トップへ » 当院が選ばれる理由 » 当院の根管治療の特徴 » 再治療になるケースはほとんどありません

再治療になるケースはほとんどありません

再治療になるケースはほとんどありません「神経を取ったのに、痛みが取れない」「神経を取っているのに、歯茎が腫れる」「何回も根の治療をしているのに、再発してしまう」という方はいませんか?これらの症状が表れた場合、根管治療がうまくいっていないケースが多いです。

当院/副院長は約20年以上、根管治療に携わってきましたが、「再発して再治療が必要になった」「抜歯となってしまった」というケースはほとんどありません。また、当院で抜髄(神経を取る処置)した場合、当院のかかりつけの患者さん(定期的に当院に通院していただいている方)に限り、万が一再治療になった場合でも治療費はいただきません(一部の例外があります)。

天然の歯に勝るものはありません。自分の歯で噛めることが、質の高い生活を過ごすための大前提です。歯の二大疾患とよばれる「虫歯の治療」「歯周病の治療」をしっかり行うこと、そして定期的に歯医者へ健診に通っておけば、いつまでも自分の歯で噛める健康的な生活を送ることができるでしょう。

※歯根破折などどうしても歯を救うことができないケースは、抜歯をおこない、義歯・ブリッジ・インプラント治療をお勧めすることもございます。

「鍼灸師」の資格を持つ副院長
副院長は、歯科医師免許のほかに鍼灸師の資格を持っています。鍼灸師には指の感覚だけでツボや治療部位を見分ける能力が必要とされ、根管治療とも共通する部分が多いです。こうした鍼灸の技術を持ち合わせていることも、高度な根管治療を提供できる大きな要因です。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 当院の根管治療の特徴 » 再治療になるケースはほとんどありません


ご予約