トップへ » 当院が選ばれる理由 » 当院の根管治療の特徴 » 自費・マイクロスコープによる根管治療について

自費・マイクロスコープによる根管治療について

歯科用顕微鏡根管治療は根の形や湾曲、また、部位により、非常に難しく綿密で、熟練された技術が必要となります。肉眼では見えない根管を臨床経験豊富で根管治療を熟知した術者(副院長)がマイクロスコープを使用し、保険外の材料を使用して治療することにより治療の精度が上がります。

(当院では基本的には従来通り保険内で高度な技術の根管治療を提供していますが、患者さんの中には、保険外でいいので治療回数を短縮したい、より高度な技術の治療をしてほしい等のご要望があり自費(保険外)の根管治療もしています。)。

※どんな困難な治療でも諦めないというのが信条の術者ですが、ただ、ごくまれに、一生懸命治療しても、歯に亀裂や治療不可能な穿孔部の発見、また再根管治療の場合は前医の治療状態により、予後不良が予測される場合は、ご期待に添えず残念ながら抜歯になることもあり得ます。その場合は、根管治療費は31,500円で終了させて頂きます。

※費用は充填物除去から根管充填までとなります。投薬料およびレントゲンの費用も含まれます。

※ラバーダム防湿の上、治療し、根管治療小器具(ファイル類)はすべて新品を使用します。

※治療回数は、抜髄の場合は平均1~3回くらい、再根管治療の場合は平均3~5回くらいです。
治療時間は1時間位ですが、ご相談により延長もできます。長時間の治療により、治療回数を減少できます。

※根管治療終了後の治療(支台や被せ物)は自費になります。根管治療費は高額のため支台や被せ物の費用はご相談に応じます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 当院の根管治療の特徴 » 自費・マイクロスコープによる根管治療について


ご予約