トップへ » 副院長紹介・経歴 » 少し大げさかもしれませんが、毎日が命がけですね(笑)

少し大げさかもしれませんが、毎日が命がけですね(笑)

少し大げさかもしれませんが、毎日が命がけですね正直に言うと、虫歯が進行してしまった歯を残すのは、並大抵のことではありません。正確な診断、綿密な治療の立案はもちろん、実際の施術では神経をすり減らすほどの細かい処置が必要です。ですから、毎回の診療ではいつも真剣勝負。いつも患者さんには、「命がけで治療をしている」と言っていますが、あながち冗談ではないんですね(笑)。

こうした努力の甲斐あってか、今では地元の方はもちろん、千葉や埼玉など遠方からクチコミで患者さんがいらっしゃいます。「年を重ねても、自分の歯で噛めるのは先生のおかげ」「先生の治療を受けることができて本当に良かった」そんな患者さんの声を聞くたびに、こちらまで嬉しくなってしまいます。まさに、「医者冥利」に尽きる瞬間ですよ。

当然ですが、人からの感謝の言葉や、ねぎらいの気持ちはお金では買うことができません。感謝の言葉をいただくたび、この仕事を続けていて本当に良かったと心から感じます。

私は町のいち開業医。とてもじゃないですが、大学病院のような高度な歯科治療は提供できません。とはいえ、町の名医として地域の歯科医療に貢献できればと思っています。


トップへ » 副院長紹介・経歴 » 少し大げさかもしれませんが、毎日が命がけですね(笑)


ご予約