トップへ » 副院長紹介・経歴

ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています

ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています

「虫歯が悪化して、歯を抜くしかないと言われた」
「神経を取ったのに、痛みが取れない」
「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」
「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」

こんな悩みを抱えている方はぜひ一度、当院までご相談ください。当院では、ハイレベルの歯の根の治療を行うことで、歯を残すことを最優先に考えた歯科治療を行っています。

そもそも、どんなに優れた入れ歯やインプラントも、天然の歯にはかないません。当たり前ですが、自分の歯は異物感がなく、物を食べるときの食感も自然です。悪くなったからといって、簡単に抜くべきではないと当院では考えています。

そしてなにより、いつまでも自分の歯を保っていることは、常に歯の健康を考えるようになるといった心理的な効果もあります。残念な話ですが、歯を1本でも失ってしまうと、「どうせ他の歯もインプラントだから、歯が悪くなればまたインプラントや入れ歯にすればいい」と考えてしまいがちです。しかし、自分の歯をずっと保っていれば「せっかくここまで歯を残したから、他の歯も大切にしよう」とおのずと思えるようになるのです。

当院の診療スタンスは"なるべく抜かない"。ギリギリまでご自身の歯を残すことを心がけています。そして適切な根管治療を行えば、ほとんどの患者さんの歯を救うことができるのです。一生自分の歯を保ち続けたい、という方。ぜひ一度当院までご相談ください。

少し大げさかもしれませんが、毎日が命がけですね(笑)

少し大げさかもしれませんが、毎日が命がけですね正直に言うと、虫歯が進行してしまった歯を残すのは、並大抵のことではありません。正確な診断、綿密な治療の立案はもちろん、実際の施術では神経をすり減らすほどの細かい処置が必要です。ですから、毎回の診療ではいつも真剣勝負。いつも患者さんには、「命がけで治療をしている」と言っていますが、あながち冗談ではないんですね(笑)。

こうした努力の甲斐あってか、今では地元の方はもちろん、千葉や埼玉など遠方からクチコミで患者さんがいらっしゃいます。「年を重ねても、自分の歯で噛めるのは先生のおかげ」「先生の治療を受けることができて本当に良かった」そんな患者さんの声を聞くたびに、こちらまで嬉しくなってしまいます。まさに、「医者冥利」に尽きる瞬間ですよ。

当然ですが、人からの感謝の言葉や、ねぎらいの気持ちはお金では買うことができません。感謝の言葉をいただくたび、この仕事を続けていて本当に良かったと心から感じます。

私は町のいち開業医。とてもじゃないですが、大学病院のような高度な歯科治療は提供できません。とはいえ、町の名医として地域の歯科医療に貢献できればと思っています。

つらい経験があったからこそ、困っている患者さんを見放したくない

つらい経験があったからこそ、困っている患者さんを見放したくない実は私は、小さい頃からアトピーや喘息、アレルギー性鼻炎などのアレルギーをたくさん抱えていました。すがる気持ちで数多くの著名な先生方を訪ねましたが、なかなか症状は改善されませんでした。そして、とうとうどの医者からも見放されてしまったという苦い経験があります。そんな経験があるからこそ、困っている患者さんがいれば、何としてでも助けてあげたいという気持ちが人一倍強いかもしれません。

余談ですが、当時の私が最終的にたどり着いたのは、東洋医学の先生方。彼らのアドバイスを受けながら、食事療法や断食などを取り入れることで、アレルギー症状は徐々に改善されていきました。今ではすっかりブームになっている玄米菜食・少食・断食といった事を、実は私はすでに40年も前から実践してきたんです。

親子2代に渡って、社会から歯のトラブルを根絶する

親子2代に渡って、社会から歯のトラブルを根絶するここ最近、昔に比べてひどい虫歯のお子さんが減ってきているように感じます。この大きな要因のひとつが、昭和40年代頃に歯科医師会が全国的に展開した「無糖化運動」とよばれる運動です。

今ではシュガーレスや甘さを控えた食品が当たり前となっていますが、まだまだ当時は砂糖をふんだんに使用したものが当たり前のように売られていました。そんな状況に危機感を感じたのが、当時の歯科医師会のメンバーたち。彼らが懸命に企業やメーカーに「無糖化運動」を働きかけ、以後、砂糖の使用を減らした食品が登場するようになりました。現在ではこの運動をきっかけに、全国的に虫歯が減り始めたと言われています。

親子2代に渡って、社会から歯のトラブルを根絶するそしてこの無糖化運動の神奈川県のメンバーの一人が、当時歯科医師会のメンバーだった私の父親(当院院長)。少し大げさかも知れませんが、こうして社会から虫歯が減ったのも、父たちの働きかけが少なからず影響していると考えています。

父による下地作りの後に息子である私が、取りこぼしてしまった虫歯・歯周病をひとつひとつ摘んでいく。こんな具合に親子2代に渡って、社会から虫歯・歯周病を根絶したい、そんな信念を持ちながら、日々治療を行っています。

副院長 プロフィール

長野歯科医院長野歯科医院 副院長 長野俊彦

学生時代はウィンドサーフィンやスキューバなどの趣味を楽しんでいましたが、最近はセミナーや学会・集団健診等で忙しく、趣味にさける時間はほとんどありません。強いて言うなれば車くらいです。とはいえ、遠出はできないので、数か月に1度高速道路に乗って、さっと横浜あたりまでドライブする程度ですね(笑)

【略歴】
1986年3月北海道医療大学歯学部卒業
東京都北区口腔保健センター
日本歯科大学歯科博士号取得
日本鍼灸理療専門学校花田学園卒業
鍼灸師、按摩マッサージ指圧師免許取得
インビザライン・ドクター資格取得
川崎市立中学校校医
川崎市立保育園園医
CSソックスアドバイザー資格取得


【所属団体】
・日本抗加齢医学会 認定専門医
・日本健康医療学会 理事・認定医
・日本顎咬合学会 認定医
・国際抗老化再生医療学会 生活習慣病遺伝子診療認定医
・日本口腔インプラント学会
・日本矯正歯科学会
・日本病巣疾患研究会
・日本自律神経免疫治療研究会
・日本成人矯正歯科学会
・日本口腔内科学研究会 口腔漢方相談医
・日本綜合医学会 会員
・オゾン医療研究会
・POIC研究会
・日本歯科医師会
・神奈川県歯科医師会
・川崎市歯科医師会
・中原区歯科医師会
・日本学校歯科医会

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
根管治療当院の根管治療の特徴最新虫歯治療法歯周病治療
矯正治療予防・メインテナンス歯科外来アンチエイジング歯科外来
よくある質問症例料金表医療費控除

副院長紹介・経歴
院長紹介院内のご案内初めての方へアクセス・診療時間
プライバシーポリシー

歯を抜かずに、目立たない矯正の治療を行っています

有料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 副院長紹介・経歴


ご予約