に当院に来院されたと

いうことでした。

原因不明の頭痛は、かみ合わせの専門医で、矯正医で、鍼灸師で、

食事療法医のわたしにとっては、そんなに難しい病気ではないので、

上記に示したどの分野からでも治せたり、改善させることは比較的

簡単な症状だと思っています。

患者さんは、今まで何十年も頭痛に苦しんできた事がうそのように

なくなってしまったと喜んでいましたが、地方の実家に帰るというので

それ以来お会いしていませんが、また一人、人の人生を変える事が

できたのでうれしい限りです。

今や頭痛で苦しんでいる人は、全国民の40%にもなるそうです。

当院に限っては、頭痛の話しはあまり聞いたことがないので、

久しぶりの患者さんでした。

現代医学では原因不明といわれる病気や症状も歯科統合医療では

必ず原因があるととらえています。

その原因を取り除ければ、手遅れでない限り、病気や症状は勝手に

治っていきます。

ただ、患者さんが当院にきて、私を信じて実行してくれるかどうかだけです。

病気や症状を治すことよりもその方がずっと難しいようです。

2015年8月 1日

テレビやインターネットを見ていると、若くしてガンやいろんな難病になって、

苦しんでいる人が年々増えているような気がします。

子供の病気も増えて、大昔に流行った病気がこの医学が発達した世の中で

再度流行して、注意警報のようなものまで出てきています。

手足口病やリンゴ病やインフルエンザにノロウィルス・・・・・・・

いろんな病気が子供たちに起こっています。

脳腫瘍や白血病・アトピーやアレルギー疾患など

昔は稀だった病気にかかる子供たちの話しを良く聞くようになりました。

昔は、少なかった病気やほぼ根絶されたと思われる病気が増えて

いる事に、多くの人が気付かない事が不思議でなりません。

医学は、すごい勢いで進歩しています。

病名の数もやはりすごい勢いで増えています。

私のまわりには、若くしてガンや難病になった人は一人もいません。

子供の深刻な病気の話しも聞いたことがありません。

(タバコが原因でガンや心臓病になった人はいますが、本人が納得の上です)

世の中の人が、もっと予防医療や統合医療や歯に関して興味をもって

もらえれば、救える命は多いと思います

2015年7月19日

私は本が大好きです。

と云うよりも本がないといられない位、小さい時から本を読んでいました。

本の中でもとりわけ家庭の医学書という一般の人向けに

書かれた本が好きです。

本格的な医学の専門書は、医師や歯科医師・薬剤師や研究者が

書いたものなので、専門書としての魅力や価値はあるのですが、

その反面、実際の臨床(患者さんに対して)では、そのとおりに

いかないことも多くて、学術書では書けない専門家の意見や治療法を

学ぶには一般の人向けに書かれた家庭の医学書のような本が

大変貴重です。

増加の一途をたどるガンや歯科関連の本もすごく多くなりました。

ガン関連の本.jpg

歯科と鼻の本.jpg


ガンや難病も含めて病気や心や身体の体調不良に悩む人は

年々増えています。

私は、40年前に難病のために、当時の現代医学から見放されて

親から治らないとあきらめられました。

その病気を治す方法を見つけたのが、この家庭の医学でした。

それから40年、私は時間があるといろんな街でいろんな本屋さんで

家庭の医学のコーナーに行っています。

世の中には、まだまだ専門家や一般の人には、知られていない

治療法や予防法がたくさんあります。

病気や体調不良で悩む方や心配な方は、

本屋さんの家庭の医学のコーナーに足を運んでみませんか?


ただ、注意してほしい事は、本に限らずインターネットの医学的な

情報は必ずしも個人個人に当てはまらないという事と

本の著者や出版社のどういう意図で出しているかを

考えないとあまり良い結果が得られないかもしれません。

私は、この本に出会って今もこうして生きています。

出会っていなければ、今こうして生きている事はなかったと思います。

7777777772222222222222222.jpg


22222222222222222222222222.jpg

あれから30数年の時を経て、私の後に続く人たちが世の中に出てきました。


食べない生き方①.jpg

今年は続編も出ています。


食べない人たち ビヨンド.jpg


森美智代先生は、甲田光雄先生の下で「脊髄小脳変性症」いう難病を

完治しています。

山田鷹夫さんは、小倉重成先生の本を読んで「不食」を実行されたそうです。

世の中には、医学や科学では、計り知れない事がたくさんあります。


私は、そういう事に出会いながら生きてきました。

皆さんにも健康のために役立つ素敵な本との出会いがある事を

願っています。

2015年7月13日

任天堂の岩田聡社長が胆管腫瘍のため亡くなりました。

私と同じ年でした。

歯科医師過剰時代の真っただ中にいて、世の中では負け組と

呼ばれる歯科医師の対極にいる超一流企業の社長の早すぎる死でした。


ただ、私としては納得がいきません。

今や医学は進歩して、ガンは100%でないにせよ

ほぼ予防が可能な時代です。

米国では、ガンは克服しつつある病気とされていて、お金持ちや

知識人の間では、がんにならないような医療サポートを

受けています。

日本は、健康保険制度の中ではそういった医療は受けられませんが、

ガンを予防する医療を行っている医療機関は、保険外の自由診療ですが

年々増えています。

当院もガンの患者さんのサポートをしています。

私の所属する日本抗加齢医学会や日本健康医療学会や日本統合医学会

日本綜合医学会、自律神経免疫療法研究会、日本病巣疾患研究会などでは、

ガンになった人の話しはほとんど聞いた事がありません。

その代り、75歳以上の先生方が皆お元気で、5年後10年後の

学会の計画を語り合っています。

私の身内や親戚でもガンになるのは、早くて80歳以上で50代で

ガンになったという話しは聞いたことがありません。

なぜ、ガンで早く亡くなる人がいるのか?本当に不思議で残念でなりません。


ともかく、学生時代以来ゲームをする事はなくなりましたが、

岩田社長には、同年代で同じ時期にテレビゲームという心の安らぎを

与えてくれたことに感謝しています。

ご冥福をお祈りします。

ガンを遠ざける食事


ループ なめこあんかけ篤豆腐ランチ.jpg

2015年7月 4日

代替療法や西洋医学と代替療法を統合した統合医療を用いて

ガンの治療や予防を考える集まりに行ってきました。


EPSON797.JPG

当院でも長い間、ガンの患者さんの歯科治療や東洋医学・食事療法

整体その他の手法を使った保健指導を行ってきました。

本日、このコンベンションで講演される先生方は、私がもう何年も

著作された本や学会や研究会等で勉強させていただいている

それぞれの分野を代表する方たちです。

これだけのメンバーが一堂に会する事はめったにないので、最新の

お話しが聞けるのではないかと出かけてきました。

ガンコンベンション20150704.jpg

講演者の先生を一部ご紹介します。


帯津良一先生     日本ホリスティック医学協会会長

白澤卓司先生     順天堂大学医学部大学院教授 
              アンチエイジング(抗加齢)医学の第一人者

藤田紘一郎先生    東京医科歯科大学名誉教授
              腸の研究の第一人者

宮島賢也先生 湯島清水坂クリニック院長
              薬を使わない精神科医・自律神経免疫療法研究会

ここに挙げたのは、医師で西洋医学を基礎としながらそれぞれ、

既存の代替医療や自ら新しい医療を研究・実践されている先生方です。

私は、代替療法に出会って40年になりますが、その間に

こういった既存の日本ではごく当たり前の西洋医学の医師とは違う

代替医療や統合医療の医師から直接またはこうして間接的に

学んできました。


当日、会場内は何百人の人でほぼ満席でしたが、医療関係者と思しき人は

少なくて、ほとんどが一般の方々でした。

おそらくガンで闘病中やそのご家族や関係者が多かったのだろうと

思います。

その人たちに、今日の話しが少しでもガンの治療の助けになってくれれば、

と思いました。

そして、残念なことは、ガンに限らずこうした代替療法を用いた統合医療の

集まりやセミナーには歯科からのお声はかかりません。

ガンの患者さんのほぼ99%は、歯や歯並びや咬み合わせのといった

お口の中に問題をかかえています

その事が、栄養不足・免疫異常・身体のゆがみによる血行不良・

全身の酸素不足を招いています。

その事に、これだけ有名な先生や当のガンの患者さんで

気付いている人はまったくいません。

大学病院や総合病院に受付やスタッフの人達が言っていた

来院される患者さんのほとんどの人が歯が悪い

という事実をいつの日か世の中の多くの人が気が付く時がくるのでしょうか?

歯や歯並びに子供の時から日本の何倍も気にする

アメリカでは増加するガンの発生を古くからの日本の食事を

手本にして、減少させてきました

日本は、戦後食事を欧米化させて、歯並びや咬みあわせを悪くして

歯に気を使わずに、今のガンが増加する社会をつくってきました。

食べ物も空気(酸素)も人にはなくてはなりません。その通り道の

入口である口とそこにはえている歯を無視して健康や病気は

語れません。

答えはもう出ているのですが、そこにだれも気付きません。

私にできる事は、このブログを読んでくれる方や

自分の患者さんをガンの再発や転移を防止するためにその事を

伝え続けるだけです。

          

2015年7月 2日

私は、現在歯科の学会や研究会や勉強会から医科の学会や

医科歯科連携の学会に、少しずつ移っています。

地元では、むし歯がなくなり、過去の病気になっており、

歯周病もそのものは、保険外で少しの費用と患者さんの生活習慣の

見直しで以前ほど重症化する人はいません。

当院では、口内炎も顎関節症も患者さん本人に治す気があれば、

もはや難しい歯科の病気はありません。

しいてあげるのであれば、他院で過去に治療した根管治療の再治療だけです。

そこで、歯科の分野で学ぶことが年々少なっている一方で、

大変な問題になっているのが、歯や口や歯並びや咬み合わせの問題と

全身疾患や病気の予備軍である身体や心の不調をもつ患者さんの

急増です。

現在の日本は、子供のむし歯はほぼ皆無になりましたが、

歯並びや咬み合わせの悪い子供が増えて、口呼吸によって全身や脳に

酸素が正しくいきわたらなくなったり、全身の身体のゆがみから

心と身体の不調を訴えるケースが増えています。

その子供たちは、歯科には行かずに、頭痛があれば脳神経外科に

お腹が痛ければ小児科に、関節が痛ければ整形外科に、鼻がつまれば

耳鼻咽喉科にといろんな科を受診するのですが、どこでも異常なしと云われたり

痛みどめやいろんな薬をもらってきても症状は一向に改善しない子が

たくさんいます。

それでも重傷でなければ、苦しんだり、悩んだりしながら、最後はあきらめて

自分はこういう身体なんだから無理をしないで生きていこうと自分を

おさえて、病気や症状とつきあいながら、大人になっていきます。

10代、20代はそれでも何とかやっていける場合もありますが、

30代後半や40代になると、その不調がだんだんひどくなったり、

他の身体の部位や心の面にまで、問題が生じてきます。

そこに、食生活の乱れや自分をとりまく環境因子も加わって

単なる不調が、病気にまで発展していきます。

そこで、現代医学を受ける事になって、手術したり、薬を飲み続ける

生活がスタートします。それからは良くなったり、悪くなったり、

病気と不調をかかえながらの人生です。

それが、現在の状況です。

そんなことをしているうちに、国民の医療費は39兆円をこえて今や

40兆円にせまっていて、医療や介護費用は破たんの方向にすすんで

いると言われています。

そこで病気や体調不良を前提とする世の中から個人が自分の健康を守る

または自分の健康の責任をもつ世の中への転換が求められています。


体調不良や病気の原因は、その患者さんの心と身体が知っています。

その原因を突き止めて、原因そのものを治してしまえば、

不調も病気も勝手に治っていきます。

これが、未来の医療です。

私が、所属している学会や研究会ではその未来の医療を研究しています。

日本健康医療学会

日本抗加齢医学会

日本顎咬合学会

日本病巣疾患研究会

日本綜合医学会

日本自律神経免疫研究会

POIC研究会

SH療法勉強会


他にもいろんな所でいろんな先生と交流をもって

病の本質を見抜く治療や予防に力をいれています。

少しでも多くの人を歯とお口と足を診て食事と呼吸と身体のゆがみをなおして、

健康に導きたいと思っています。

相談だけでも結構です。

ご連絡下さい。

044-722-6430

2015年6月16日

空腹が人を健康にする」(サンマーク出版)の著作が

50万部以上の売れ行きを記録し、ベストセラーを連発する

乳腺外科医で乳房専門のナグモクリニック総院長 南雲吉則先生

中高年の糖尿病の予防や治療のための糖質制限、高齢者の低栄養、

若い女性のダイエットによる栄養不足、朝食をとらない人の欠食が問題になる中で、

常識をくつがえす南雲先生の健康法の本が

なぜ、売れ続けているのか?不思議なことだと思いませんか?


現代の栄養学や医学では、一日一食はありえないと思われると思います。

私も40年前に、当時の医学で医師と親から見放されるまでは、

そう思っていました。

それが、私の不治の病を治してくれるある医師に出会い、その病気が

治ってから考えが変わりました。

その医師は、南雲先生が一日一食を唱える40年以上前に

毎日、玄米菜食一日一食で10km走るという事と断食で、

私のように医師から見放された患者を診ていた

眼科医の小倉重成先生です。

7777777772222222222222222.jpg

先生の著書との出会いで、先生の下で断食と玄米菜食で1か月以上

入院し不治の病を克服して、今では、自分で患者さんに

玄米菜食を奨めて治療の役立てています。

小倉先生や私の言っている事がやっと認められる世の中になりました。

ガンも歯科の病気もいろんな身体の不調も原因は同じです。

病気や不調の根本原因をみつけましょう


2015年5月 5日

GW3日目、

仕事ばかりで、気が付けばGWも残り2日になりました。

今日は、まる1日仕事はないので、朝からヨガ教室めぐりと

当院で推奨している玄米やベジタリアンの食事ができるレストランめぐりを

してきました。

最初に訪れたのはヨガ教室です。

当院では、矯正の患者さんや咬み合わせからくる足のトラブルの患者さんに

ヨガをされている方が多くて、その内の一人の方からのご紹介で

数か月前から私もヨガ教室に通っています。

ヨガとの最初の出会いは、大学生の頃なので今から35年も前に

なります。

その頃はまだ若くて、空手や柔道、太極拳、エアロビクスとなんでもやっていたので、

身体がすごく軟らかかったのですが、あれから30年以上たって、

50半ばを過ぎると身体は硬くなり、あちこちの関節や筋肉が油が切れたように

きしんできてるのがわかります。

そんなつらい思いまでして、なぜ今さらヨガを始めたかというと

当院で、矯正治療や根管治療をして、自分の歯を大切にしようと思われて

いる方の中にヨガや何らかの運動をされている方が多く、

私も自分でヨガを実践して、患者さんにフィードバックできればいいと

思ったのがきっかけでした。(結局は仕事の一環なのですが)


いつものように前置きが長くなりましたが、

今日まず行ったのは、少し遠征して目黒の方のヨガ教室に行きました。

ヨガスタジオ 西小山.②jpg.jpgのサムネール画像


初めて行くスタジオだったので、メンバーも雰囲気もわからないので、

少し緊張しましたが、スローフローヨガというゆっくりとしたヨガだったので、

普段の身体の緊張感がとれて、気持ちのいい汗がかけました。

レッスンが終わり、スタジオの近くにあるベジタリアン系のレストランの事を

インストラクターの先生に尋ねると、他の地元の会員さん達が

場所を知っていて、皆で教えてくれました。

やはり、ヨガをやっている人達は食事の事も考えているのだと思いました。

教えてもらった店は、そのスタジオから本当にすぐ近くで、

閑静な住宅街なのにたくさんの人が行列をつくっていました。

エジプト食堂.jpg


この店も教えてくれたのは、子供の時から当院に40年近く通院されていて

私といつも食事やダイエットや運動の情報交換をしている方です。

「エジプト塩食堂」は野菜をもっとたくさんおいしく食べてほしいという事で、

フードデザイナーのたかはしよしこさんオリジナルのエジプト塩を使ったお料理を

食べられる店です。ラーメン屋や肉料理の店のようにあんなにも行列が

できるなんて、時代が少し変わったのかなと驚きました。

40年も食事の世界にいると、身体にいい手作りの野菜が中心のお店は

大体はやらないでつぶれていく店が多いので、30分以上待ってまでも

食べたい人がいる事は本当に驚きです。


この店が開店している日が、ほとんどないので、すごいチャンスだったのですが、

この後、まだ別のヨガ教室に行く予定だったので、泣く泣くそこを去りました。

午後からは、やはり初めて行くスタジオで自由が丘にきました。

yoga.jpg


こちらは、体験レッスンでやはり初心者向けのソフトなコースを選んだの

ですが、元々ヨガのインストラクターの養成学校もやっている所だったので

レベルが少し高く、もう少し修行を積まないと無理な位少しだけハードでした。

いつの日かヨガのレベルが上がったら再チャレンジしたいと思います。


少しお腹が空いたので、最近オープンした酵素玄米のお店に行ってみる事に

しました。

酵素玄米.jpgのサムネール画像


残念、火曜日は定休日でした


仕方がないので、前にいった事のある「T'sレストラン」に行きました。

T'Sレストラン③.jpgのサムネール画像


ここは、肉やタマゴや乳製品などの動物性の食材を使わないベジタリアンの

お店です。ご飯は玄米ではなくて、雑穀米でパンやパスタや中華麺の

メニューもあります。


T'Sレストラン サラダ.jpgのサムネール画像

T'Sレストラン4.jpgのサムネール画像


今日は大盛りのグリーンサラダに、2種類のカレーが味わえる

ハーフ&ハーフのカレーライスです。

甘みのあるべジカレーと最近話題のタイのマサマンカレーです。

ベジミート油淋鶏をトッピングしました。

どれも言われなければ、動物性の食品を使っていないとはとても

思えないほど自然においしいお料理です。


こういった店が、いろんな所にできて、皆が求めるようになれば、

アメリカのようにガンが死亡原因の1位ではなくなって、

日本もガンになる人自体が減っていくだろうと思っています。


アメリカは、日本を手本にしてガンを減らし続けて、

日本は、昔のアメリカの食生活を取り入れてガンが増え続けているなんて

皮肉なものですね。

2015年4月26日

統合医療の世界的な権威と云われているアメリカの

アリゾナ大学医学部教授のアンドルー・ワイル博士が来日して

講演をされるというので、午後から診療をお休みして行ってきました。


EPSON603.JPG


当日は、アメリカからは、アンドルー・ワイル博士

イギリスからは、英国国営健康保険サービスのマイケル・ディクソン博士

日本から東京大学、大阪大学、東北大学、千葉大学出身の

日本における統合医療を代表する医師の先生方が集う

私のような統合医療をしているものにとっては

夢のような講演会でした。


内容については、このブログで少しずつお伝えしますが、

私がもっとも驚いた事は、この日の会で

厚生労働省、消費者庁、文部科学省、農林水産省、経済産業省、

国土交通省、環境省、東京都、京都府という

日本の国の医療に関連する省庁がほぼ名を連ね、東京都と京都府まで

そこに名をのせている事でした。

私が統合医療にかかわった今から40年前(その頃は統合医療と

いう言葉はありませんでしたが)では考えられない話しです。

その後、つい最近まで、西洋医学以外は代替療法で

エビデンスがないとして、私の所持する鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師以外を

公に認られる事はありませんでした。

アメリカでも本当にいばらの道で、同じ医師からも製薬会社や食品メーカーから

いろいろな圧力があったようで、イギリスではまるで

「いろいろな方角からミサイルが飛んでくるようだった」と

講演会の中で両博士がおっしゃっていました。


私は、国が認めた4つの国家資格をもつおかげで、多少は信じてくれた人は

いましたが、代替医療の話しをすると多くの人が私の前から去った経験は

たくさん味わいました。

それが、今では、こうして国全体で態度を一変させました。

まだまだ一般の人たちはおろか医療従事者に浸透したとは

思っていませんが、今当院には直接的な歯の治療だけではなく

健康のため、現代医学では治せない慢性疾患治療の補完するため、

ガン予防や再発や転移を予防ために歯科医院を訪れる方が

増えています。


私が根管治療や歯周病治療・矯正治療に力をいれている意味を

わかってくれる人達が増えています。


本当に不思議な世の中です。


現代医学の限界
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
副院長 歯学博士 長野俊彦

長野歯科医院
副院長 歯学博士 長野俊彦
http://www.nagano-shika.jp/
歯科医師
鍼灸師
あん摩マッサージ指圧師
日本抗加齢医学会 専門医
日本健康医療学会 理事・認定医
CSソックスアドバイザー

モンレーブブログ