トップへ » 副院長紹介・経歴 » ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています

ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています

ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

こんな悩みを抱えている方はぜひ一度、当院までご相談ください。当院では、ハイレベルの歯の根の治療を行うことで、歯を残すことを最優先に考えた歯科治療を行っています。

そもそも、どんなに優れた入れ歯やインプラントも、天然の歯にはかないません。当たり前ですが、自分の歯は異物感がなく、物を食べるときの食感も自然です。悪くなったからといって、簡単に抜くべきではないと当院では考えています。

そしてなにより、いつまでも自分の歯を保っていることは、常に歯の健康を考えるようになるといった心理的な効果もあります。残念な話ですが、歯を1本でも失ってしまうと、「どうせ他の歯もインプラントだから、歯が悪くなればまたインプラントや入れ歯にすればいい」と考えてしまいがちです。しかし、自分の歯をずっと保っていれば「せっかくここまで歯を残したから、他の歯も大切にしよう」とおのずと思えるようになるのです。

当院の診療スタンスは"なるべく抜かない"。ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています。そして適切な根管治療を行えば、ほとんどの患者さんの歯を救うことができるのです。一生自分の歯を保ち続けたい、という方。ぜひ一度当院までご相談ください。


トップへ » 副院長紹介・経歴 » ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています


ご予約